Qetic Instagram 01 B

[Sam Lee]まとめ:サム・リーという音楽家を知っているだろうか。普通の音楽家とは異なる異色の経歴を持ち、イギリスのトラヴェラーズと呼ばれる民族の伝統音楽に傾倒し、単なるフォーク・シンガーという肩書きにはおさまりきらない世界観を作り上げている若き奇才だ。

■イギリスで称賛されるサム・リー

【まとめ】喜劇役者など異色の経歴を経て伝統音楽にのめり込んだ! フォークの奇才、サム・リーに迫る music141118_sam-lee_4

『グラウンド・オブ・イッツ・オウン』ジャケット

2012年にリリースされた『グラウンド・オブ・イッツ・オウン』は、数年の構想を形にした彼のデビューアルバム。リリース後、英国・アイルランドで毎年最も優れたアルバムに送られるマーキュリー賞にノミネートされ、多くの現地メディアからも称賛された。リリース以降も精力的に活動を展開しており、<CAMP BESTIVAL>、<BOOMTOWN FAIR>、<END OF THE ROAD FESTIVAL>といった英国内で非常に人気の高いフェスに出演を重ね、独自の地位を築き上げたと言えるだろう。また同じフェス(BOOMTOWN FAIR)に出演したSmiley&The Underclassのメンバー(ドラム担当)も、彼の音楽について「普通のフォークではなくて、ホーンが他と違う空気を作っている。今流行のどこにでもいるようなフォークバンドと違って、ギグを通して楽しめるのが魅力」と語ってくれた。また彼らの演奏を観た観客も、「普通のフォークではなかった」というようなことを口にしており、昨今のフォーク回帰とは一味違う魅力を持っていることは間違いないだろう。

昨年マムフォード&サン(イギリス)がグラストンベリーのヘッドライナーを飾り、オブ・モンスターズ・アンド・メン(アイスランド)のヒット、さらにはフォークを取り入れたEDMで世界を制覇したアヴィーチーの活躍は記憶に新しい。明らかに「フォーク」が一つのテーマになっている音楽シーンにおいて、独特のスタイルでフォークの新しい形を見せてくれるサム・リーへの期待は高まるばかりだ。そんなサム・リーが12月に来日! 今世界で最も注目されている音楽家の今を是非体感して頂きたい。

(text by nekomeguro London

★朗報! サム・リーの2ndアルバムが12月17日(水)に世界に先駆け日本先行発売決定!
次回Qeticでは、ペンギン・カフェの「アーサー・ジェフス」をプロデューサー、ミックス・エンジニアにブライアン・イーノの片腕として活躍する才人「レオ・エイブラハムス」が参加した新作を深堀り&来日公演の見どころ・聴きどころについて紹介するので、そちらもお楽しみに!!

Event Information

サム・リー&フレンズ 来日公演2014
2014.12.05(金)@武蔵野市民文化会館 小ホール(with リアム・オ・メンリィ)
2014.12.06(土)@すみだトリフォニーホール(ケルティック・クリスマス)
2014.12.08(月)@京都 磔磔
2014.12.10(水)@渋谷クラブクアトロ(with リアム・オ・メンリィほか)
2014.12.11(木)@マウントレーニアホール シブヤ プレジャープレジャー(with 東野珠実、稲葉明徳〈雅楽奏者〉)
※東京文化発信プロジェクト事業の一環として実施
2014.12.12(金)@焼津文化会館 小ホール(with 上間綾乃)
2014.12.13(土)@所沢市民文化センター ミューズ キューブホール(with 上間綾乃)

Release Information

2014.12.17 on sale!
Artist:Sam Lee(サム・リー)
Title:The Fade In Time(ザ・フェイド・イン・タイム)
PLANKTON
VITO-122
¥2,300(+tax)


Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数