Appleは2019年のiPhoneでもスクリーンの下にセンサーを搭載しての指紋認証には対応しないかもしれません。

今回予想を発表したのはApple製品の予想に定評のあるアナリスト、ミン・チー・クオ。

指紋認証は2019年のiPhoneには採用されない

ミン・チー・クオの最新のレポートではスクリーン上での指紋認証は2019年のiPhoneには採用されず、Face ID(顔認証)が引き続きiPhoneのロックを解除する方法として用いられるようです。

一方で、Appleは指紋認証を完全に廃止したわけでなく、スクリーンの下にセンサーを搭載することでスクリーン上で指紋認証を行うことができる技術を開発し米国特許商標庁に特許を申請しています。

▼RELATED
2018年新iPhoneは顔認証のみ?でも、Appleは指紋認証を捨てたわけではなかった!?

指紋認証センサーが日光下で透けて見える問題

スクリーン上での指紋認証にはセンサーが日光下で透けて見えてしまうなどの技術的問題が指摘。

Appleが問題を解決せずに同技術を採用するとは考えにくいため、指紋認証が復活するのはまだ先のこととなりそうです。

Androidを搭載したスマートフォンメーカーがスクリーン上での指紋認証を相次いで採用している理由としてミン・チー・クオは競合するiPhoneとの差別化を図るためだと指摘しています。

Mi 8 Explorer Edition- Pressure sensitive in screen fingerprint sensor

▼RELATED
スクリーン上での指紋認証には技術的問題?太陽光下ではセンサー透けて見える欠点?

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on