Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

10月20日(土)20時00分にYouTubeにて公開された米津玄師新曲“Flamingo”のMV。

新曲“Flamingo”はソニー(SONY)の完全ワイヤレスイヤホンシリーズのプロモーションにも起用され、米津玄師本人の動画への出演も話題となっています。

そして、MVの再生数は公開から1週間を待たずして700万回再生を突破!

米津玄師が手がけてきたこれまでのヒット曲の中でも一番の再生回数の伸びを記録しており、“Flamingo”公開から3時間17分で100万回再生を突破。

“Lemon”のMVが公開から13時間で100万回再生という記録を更新するほどの勢いをみせました。

米津玄師 MV「Flamingo」

米津玄師、YouTubeで1億再生超えの5曲

今回は“Lemon”、“Flamingo”にDAOKOとのコラボ曲“打ち上げ花火”などYoutubeでの再生回数が1億回を突破した、「米津玄師の5つの人気曲」をあらためて確認してみたいと思います。

1. “打上花火” DAOKO × 米津玄師|YouTube再生回数:2億

米津玄師作曲の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌“打上花火”はカラオケでも人気の楽曲。

2017年中にYouTubeに掲載された動画の中から再生・共有・コメント・評価・派生動画など様々な数値を元に選出される「YouTube国内トップトレンド音楽動画」でも年間1位を獲得。

2017年8月10日の公開より約5ヶ月という驚異的なスピードでの1億回再生突破しており、現在では2億回を超える再生回数を記録しています。

アニメーションミュージックビデオのため製作されたオリジナルシーンもふんだんに使用して構成されています。

▼RELATED
2017年を代表する1曲?DAOKO×米津玄師の“打上花火”がYouTubeで1億回再生!

2. “Lemon” 米津玄師|YouTube再生回数:1.9億

“Lemon”は1月期のTBS系ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として米津玄師が書き下ろした楽曲。

MVは、公開から13時間でYouTube再生回数が100万回を突破し、現在は1億9千万回再生を突破しています。

10月からはソフトバンクの新テレビCM「⽩⼾家ミステリートレイン『事件のはじまり+リョウマの事情聴取』篇」に起用。

再び注目を集めており、まだまだ再生回数を伸ばしそうです。

米津玄師、1億回再生突破の人気曲ベスト5!新曲「Flamingo」MVも脅威的な再生回数! music181005_lemon_01-1200x1200
『Lemon』

▼RELATED
米津玄師「Lemon」は間違いなく2018年を代表する1曲!ダブルミリオン、1億8,000万再生を突破!

10月5日「レモンの日」の由来は?米津玄師「Lemon」、高村光太郎「レモン哀歌」、梶井基次郎『檸檬』の作品を楽しもう!

3. “アイネクライネ” 米津玄師|YouTube再生回数:1.7億

2014年4月にリリースされた米津玄師の2nd Album『YANKEE』に収録の“アイネクライネ”。

東京メトロのキャンペーン「Color your days.」のCMソングとして起用されていました。

『YANKEE』はiTunes年間ランキングBest of 2014で「ベストアルバム」受賞しています。

4. “LOSER” 米津玄師|YouTube再生回数:1.3億

2016年9月にリリースされた米津玄師の5th Single『LOSER / ナンバーナイン』に収録されている楽曲で2017年リリースのアルバム『BOOTLEG』にも収録されています。

2018年5月にHonda「JADE」CMソングとして起用されてさらに注目度がアップ!

CM公開後すぐに、オリコンデジタル(単曲)ウィークリーランキングで1位まで上昇。オリコン2018年上半期チャートでも8位にランクイン。

すでに公開されていたMVも再度注目されることとなり1億再生を超える1曲となりました。

▼RELATED
米津玄師、『LOSER』MV 1億再生突破!チャンネル登録者数も200万人突破!

5. “ピースサイン” 米津玄師|YouTube再生回数:1億

2017年6月にリリースされた米津玄師の7th Single”ピースサイン”。

TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』オープニングテーマとして起用されていました。

“打上花火”が年間1位を獲得した「YouTube国内トップトレンド音楽動画」で3位に“ピースサイン”もランクインしています。

そのほか、“orion”と菅田将暉をフィーチャーした“灰色と青”のMVが7千万再生を記録。

米津玄師 MV「 灰色と青( +菅田将暉 )」

米津玄師 MV「orion」

さらに、2億再生に迫る“Lemon”の勢いをも凌駕する“Flamingo”が1億再生を超えることはほぼ確実ではないでしょうか?

※全て2018年10月26日時点の再生回数

米津玄師(ヨネヅケンシ) プロフィール

米津玄師、1億回再生突破の人気曲ベスト5!新曲「Flamingo」MVも脅威的な再生回数! music181022_kenshiyonezu_2-1200x1579

ハチ名義でボカロシーンを席巻し、2012年本名の米津玄師としての活動を開始。その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。2015年リリースの3rdアルバム『Bremen』ではオリコン週間チャート1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞受賞した。

2016年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年企画 “やり過ぎ” コラボ、ルーヴル美術館特別展<ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~>公式イメージソング、佐藤健・有村架純らが主演の映画『何者』の主題歌を中田ヤスタカ×米津玄師として初のコラボレーション作品として発表したりと、多岐にわたる才能を披露した。同年9月に発売したシングル『LOSER / ナンバーナイン』はオリコン週間シングルランキング自身最高の2位を記録。

2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ『3月のライオン』エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル“orion”は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。6月に発売したTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした“ピースサイン”がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。8月には、初音ミク10周年<マジカルミライ2017>テーマソングとして、ハチ名義の“砂の惑星”を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。また、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌をプロデュース、“打上花火”DAOKO×米津玄師として発表した。11月には4枚目のアルバム『BOOTLEG』を発表し、オリコン週間チャート1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。

2018年1月からはTBS金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として“Lemon”を書き下ろし“ミリオン”セールスを記録。 「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。 日本レコード協会にて「史上最速」の100万DL認定。 2018年上半期チャートを席巻と、 音楽史に残る記録を残している。 8月には「<NHK>2020応援ソング」として、 小学生ユニットFoorinがうたう「パプリカ」を発表。また“Lemon””アイネクライネ”“LOSER”“ピースサイン”という新作旧作が立て続けにYouTubeでの再生回数1億を超え、昨年発表し1億再生突破している“打上花火”含め、5作品が1億越えを達成するなどその注目度は群を抜けた存在となっている。

RELEASE INFORMATION

『Flamingo / TEENAGE RIOT』

米津玄師、1億回再生突破の人気曲ベスト5!新曲「Flamingo」MVも脅威的な再生回数! music181022_kenshiyonezu_3-1200x1200

2018.10.31(水)
米津玄師
フラミンゴ盤(初回限定):CD+おまけDVD+スマホリング
[amazonjs asin=”B07H4HD4F4″ locale=”JP” title=”Flamingo / TEENAGE RIOT(フラミンゴ盤 初回限定)(DVD付)”]

ティーンエイジ盤(初回限定):CD+サイコロ
[amazonjs asin=”B07H4RVXQY” locale=”JP” title=”Flamingo / TEENAGE RIOT(ティーンエイジ盤 初回限定)”]

通常盤:CD only
[amazonjs asin=”B07H4RHK9F” locale=”JP” title=”Flamingo / TEENAGE RIOT”]

詳細はこちら

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on

Last modified on