INTERVIEW

SAEKA SHIMADA
INTERVIEW

【25’s view】フォトグラファー・SAEKA SHIMADA|25人の25歳へインタビュー

25人の25歳にインタビューをし「いまの答え」を記録する企画『25’s view』。第四回目となる今回登場するのは、フォトグラファーのSAEKA SHIMADA。大人でもなく子供でもない彼らの、等身大の自分の姿とはどんな姿なのか聞いた。

2
Chara
INTERVIEW

Charaが常にフレッシュであり続ける理由|「音楽愛」が紡ぐ、若手アーティストとの感性の共振

昨年、アルバム『Baby Bump』をリリースした歌手、Charaにインタビュー。制作に関わったmabanua、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)、TENDRE、Seihoらとのコラボの経緯などを探る。

21
チョーヒカル
PR

【チョーヒカル・インタビュー】最強の女性が最高!『キャプテン・マーベル』が照らすアベンジャーズとマーベルの未来

世界興行収入 No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作 『キャプテン・マーベル』が、ついに3月15日(金)日本で公開される。この超大作の公開に合わせて、Qeticではさまざまな角度からキャプテン・マーベルを特集。今回は、本作のテーマである“女性の強さ”や“アイデンティティ”という観点から、リアルなボディーペイントが話題のアーティスト・チョーヒカルさんに試写直後のインタビューを敢行した。

12
マインドデザイン
INTERVIEW

【メールインタビュー】Mndsgn|ちぐはぐした世界観

〈Stones Throw〉からMndsgn(マインドデザイン)が来日する。日本でもD.A.N.との対バンでチケットをソールドアウトするなど人気はお墨付き。オオクボリュウとのコラボでは、その世界観が音楽好き以外の人も虜に。昨年にはProphetの新作『Wanna Be Your Man』をトータル・プロデュースしたほか、西海岸テイストのミックステープ『SNAX』をリリース。今年もリリースをする予定だという彼は今一体どんなモードなのか。メールインタビューを行った。

26
bearwear
INTERVIEW

Bearwearから紐解く“エモ”の新たな可能性。2019年インディシーン注目の若手バンドは何を考える?

2017年に結成をしたBearwearというバンドはインディロックやドリームポップのなかに“エモ”の要素を残し、“エモ”を聴かないシーンの人たちへ必然的にそれを聴かせている。アルバム『DREAMING IN.』のリリースなど、昨年の活動についてを振り返り、各所にフックアップされ舞台が広くなった先で見えたものについて語ってもらった。

44
フレデリック
INTERVIEW

SHURE×フレデリック|発信しつづける独自の「フレデリズム」そのルーツを紐解く

フレデリックのフロントマンである三原健司(Vo.Gt)と康司(Ba.Cho)の兄弟に、SHURE「SE215」で新作『フレデリズム2』を視聴してもらい、その聴き心地などを伺いながら、バンド結成の経緯やルーツとなる音楽、自身の楽曲の中でも思い入れのある1曲について等を軸にインタビュー。彼らが発信する「フレデリズム」を紐解いていく。

351
京口 紘人
INTERVIEW

【25’s view】プロボクサー・京口 紘人|25人の25歳へインタビュー

25人の25歳にインタビューをし「いまの答え」を記録する企画『25’s view』。第三回目となる今回登場するのは、プロボクサーの京口 紘人。大人でもなく子供でもない彼らの、等身大の自分の姿とはどんな姿なのか聞いた。

23
Jon Spencer
INTERVIEW

Jon Spencer来日インタビュー|激動のロック転換期と共に歩んだ半生と今後のビジョン

2018年、Jon Spencer Blues ExplosionのフロントマンであるJon Spencerは初のソロ・アルバム『Spencer Sings Hits』をリリース。そんな同作とともに、約3年半ぶりに来日したJonにインタビュー。90年代のオルタナティヴ・ロックや、00年代のロックンロール・リヴァイヴァルといったビッグなムーヴメントの波をどのように感じていたのか、ロックの転換期と彼の歩んだ歴史を振り返るとともに、今後のヴィジョンについても話を聞いた。

29
ZONE2
INTERVIEW

ZONE鼎談|新世代の誕生、6バンド+DJが作る新たなインディシーン

2018年はTempalayやTENDOUJIら、インディシーンで愛されてきたバンドが軒並みブレイクスルー。さらにここ2〜3年で上のステージで活躍するceroや水曜日のカンパネラといったグループがポピュラーミュージック・シーンで重要な存在となり、内外のビッグフェスや独自企画も行うようになった。言わずもがな、Suchmosは9月に横浜スタジアム・ワンマンを控えている。では現在進行形のインディシーンでオリジナルな胎動を見せる動きとは何か。今回、キュレーターと6バンドが主催する<ZONE>を通じて、今、東京を中心にインディシーンに起こっている事柄、注目すべきバンド、そして彼らのスタンスを探り、その胎動をリアルにすくい上げたいと思う。

40
TARR×AAAMYYY
INTERVIEW

SHURE 座談会|TAAR×AAAMYYYがイヤホンを通して語る「聴く」ことへのこだわり

TAARとAAAMYYY(Tempalay)に、SHUREのイヤホン「SE215」と「SE112」を試してもらいながら、イヤホンへのこだわり、SHUREへの思いなどを語ってもらった。なお後半では、2人に事前に作ってもらった「SHURE SE215で聴きたい楽曲プレイリスト」を発表してもらい、その聴き心地についても聞いた。

66
kamui
INTERVIEW

kamui × illicit Tsuboi 対談 | 2人の出会いからアルバム制作背景まで

ヒップホップ・ユニット、TENG GANG STARRとソロの活躍でその名を知らしめたラッパーのkamuiと、日本のヒップホップの数多くの作品のミックスを担当してきたillicit Tsuboiの初対談が実現。2人はどのように出会い、どのような印象を持っているのか。また、『Yandel City』や『Cramfree.90』はいかに作られ、何を伝えようとしているのかを語ってもらった。

101
奈良
INTERVIEW

ブランディングディレクター行方ひさこが行く、RCRアーキテクツ展 夢のジオグラフィー

建築界のノーベル賞「プリツカー賞」を受賞したRCRアーキテクツが、東京「TOTOギャラリー・間」にて<RCRアーキテクツ展 夢のジオグラフィー>を開催中。一般公開前日に行われたレセプションには、RCRのピジェム氏、ヴィラルタ氏が来日。レセプション後、ブランディングディレクターの行方ひさこさんに、今回の個展の感想をお聞きしました。

7
小野賢章
INTERVIEW

マイルス役・小野賢章が語る、憧れのスパイダーマンを演じて感じたマーベル熱

スパイダーマン初のアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が2019年3月8日に公開。主人公マイルスの声を担当した小野賢章さんにインタビューを遂行した。

191
LAPSE
INTERVIEW

栁俊太郎×志真健太郎|『SIN』を通して考えるそれぞれの「未来」

SALUや向井太一のMVなど話題作続出中のクリエティブチーム〈BABEL LABEL〉が、オリジナル映画製作プロジェクト「BABEL FILM」の第1作目として、3篇の未来を描くオムニバス作品『LAPSE(ラプス)』を完成させた。『SIN』の志真健太郎監督と主演の栁俊太郎インタビュー。

75
メチル・エチル
INTERVIEW

4ADのホープ、メチル・エチルが語るドリーム・ポップの裏側と内面性

Deerhunter(ディアハンター)、Gang Gang Dance(ギャング・ギャング・ダンス)、EX:RE(エクス:レイ)の3組が出演し、大盛況のうちに幕を閉じた〈4AD〉のショーケース・イベント<Revue>。実はこのとき、名門レーベルが誇る俊英がツアーに帯同していた。彼の名はジェイク・ウェブ。オーストラリア出身で、Methyl Ethel(メチル・エチル)というバンドの中心人物である。そんな彼にインタビュー。

17
Seiho
INTERVIEW

Seihoに訊く、内容非公開イベント「靉靆」とは?

2月8日、Seihoが自身のTwitterにて突如発表した正体不明のイベント<靉靆(あいたい)>とは一体何なのか。昨年からおでん屋「そのとおり」をスタートし、夏にはLAで開催された<Low End Theory>に出演、CharaやKID FRESINOの新作に参加するトラックメイカー/DJのSeihoにインタビュー。

50
SAKURA
INTERVIEW

【25’s view】モデル・SAKURA|25人の25歳へインタビュー

25人の25歳にインタビューをし「いまの答え」を記録する企画『25’s view』。第二回目となる今回登場するのは、モデル・アーティストのSAKURA。大人でもなく子供でもない彼らの、等身大の自分の姿とはどんな姿なのか聞いた。

2
INTERVIEW

SALU× SUMIRE ×BABEL LABELによる映画『LAPSE』座談会

BABEL LABEL(バベルレーベル)が、オリジナル映画製作プロジェクト〈BABEL FILM〉を始動、その第一弾として『LAPSE(ラプス)』を完成させた。本作はアベラヒデノブ監督、HAVIT ART STUDIOの今野里絵監督、そして志真健太郎監督という3人のディレクターによる「未来」をテーマに製作した3篇からなるオムニバス映画。今回は山田久人プロデューサー、志真健太郎監督、主演のSUMIRE、主題歌を担当するSALUの4人に製作中のエピソードなどを存分に語り合ってもらった。

79
INTERVIEW

エレナ・トンラが語る「Ex:Re」の始まりと終わり。記憶を巡る日々と元彼への想いとは?

Daughter(ドーター)のヴォーカル&ギター、エレナ・トンナがソロ・プロジェクト「Ex:Re(エックス:レイ)」を始動。4ADショーケース・ライブで来日をした彼女に、元彼をきっかけとした「Ex:Re」の始まりや、スタジオへ通いつめて制作した楽曲について語ってもらった。

33
Shure
INTERVIEW

「Shure」開発総責任者に聞く、世界のトップ・ミュージシャンから選ばれ続ける確かな品質と魅力

リスナーが選ぶイヤホンの定番として高い人気を博しているShure(シュア)。Shureの最大の特徴は、どのアイテムも「プロのミュージシャンのために」開発されていること。そして、断線時に交換可能な着脱式の「ケーブルシステム」や「再現度の高い音像」も特徴である。では、なぜShureのイヤホンが選ばれるのか。開発総責任者を務めるマット・エングストローム氏に、Shure製品の魅力や、その開発秘話を聞いた。

14
INTERVIEW

<みんモー>を手がけるクルマ好きDJ・ピストン西沢が語る、アルファ ロメオ SUVの魅力

昨年アルファ ロメオ 初のSUVとして登場し、日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019で10ベストカーにも選出されたステルヴィオ。その最高グレードとなるステルヴィオ クアドリフォリオが、<みんモーSUV@TOKYO AUTO SALON SPECIAL>にお目見えした。今回は、みんモーの総合プロデューサー・ピストン西沢氏によるインプレッションをお届けする。

3
chop the onion × BASI
INTERVIEW

chop the onion × BASI(韻シスト) 対談|変化する「ヒップホップ」その自由さと魅力

chop the onionが、自身の名義では2枚目となるアルバム『CONDUCTOR』をリリース。今作の“シールドマシン”にLIBROとともに参加した、韻シストのフロントマンでありソロとしても活躍するBASIにも参加してもらい(唾奇との「愛のままに」もプロデュース)、二人が歩んできた歴史を経ての現在地について、語ってもらった。

45
LAPSE
INTERVIEW

アベラヒデノブ監督とねお&きいたが映画『LAPSE』から紐解く、SNS世代の未来について

映画『デイアンドナイト』や、SALUや向井太一のMVなど話題作続出中のクリエティブチーム〈BABEL LABEL〉が、オリジナル映画製作プロジェクト第1作目として、未来を描くオムニバス作品『LAPSE(ラプス)』を完成させた。今回は『失敗人間ヒトシジュニア』の主演も務めるアベラヒデノブ監督とクローンを演じたねお&きいたにインタビューを遂行。

92
入江甚儀
INTERVIEW

【25’s view】俳優・入江甚儀|25人の25歳へインタビュー

25人の25歳にインタビューをし「いまの答え」を記録する企画『25’s view』。第一回目となる今回は、俳優の入江甚儀が登場。大人でもなく子供でもない彼らの、等身大の自分の姿とはどんな姿なのか聞いた。

97

RANKING

FEATURE

COLUMN

INTERVIEW