ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督が、シリーズ3作品目の監督して再抜擢されたと発表されました。

Twitterにはファンに向けた声明を投稿

彼は昨年7月に、10年以上も前に投稿していたTwitterでの不適切発言が原因でディズニーから解雇されていました。その後、マーベル・スタジオの映画製作チームや、ディズニー・スタジオ代表のアラン・ホーンらとディスカッションを続けた結果、この度『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー vol.3』の監督に復帰することになったそうです。

この発表に際し、彼のTwitter公式アカウントが8ヶ月ぶりに更新されました。

「この数ヶ月間、僕をサポートしてくれたみなさんに本当に感謝しています。僕がなれる限りのより良い人間になれるよう毎日学びながら、努力していくつもりです。ディズニーの決定には深く感謝していますし、僕らを結びつける愛の絆がどんなものかを確かめるような映画を、続けて製作できることに興奮しています。これからもみなさんの愛とサポートに助けられながら、謙虚に過ごしていくつもりです。心の底から感謝しています。みなさんに愛を」と、これまでの騒動について綴ったメモをツイートに添付して投稿しています。

きっと彼が監督する『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』だからこそ、楽しみにしていたという方も多いはず。彼の復帰で、ますます次回作の公開が待ちきれません!

ちなみに大のマーベル映画ファンで知られているアーティスト、PUNPEEからはこんなツイートも……

RELATED
続編が延期になっていた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」、前監督ジェームズ・ガンの脚本を使用?

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」MovieNEX 最新予告編

竹田賢治

竹田賢治

ライター

Published on

Last modified on