plan01_recruit_20181113a

Appleが期間限定で実施している「iPhoneバッテリー交換費用割引サービス」が2018年12月31日(月)で終了します。

iPhoneのバッテリー劣化を原因としたデバイスの急なシャットダウンを防ぐためにAppleが意図的にCPUの性能を低下させていた「計画的陳腐化」問題を受けて実施しているサービスです。

iPhone 6以降の保証外バッテリー交換費用が1度に限り一律で3,200円

日本ではiPhone 6以降の保証外バッテリー交換費用が1度に限り一律で3,200円となっています。

対象モデルはiPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xです。

2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデル (iPhone SE を含む) の保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただいております。なお、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただく場合があります。2019 年 1 月 1 日以降は、iPhone X の料金が 7,800 円に、その他すべての iPhone モデルの料金が 5,400 円に改定されます。

引用元:iPhone の修理サービス料金

iPhoneの計画的陳腐化問題にAppleが対応

Appleは2017年末に「バッテリー交換費用の値下げ」、「バッテリーの経年劣化に伴うパフォーマンスの管理方法の改善と予期しないシャットダウンを防ぐ対策の強化」、「iPhoneのバッテリーの状態をユーザーにわかりやすく示す新機能」の導入を約束。

その後、バッテリー交換費用が2018年12月31日(月)まで値下げされること、iOSのアップデートでバッテリーの劣化状況を確認、性能のコントロールの有無をユーザーが設定できるようにしていました。

バッテリー交換費用の割引が適応されるのは2018年12月31日までに、1度だけ。

直前になると交換用バッテリーの品薄も予想されるので、交換を検討されている方は早めに交換しておいた方が良さそうです。

詳細はこちら

▼RELATED
iPhone 6以降のバッテリー交換費用が3,200円に大幅値下げ!

iPhoneバッテリー交換割引サービス:Apple Storeによっては一部モデルが品薄状態?

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on