plan01_recruit_20170927

冨田謙をプロデューサーに迎え、藤井隆が最も影響を受けた「90 年代の音楽」をテーマに最高の作家陣が楽曲を提供した最新作『light showers』がリリースされた。徹底したプロデューサー、そして芸道にも通じる職人気質はどこから生まれるのか? 新作を軸に藤井隆という稀有なエンターテイナーの軸に迫るインタビュー。

作曲と共同プロデュースにチャレンジし、音楽ファンからも高い評価を得た前作『Coffee Bar Cowboy』から約2年。のニューアルバム『light showers』が再び高い完成度を誇る仕上がりを見せた。

今回は先行公開された90年代のCM風動画がそのこだわりと当時を知る者にはクスッと笑える細部へのこだわりで注目されたが、アルバムのテーマも「90年代の音楽」。

“light showers” CFまとめ

NONA REEVES、宇多田ヒカル、サカナクション、FPMらのレコーディングやライブツアーに関わって来た冨田謙が前作に続きプロデューサーを務め、EPO、YOU、堂島孝平、西寺郷太(NONA REEVES)、葉山拓亮(Tourbillon)、シンリズム、RIS、澤部渡(スカート)、ARAKI(BAVYMAISON)、そして冨田謙という多彩な作家陣を迎えた本作。

どこか懐かしい90年代テイストでありつつ、今のファンク〜ダンス・ミュージック・テイストに更新されたサウンド、藤井魅惑のバリトン・ボイスもさらに磨きが。

しかし本人には歌手の自覚はないという。徹底したプロデューサー、そして芸道にも通じる職人気質はどこから生まれるのか? 新作を軸に藤井隆という稀有なエンターテイナーの軸に迫る。

Interview:藤井隆

【インタビュー】藤井隆、「芸人」という核を持ちながら音楽でも才能を発揮するエンターテイナーの魅力に迫る takashifujii_1-700x467

——前作『Coffee Bar Cowboy』が11年ぶり、しかも初のセルフプロデュースで。完成度の高さを気に入ってらして、「棺桶に入れて欲しい」とまでおっしゃっていて。

はい。最初に西寺郷太さんに「棺桶に入れるつもりでやってください」って言われたんで。

——それだけ気に入った作品の後の作品ってハードルが一つ高くなったのかな? と思いまして。

いや? そもそもの話になって来るんですけど、私は吉本所属なのでCDをリリースしないといけない理由は無いんです。そんな中、「CD買いますね」って言ってくださる有難い方達の存在の数である、分母を僕は理解している上でやらせていただいてます。CDのデビュー当時っていうのはタレント業の中の一つのやり方として、当時のレコード会社の社長さんや関わって下さった皆さんがテレビに出ながら歌うってことの意味をチャレンジさせてくださったと思うんです。

で、そこから時を経て、非常に大切なアイテムを僕はいただけてたんだとわかりました。それはテレビ出てるだけじゃ会えなかった方とか、テレビを見て歌の方に来てくださったとかあるんですよ。

一方で、やっぱり僕には好きな先輩方というのは、寛平師匠もそうですし、きよし師匠とか三枝師匠(現:文枝)、さんま師匠、ダウンタウンさん、今田さんも、それぞれのタイミングでレコードを出されてるんですよね。

そういう方たちがいてくださるから、僕も機会をもらえたと思ってますので、歌手ではもちろんないし、卑下してるわけでもなんでもなくて、立場としてね。人様に見てもらうためのアイテムの一つ何ですよ。なので最初にいただいた質問の「前作を超えるプレッシャーが」というのは今言われるまで何も思ってなくて。

——あ、そうなんですか?

もちろん『Coffee Bar Cowboy』はちょっと思い入れがある一枚では確かにあるんですけど、そうなって来ると最初のアルバムは松本隆先生ですし、そう考えると怖くてそんなことそれ以降できなかったと思うので(笑)、当時からそういうことは感覚としてなかったかもしれません。

——前作では作曲もされていましたが、今回は歌い手として注力された印象があります。

そう言っていただけるとありがたいですけど、実はあんまり自覚がなくて。『Coffee Bar Cowboy』の時に兼重哲哉さん(本作も同様)というエンジニアの方に音を録っていただいたんですけど、兼重さんのおかげで客観的になれるというか、ボーカル録りの最中は照れ臭かったりするんですけど、それが終わったら兼重さんのエンジニアリング力で他人事になれる(笑)。だから歌い直してる時も意味がわかりますし、変な言い方になりますけど、「ここがいいんだよ」って言われると、「あ、そうですね」って思えるぐらい他人事になれるんです。文字になると怖いんですけど、自分のボーカルにはさほど興味がないんで(笑)。

【インタビュー】藤井隆、「芸人」という核を持ちながら音楽でも才能を発揮するエンターテイナーの魅力に迫る takashifujii_10-700x467

——意外です。明確にあったテーマというのは、「90年代的なCM」のイメージなんですか?

あ、断然。わかりやすく言うと「タイアップ・ステッカー貼りたかったんです」っていうのが一番にあって、あともう一つ、CMソングが子供の頃からずっと好きなんです。CMソングは企業がキャンペーン期間中、すごい予算を使って制作に携わって、しかも曲には商品名が入ったり入らなかったりとか、で、CMでは商品名入ってるけど、レコードには入ってないとか、そういう熱量の高いCMソングみたいなことをやってみたかったんだと思うんですね。

——あの時代はCMのための制作があった、その膨大なエネルギーに影響されていたと。

そうですね。じゃあ80年代のCMソングとの違いは? と聞かれたら、好きなので困るのですが、自分自身が90年代に一番テレビやCMで音楽を観て聴いて、そしてバンバンCDを買っていたので愛着があるのだと思います。80年代の「CMソング」と90年代の「タイアップソング」という呼ばれ方の違いといいますか、タイアップソングから感じる「歌の強さ」みたいなのをやってみたかったのかもしれません。

商品や出演者、コピー、映像に完全に寄り添うだけじゃなくて、中には先ず楽曲ありきのような採用のされ方をしてるCMや、楽曲が強すぎてなんのCMか一回では分からなかったりするCMもあって、楽しかったんだと思います。

——だから不思議な体験なんです。映像を見るとオマージュでもありある種パロディにも見えるんですが、音源だけで聴くと明らかに今の作品になっているところで。

それはすごく嬉しいお言葉です。プロデューサーの冨田さんにご相談して受けていただいたのは——冨田さん、キーボーディストなので、90年代のそういうシンセサイザーだったり、音を使うとかはあるはあるんですけど、そこにこだわってるわけではなくて、最初に「せーの」って手を引く時の合言葉として「90年代のCMソング」っていうのがあっただけで、そういうふうに聴いていただけたらほんとに嬉しいです。

——今回も多彩な作家の方が参加してらっしゃいますが、どんな基準でどんな曲をどなたにというビジョンはありましたか?

それはほんとにケース・バイ・ケースなんですけど、基本的には冨田さんに相談しました。別にCMも決まってないんですけど、そういうことにご興味を持ってくださったり、理解を示してくださる方で、別に「そういうことは架空なのでできません」って断られたことは無かったと思います。

【インタビュー】藤井隆、「芸人」という核を持ちながら音楽でも才能を発揮するエンターテイナーの魅力に迫る takashifujii_11-700x467

plan02_recruit_20170927b
石角友香

石角友香

ライター

大阪府出身。関西版ぴあ編集部で音楽コーナーを担当したのち独立。関西発信の今や幻(?)の音楽/カルチャー誌「MaMAマガジン」編集長を経験。現在は東京在住。音楽ポータルを中心に主に日本のバンド/アーティストのインタビュー、ライブレポート、特集記事の編集・ライティングを行う。音楽以外にも著名人の仕事上の失敗談や仕事観を探る週刊企画の編集や、企業誌なども担当。また、「FUJIROCK EXPRESS」の速報レポートや会場レポートを届けるチームに’13年から参加。10数年 観客として参加していたFUJIROCKを違う角度で体験中。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数