石角友香

石角友香

ライター

大阪府出身。関西版ぴあ編集部で音楽コーナーを担当したのち独立。関西発信の今や幻(?)の音楽/カルチャー誌「MaMAマガジン」編集長を経験。現在は東京在住。音楽ポータルを中心に主に日本のバンド/アーティストのインタビュー、ライブレポート、特集記事の編集・ライティングを行う。音楽以外にも著名人の仕事上の失敗談や仕事観を探る週刊企画の編集や、企業誌なども担当。また、「FUJIROCK EXPRESS」の速報レポートや会場レポートを届けるチームに’13年から参加。10数年 観客として参加していたFUJIROCKを違う角度で体験中。

toconoma
MUSIC

toconomaライブレポート|「週末」を熱狂させた結成10周年記念ツアーファイナル

結成10周年を迎えた今年、<FUJI ROCK FESTIVAL>(以下、フジロック)のフィールド・オヴ・ヘブンにも出演を果たした4人組のジャムバンドtoconoma(トコノマ)。2018年11月18日にTSUTAYA O-EASTで開催された<Tour tocojaws 2018 – toconoma 10th anniversary –>のライブレポート。

278
I'm a HERO Program
INTERVIEW

「I’m a HERO Program」3人のクリエイターにインタビュー|音楽とクリエイティブの力を通して伝える“幸せの定義”

中南米における社会課題に対して音楽というアプローチで挑む。ヤマハが作り出した子どもたちに対して、音楽への憧れの醸成と選択肢に提示を行う『I’m a HERO Program』について、今回、ドキュメンタリーフィルムの制作を担当した水曜日のカンパネラのHPやMVなどを担当する山中雄介、KOJOEのMV等で著名な北田一真、GoogleのWEBムービー等を手がける近藤亮介に聞いた。

213
向井太一
INTERVIEW

向井太一 インタビュー|ブラックミュージックを背景にJ-POPであり続けるバランス感覚

向井太一の新作アルバム『PURE』が11月28日にリリース。『PURE』は高橋海(LUCKY TAPES)、mabanua(Ovall)、☆Taku Takahashi(m-flo)、蔦谷好位置、KREVAらが参加し、ブラックミュージックをベースにした音楽性の中でもさらに細部の表現に最適なクリエーターが結集。向井太一が音楽に向き合う姿勢、考え方をインタビューで紐解く。

66
MUSIC

ディスクレビュー・Group2|フリッパーズ・ギター、ザ・スミスに通ずる鋭さとクソガキ感が詰まった1stアルバムを紐解く

東京を拠点に活動する「靴見るシティサイケバンド」Group2。2018年11月9日にリリースされたセルフタイトルの1stアルバム『Group2』を紐解く。ミレニアル世代の社会人バンド・Group2が作った「じゃない方」を選ぶ人には世代を超えて響くところが多いアルバム。

79
PR

長塚健斗(WONK)&MALIYA対談|二人にとってのジ・インターネットという存在とは?

『エゴ・デス』から約3年ぶりのアルバム『ハイヴ・マインド』を今年7月にリリースしたジ・インターネット(The Internet)。今回、『ハイヴ・マインド』に収録されている“ラ・ディ・ダ”をゲストボーカルにMALIYAを迎え、WONKの演奏でカバー。WONKの長塚健斗とMALIYAにジ・インターネットについてはもちろん、お互いの印象やカバーするにあたっての工夫などお聞きしました。

54
INTERVIEW

水曜日のカンパネラ×yahyel対談インタビュー|コラボ曲「生きろ。」を通して伝えたいメッセージとは?

水曜日のカンパネラとyahyelによるコラボ楽曲“生きろ。”について水曜日のカンパネラのコムアイとyahyelの対談が実現。1992年前後生まれという同世代感、東京という街で生きることの体感、そこから生まれるある種の違和感が動機になった今回の楽曲について語ってもらった。

200
INTERVIEW

Homecomingsが語る最新作『WHALE LIVING』に込めた思いと制作時期に影響を受けた楽曲5選

3rdアルバム『WHALE LIVING』をリリースした京都在住の4ピース・バンドHomecomings。本作には京都アニメーション制作映画『リズと青い鳥』の主題歌“Songbirds”などが収録されている。今回はメインソングライターの福富優樹(Gt)と、バンドの瑞々しい世界観の軸を表現する畳野彩加(Vo/Gt)に制作時期に影響を受けた楽曲について聞いた。

35
MUSIC

小袋成彬がワンマンライブで魅せた音楽世界。“分離派の夏”は次の季節へ

小袋成彬が10月10日(水)に渋谷WWW Xで行ったワンマンライブをレポート。『分離派の夏』をリリース以降、彼が<FUJI ROCK FESTIVAL>や<RISING SUN ROCK FESTIVAL>など数々のフェス出演やライブ出演を経て示したものとは?

15
ART&CULTURE

イベントレポ | のん主演・LINE NEWS初ドラマ「ミライさん」イッキ見イベント開催!ミライさんも登場!?

2018年10月5日、渋谷のMAGNET by SHIBUYA 109で、「LINE NEWS」初のオリジナル連続ドラマ『ミライさん(全5回)』のイッキ見イベントが開催されました。同イベントには主演ののんさんも登場するとあって、抽選に当選したファンや視聴者でそぼ降る雨もなんのそのの盛況ぶり。これまでの4話に加えて、イベント翌日にオンエアされる最終話を一足早く大人数で見る楽しさに湧きました。

127
INTERVIEW

yonige『HOUSE』インタビュー|上京から1年半の変化と“今”の感情

2018年注目のアーティストとして、夏フェス会場限定インタビュー、全フェス追っかけレポートを実施してきたyonige。フェス会場限定リリースだった“リボルバー”や“笑おう”のアルバムバージョンが収録された本作。ミディアムやスロー・ナンバーで奥行きのある世界観も作り上げた牛丸ありさ(Vo/Gt)とごっきん(Ba/Cho)にフェスの思い出やアルバム収録曲について聞きました。

46
INTERVIEW

デビュー15周年を迎えた髭のフロントマン・須藤寿が振り返るバンドと共に過ごした15年間

今年でデビュー15周年を迎えた髭。2018年9月26日(水)にニューアルバム『STRAWBERRY ANNIVERSARY』と、〈ビクター〉時代の全音源から当時のスタッフと共に2枚組ベストアルバム『STRAWBERRY TIMES(Berry Best of HiGE)』をリリース。今回15周年を迎えた髭のフロントマン・須藤寿にバンドとしての15年間を振り返ってもらった。

59
MUSIC

週末バンド、toconomaが歩んだ10年間。会社とバンドを両立してきた理由|後編

結成10周年を迎えた今年、<FUJI ROCK FESTIVAL>(以下、フジロック)のフィールド・オヴ・ヘブンにも出演を果たした4人組のジャムバンドtoconoma(トコノマ)。彼らは、平日は会社でフルタイムで働きながら土日にバンド活動もしているまさしく「週末バンド」。後編は、社会人バンドとして継続できた理由や仕事とバンドの関係性などライフスタイルが分かるインタビューになっている。

511
INTERVIEW

週末バンド、toconomaが歩んだ10年間。会社とバンドを両立してきた理由|前編

結成10周年を迎えた今年、<FUJI ROCK FESTIVAL>(以下、フジロック)のフィールド・オヴ・ヘブンにも出演を果たした4人組のジャムバンドtoconoma(トコノマ)。彼らは、平日は会社でフルタイムで働きながら土日にバンド活動もしているまさしく「週末バンド」。前編では、<フジロック>の思い出や仕事とバンドの両立について、バンドとしての10年間を振り返る。

230
INTERVIEW

「生涯全裸」宣言!?今いちばん“脱げる”SSW藤田恵名インタビュー。彼女のアーティストとしての戦闘力の高さに迫る

「今いちばん“脱げる”シンガーソングライター」というキャッチフレーズで毎回ギリギリのビジュアルで攻めてくる藤田恵名。今回は楽曲、アーティストイメージが定着してきた今についてのスタンスや芸能の世界でサバイブするための戦闘力、資質として持つ勝負師の側面について伺った。

69
ART&CULTURE

インタビュー|エイベックスの「社内バンクシー」とは?「2nd Function」が作る未来のエンタテインメント体験

エンタテインメント企業、エイベックス(avex)内の「社内バンクシー」たるチーム「2nd Function」にインタビュー。<CES2018>』でのACRONSという未来のエンタテインメント体験やVR/ARを駆使したエンターテックを作り上げた彼らの始まりやプロジェクトについて話を伺った。8月4日からは表参道 B SPACEにてイベントADIRECTOR Vol.1『DOLLHOUSE』が開催。FEMMも出演。

104
INTERVIEW

インタビュー|ミツメとフジロックを振り返る。ルーキー・ア・ゴーゴー出演から、5年を経てメインステージへ

<FUJI ROCK FESTIVAL’18(以下、フジロック)>にて、7月27日(金)にレッドマーキーへ出演予定の東京で活動するバンド、ミツメ。初出演を果たした2013年の<フジロック>の<ROOKIE A GO-GO>から5年間を振り返り、<フジロック>について、また新作『ゼダン』について語ってくれました。

49
INTERVIEW

初インタビュー|1人バンドARSKNが虚無の中で鳴らすグランジ

奈良拠点で活動するリョウナの一人バンドARSKN(アルソコニ)にインタビュー。グランジ、ハードコアパンクなどの音楽の話やライブハウス、奈良・関西のバンドについて、また自身の『HELLS』『TOUSOU』についてなど赤裸々に語っている。

57
PR

DEAN FUJIOKAと映画監督・二宮健が対談。2人の意外な共通点とMV“Echo”の制作秘話

ドラマ『モンテ・クリスト伯—華麗なる復讐—』の主演を務め、主題歌“Echo”を書き下ろしている俳優/ミュージシャンのDEAN FUJIOKAと『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』を制作した映画界注目の監督・二宮健へインタビュー。二宮監督が制作した“Let it snow!”や“Echo”を軸に、MVを制作することになったきっかけや、制作過程、お互いの共通点について訊いてみた。

705
PR

澤田智洋さんが主催する<ゆるスポーツランド2018>に潜入レポート!体も心も大笑い、それがゆるスポの正体だった!?

世界ゆるスポーツ協会・澤田さんが主催する<ゆるスポーツランド 2018>をレポート!注目の新種目から笑顔が絶えない会場の様子を、競技を体験&楽しむ人たちの声とともにお送りします。

181
MUSIC

【インタビュー】テレサ・ウェイマン(Warpaint)のソロ名義TTが表現する、エモーショナルな愛について

ウォーペイントのテレサ・ウェイマン(Vo/Gt)へ、ソロ名義TTとしてリリースした『Lovelaws』についてインタビューを遂行。彼女のパーソナルな思いやエモーションな部分に触れつつ、ソロデビューからアルバムについて訊いてみた。

21
MUSIC

【インタビュー】The fin.と小林光大、自身の表現を発信する理由

バンド・The fin.と彼らの写真を撮り下ろす写真家・小林広大。広告でも活躍する小林の表現とバンドの表現が出会った時、立ち上る洗練とストイシズムがないまぜになったアトモスフィアの源泉は一体なんなのか。出会いの経緯や作品づくりについて訊く。

60
INTERVIEW

【インタビュー】ヒップホップグループ踊Foot Works=ヴェイパーウェイブ?レーベルQ2所属のきっかけや新作アルバムについて

全曲オリジナルトラックからなる『ODD FOOT WORKS』をシェアし、夏には<FUJI ROCK FESTIVAL ’17>のROOKIE A GO-GOのステージを踏み、8月にはペトロールズのカバーEP『WHERE,WHO,WHAT IS PETROLZ?? –EP』に参加。凄まじいスピードで注目を集める踊Foot Worksが待望の新作アルバムをリリース。

129
PR

【インタビュー】小袋成彬はなぜ “歌わざるを得なかった”のか?

宇多田ヒカルがプロデュースを手がけるソロ・アーティスト、小袋成彬。レーベル〈Tokyo Recordings〉代表の彼が、アーティストとして、4月25日(水)に『分離派の夏』をリリースする。今回は小袋成彬がなぜ「歌わざるを得なかった」のかに軸を置いて話を訊いた。

115
PR

MONDO GROSSOのニューアルバム『Attune / Detune』Blu-ray収録MV考察!

昨年の音楽シーンに大きなインパクトを与えた、MONDO GROSSOの14年振りの復活アルバム『何度でも新しく生まれる』。その続編とも言えるアルバム『Attune / Detune』が3月21日(水)にリリース。今回は、話題作“偽りのシンパシー” “ラビリンス”を始め、全7曲のMVがカップリングされたBlu-rayを元に、現在のMONDO GROSSOの魅力を検証してみたい。

103
plan03_airi-shimizu_20181113a