4月26日(金)に公開予定のマーベル映画最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』。上映時間が3時間を越えることが製作当初から噂されていたが、編集作業終盤に差し掛かった現在もそのボリュームは変わっていないんだとか。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

監督のルッソ兄弟は編集作業中のこの作品について「今のところ、映画は上手くいっていると思う。テスト試写をしたんだけど、非常にいい反応が得られたんだ」と語り、「(今作は)マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)22作品のクライマックスなのだから、伝えなければならないことがたくさんある。僕たちにとって、感情というのがその中でも重要なもの。かなり複雑なストーリーと、キャラクターたちの感情的な瞬間を描かないといけないとなると、ある程度の時間は必要になる。今回は3時間の価値があると思う」とこの作品が壮大なスケールになることを明かした。

『アベンジャーズ』シリーズが今作で終わるとなると、3時間という長さでも足りないと思う方はもちろんいらっしゃるだろう。どうせならこのまま終わらないでほしいものだ……。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」特別映像

アベンジャーズ/エンドゲーム

2019年4月26日(金) 全国公開

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は終わらない!? 上映時間3時間越え film190207-avengers-endgame-1200x1773

©2018 MARVEL/ 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
詳細はこちら

▼RELATED
【アベンジャーズ相関図】これを見れば予習は完璧! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』までの物語とは?

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on