来年2019年のiPhoneではFace IDの精度が向上すると予想されています。

Face IDの制度がより向上する?

これまでにもサプライチェーンの情報を元にApple製品に関する予想を的中させて実績のあるアナリスト、ミン・チー・クオがFace ID(顔認証)に関する新しい予想を発表しています。

2019年のiPhoneにはアップグレードされたFace IDが搭載されると予想。

赤外線の投射装置「Flood Illuminator」がアップグレードされ環境光がFace IDに与える影響が減るようです。

結果としてFace IDで認証に失敗する可能性が減ることになりそうです。

iPhone X — Introducing Face ID — Apple

さらに、2019年か2020年にリリースされる次期iPadには「Time of Fly(Tof)」という3Dモデリング技術が搭載、iPhoneには2020年に導入されるとの予想を発表しています。

ミン・チー・クオはTrueDepthカメラは2019年のiPhoneでは背面カメラに搭載されない、スクリーン上での指紋認証は採用されないとの予想も過去に発表しています。

▼RELATED
2019年のiPhoneでもスクリーン上での指紋認証は採用されないと予想!

新iPad miniが2019年春に登場するかも!価格の逆転現象も解消へ?

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on