plan01_AHH2017_0523

NulbarichのJQが好きなヴォーカルとその楽曲を紹介!

テーマに沿ってアーティストのお気に入りの楽曲を選んでもらうことで、その人のパーソナルな音楽体験を紐解いていくプレイリスト企画。今回はシンガーソングライターのJQを中心とするバンド、Nulbaricの登場です。

彼らのデビュー作『Guess Who?』は、ソウルやファンクを基調にしつつ、古今東西の音楽を豊かなタッチでブレンドした洒脱な雰囲気が印象的な1枚。今回は作曲/作詞を手掛け、ヴォーカルも担当するフロントマンのJQに、「好きなヴォーカリスト」をテーマに10曲選んでもらいました。

Interview:JQ(Nulbarich[Vo.])

JQ“「これが僕らだ」ということが伝わるアルバムが出来た”

——デビュー・アルバム『Guess Who?』は、本格的に世の中に登場するタイミングにふさわしいタイトルになっていますね。このタイトルはどんな風に考えていったんですか?

まったくその通りで、Nulbarichはまだ誰も知らない状態だと思いますし、「これが僕らだ」ということが伝わるアルバムが出来たんで、タイトルもそういうものにしたかったんです。今僕たちが「かっこいい」と思えるものを詰め込んだ、これまでのベストですね。

——リード曲の“NEW ERA”はファンクやソウルからの影響を感じさせつつも、サビはキャッチーでJ-POP的な魅力もあって、そのバランスが素晴らしいと思いました。JQさんのヴォーカルも、日本語と英語が自然に混ざり合うような雰囲気が魅力的ですね。

色んな方に言っていただくんですけど、実はあまり意識していないんですよ。メロディを作るときはデタラメな英語を口ずさむことが多くて。その母音や守りたい雰囲気が残っているのかもしれないですね。ヴォーカル面では、耳当たりのよさは意識しています。

——「耳障りのよさを大切にする」というのは、自分たちの音楽の聴かれ方にも繋がる話ですか? たとえば、「日常のBGMとしても聴いてくれると嬉しい」というような。

僕個人としてはその感覚ですね。僕が救われたり、思い出にしている曲は、自分の生活の中にたまたま流れていたものだったりするんです。たとえば初恋の女の子との思い出の曲が、その子と別れたら失恋の曲になるわけで、それがパーティー・チューンだという可能性もあると思うんですよ。その人の生活のどこに入り込むかで、曲の存在が変わると思うんです。

——今回はJQさんに「好きなヴォーカリスト」というテーマで10曲選んでもらいました。この曲を知ったきっかけや、ヴォーカリストとしてどんな魅力を感じるのかを教えてもらえますか? 1曲目はロビン・シックの“Lost Without U”です。

僕はもともとファレルが好きなんで、ネプチューンズやN★E★R★Dも大好きで。トラックメイカーやプロデューサーとしても影響を受けているので、「ファレルと一緒にやってるなら絶対チェックでしょ」というところから入ったんです。

Robin Thicke – “Lost Without U”

——じゃあこの曲は、後追いで掘って見つけたものですか?

今回選んだ曲はほとんどがそうですね。僕はもともとヒップホップが好きで、そこからフィーチャリング・アーティストを辿ることが多いんですよ。ロビン・シックは、僕にないダンディな声を持っていて、ポップに落とし込むのが上手い。シンガーって歌の上手さだけじゃなくて、声の個性やポップスに乗せたときの映え方も大事だと思うんです。次のディアンジェロも後追いで知った曲。00年代前半にヒップホップR&Bが流行って、その中でディアンジェロにも辿り着きました。それまでは、R&B自体あまり聴いてなかったんですよ。

D’Angelo – “Brown Sugar”

——ソウル・クラシックも聴いていなかった感じですか?

今は大好きですけど、当時はあまり好きじゃなかったかもしれないです。ディアンジェロはネオソウル系の中でも曲者ですよね。この人が曲を弾きながら歌っているライブ映像を観たことがあって、ローズ系のピアノにハマったのは、それがきっかけだったと思います。次のエリカ・バドゥは、神ですね(笑)。“Honey”は名盤のレコードをサンプリングしたMVもめちゃくちゃ好きなんですよ。確か最初は、先輩からグールーと一緒にやっていた“Plenty”を聴かせてもらって衝撃を受けました。僕はあまり歌い上げないような、クールな感じの歌声が好きなんだと思います。

Erykah Badu – “Honey”

——トラックと一緒になって魅力が増すタイプの歌声ですね。

そうですね。自分の場合も、トラックがバック・ミュージックという認識はあまりなくて、トラックにつられて歌が変わったりするんです。“Spread Butter On My Bread” はまさにそうだし、“hometown”も最初はギターの弾き語りで、そこからトラックも歌も大きく変化しました。ミュージック・ソウルチャイルドの“Love”は、シンガーの友達がカヴァーしていて知った曲。

Musiq Soulchild – “Love”

JQが選ぶ残り6曲とは?

続きをmysoundで読む!

RELEASE INFORMATION

Guess Who?

2016.10.05(水)
Nulbarich


詳細はこちら

EVENT INFORMATION

SHIBUYA TSUTAYA presents
<Scramble Fes 2016>

2016.11.05(土)
OPEN 13:00/START 14:00
TSUTAYA O-EAST
ADV ¥3,980
詳細はこちら

杉山仁

杉山仁

ライター

乙女座B型。07年より音楽ライターとして活動を始め、Hard To Explain~CROSSBEAT編集部を経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。2015年より、音楽サイト『CARELESS CRITIC』をはじめました。こちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数