plan01_recruit_20181113b

『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが主演を務め、『ルビー・スパークス』、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』のポール・ダノが共演する『スイス・アーミー・マン』が9月22日TOHOシネマズシャンテほか全国公開中! 2016年のサンダンス映画祭で監督賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭では最優秀長編映画賞と主演男優賞、そしてヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭では観客賞を受賞!! その他、数々の映画祭で注目を浴び、話題をさらった『スイス・アーミー・マン』がいよいよ日本上陸!

土曜日よりついに公開した『スイス・アーミー・マン』。SNSなど各所より絶賛の声も上がっているが、この度、プラッシュ感溢れるメニー(ダニエル・ラドクリフ)とハンク(ポール・ダノ)の水中から飛び上がるほどの熱い…キス!!動画が解禁された!

映画『スイス・アーミー・マン』本編動画

熱いキス動画について

森の中をサバイバルするメニーとハンク。歩みを進める二人の前に今立ちはだかるのは大きな川。この川を渡り向こう岸に進みたいが、目の前に架かるのは橋ではなく、人ひとりがやっと通れるようなパイプのみ! パイプの上をメニーを背負い、四つん這いで慎重にゆっくりと進むハンク。だが手が滑り、二人そろって真っ逆さまに深い川にダイブ! 果たして二人はどうなってしまうのか!?

水中で必死にもがくハンク。振り向くとそこには自分の力ではどうすることもできず、手を広げ悲しい表情でどんどん仄暗い水の底へと落ちていくメニーの姿が! このままではメニーが沈んでしまう! メニーを失ったらハンクはひとりぼっちに…。ゆっくりと落ちていくメニーを救おうと必死に泳ぐハンク! 追いついたハンクがメニーの手を握ったその瞬間、死体のはずのメニーに力強く抱き寄せられるハンク。「えっ!」と驚きを隠せない表情。瞬間、二人の頭をよぎるのはサバイバル中の二人のデートシーン。まるで生きているかのようにハンクを抱き寄せるメニー。メニーの気持ちを察したかのようにハンクは流れるようにメニーの腕の中へ! 自然とメニーの顔を引き寄せ、そしてそのまま唇を重ねた!!まさかの展開に目を見開くハンク。「俺たちは何をやったんだ?」と言わんばかりにメニーを見ると、そんなハンクの様子を見て口から泡を吐き出しゲラゲラ笑っている。思わず笑みがこぼれるハンク。今度は勢いではなく自分の意志でゆっくりとキスをする二人。そしてそのまま幸せな二人は川底へ落ちていくー…このまま二人の物語は終焉を迎えてしまうのか…!?

静かな川面にコルク栓が浮かび上がる。もしや、このコルク栓はメニーの機能を制御するためにメニーの噴射口に刺していた栓…? 続いて川面に出てくるのは解き放たれたジェット噴射機能を駆使し、噴水のように高く飛び上がるメニーとハンク! 奇跡が起きた! 水面から出てくる瞬間や、メニーから噴射されるジェット機能をスローで捉えた映像美…?をご堪能ください!

スイス・アーミー・マン

9月22日より TOHOシネマズ シャンテほか全国公開中

【監督・脚本】:ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン(ダニエルズ)
【出演】:ダニエル・ラドクリフ、ポール・ダノ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、
【提供】:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ 
【配給】:ポニーキャニオン 
【宣伝】:スキップ 
【公式サイト】:sam-movie.jp
【コピーライト】:©2016 Ironworks Productions, LLC.
2016年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/97分/原題:Swiss Army Man/映倫区分:G指定 

【STORY】無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

詳細はこちら

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on