Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

AppleはiPhone、iPadなどのためにユーザー認証(生体認証)の技術開発に精力的に取り組んでいるようです。

Apple「ボイス認証を用いたデバイスアクセス」特許取得

Appleが2016年にアメリカ合衆国特許商標庁(USPTO)に申請していた「ボイス認証を用いたデバイスアクセス」についての特許「9262612」が承認。

申請タイトルの通りSiriを用いてiPhoneやiPadのロックを解除するという技術です。

ユーザーの「声紋」を複数のスピーチサンプルから登録し、声紋と照らし合わせてデバイスのロックを解除するというもの。

Appleが「声」認証に関する特許を取得!Touch ID、Face IDに続く生体認証は「Voice ID」? technology181018_apple-voiceid_01

Touch ID(指紋認証)、Face ID(顔認証)との組み合わせで便利に?

Appleがこれまでに導入してきたTouch ID(指紋認証)、Face ID(顔認証)と同じように事前に登録された情報と照らし合わせるという仕組みとなるようです。

パスコード、Touch ID(指紋認証)、Face ID(顔認証)にはそれぞれ一長一短がありますが、複数の認証方法を組み合わせることでより様々なシーンで便利に認証行えるようになりそうです。

詳細はこちら(英語)

▼RELATED
iPhone XS Maxでも双子を見分けることは不可能。Face IDは一卵性双生児に弱い!

2018年新iPhoneは顔認証のみ?でも、Appleは指紋認証を捨てたわけではなかった!?

カニエ・ウェストの単純すぎるiPhoneのパスコードとは?Face ID(顔認証)は使わない派?

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on