Qetic Instagram 01 B

<FUJI ROCK FESTIVAL ’17>(フジロック2017)のライブ&フォトレポート。今回は、最終日のヘッドライナー・Bjork(ビョーク)。パフォーマンスにはArca(アルカ)も参加。最新作『Vulnicura』収録“Stonemilker”から人気曲“Hyperballad”を披露。

<FUJI ROCK FESTIVAL’17>
2017.07.30(SUN)
Bjork@GREEN STAGE

Björk(ビョーク)の出演が発表された時、勘の良い人はこう思ったかもしれない。「今年は雨が降るぞ」。2003年<>の来日時はもちろん、2013年<>の来日でも、ものすごい量の雨が降ったことが記憶に残っているためである。

最新作『Vulnicura』のプロデュースには、金曜日のレッド・マーキー深夜枠PLANET GROOVEで、エネルギッシュかつアブノーマルでハンパなくぶっ飛んだステージを観せてくれたArca(アルカ)が参加していた。

また今回、彼はビョークのパフォーマンスにDJとしても出演しており、『Vulnicura』の特徴であるストリングスは室屋光一郎ストリングスが担当、その音を再現する装置は揃っていた。

定刻になってパフォーマンスが始まると、オープニングナンバーは『Vulnicura』の1曲目でもある“Stonemilker”。一瞬でビョークの世界に引き込まれていく。

登場してからすぐに、変わることのない彼女特有の歌声だけでなく、進化を続ける彼女の服装はオーディエンスの(そしてSNS上でも)注目の的となった。

『Vulnicura』からの楽曲が中心であったが、披露された旧作の楽曲ほぼ全てがストリングスでアレンジされていた。スクリーンには蜂などによる弱肉強食を思わせるドキュメンタリー映像や、排卵の映像が映し出され、諸行無常を感じさせる。

これこそが、ビョークのパフォーマンスだけでしか味わえないものである。2011年リリースの『Biophilia』に収録されている“Mutual Core”で本編を終了させると、アンコールに応え“History of Touches”を演奏。

まだこの不思議な空間は続くのかと安堵したところで、“Hyperballad”のイントロが静かに始まった。以前の<>のパフォーマンスでは、途中からLFOの“Freak”がミックスされてダンスチューンと化していたが、今回はアルカらしい本能を刺激するような電子音が盛り込まれたバージョンになっていた。これもまた素晴らしくうっとりしてしまったのも束の間、花火が打ち上がり壮大なフィナーレを迎えた。

【フジロックライブ&フォトレポ】ビョーク、怖いぐらい美しくフジロックの最後を飾る bjork-170830-1-700x484
(C) Santiago Felipe
【フジロックライブ&フォトレポ】ビョーク、怖いぐらい美しくフジロックの最後を飾る bjork-170830-3-700x484
(C) Santiago Felipe

RELEASE INFORMATION

text by Qetic・船津晃一朗

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

ストリート担当のカウパン・チキンです。Stones ThrowなどLA音楽好きが高じて、<Low End Theory>のために渡米しましたが、帰りの飛行機に乗り遅れるぐらいの仕上がりです。編集部では主にお茶を出したり、結露した金属部分を掃除するといった作業に従事しています。あと、漂白剤も扱えたり、紐で大きいものを縛ったり、ゴミ捨ても得意です。将来はOdd Futureに仲間入りするか、Peanut Butter Wolfのようになりたいです。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数