plan01_celineH2_20181015

XSの分解動画に続いてApple Watch Series 4の分解動画をiFixitが公開。

▼RELATED
iPhone XS分解動画が公開!防水防塵性能向上で分解難易度UP?

Series 3と比べてスクリーンサイズが大きくなり、本体の厚み薄くなったApple Watch Series 4。

見た目だけでなくバッテリー容量が20%増加するなど、目に見えない内部構造も変更されているようです。

バッテリー容量20%減

Apple Watch Series 4分解動画公開!スクリーンサイズ拡大も最大駆動時間変わらず! technology180925_applewatch_3-1200x677

スクリーンサイズが大きくなり、本体が薄くなった新Apple Watchですがバッテリー容量が20%減少していますが、以前のモデルと同じ最大18時間の駆動時間を確保しているようです。

光学式心拍センサーがアップデートされ第2世代の光学式心拍センサーが搭載。

デジタルクラウンが物理ボタンから触覚フィードバック方式に変更。内蔵されているTaptic Engineは薄型化されているが、長さが長くなっています。

iFixitは修理の難易度を10段階で「6」と評価、バッテリーの交換はしやすいものの一部配線がパーツに固定されている点をマイナス評価としています。

Series 4 Teardown

Apple Watch Series 4

▼RELATED
iPhone XS予約は予想より少ない?新Apple Watchは好調!

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on

Last modified on