COLUMN

宮沢香奈

まだあまり知られてない!?ベルリンのファッションウィークの徹底リサーチ

昨年の冷夏からは想像出来ないほどの猛暑が続く今年のベルリンの夏。まだ異常を感じるまでにはなっていなかった心地良い陽気が続いていた7月上旬、“Berlin Fashion Week”が開催された。これまでと同様メルセデス・ […]

37
COLUMN

あの夏をもう一度……。

こんにちわ! shiggeです! 今回は我らが103i(トミー)が福岡時代から開催していた<Summer War Game(#SWG/#サマウォ)>開催直前スペシャル! Summer War Game 01 初の開催は2 […]

16
レイチェルの全然ファイトクラブ

レイチェルの全然ファイトクラブ Vol.07『カメラを止めるな!』の感想

こんにちは〜。レイチェルです。
映画は観に行ってるのですが書きたいときに書くスタイルでやらせてもらってます。
先週「カメラを止めるな!」を観に行ったのでその感想文を書きたいと思います!

23
みちくさボンバイエ

ボンバイエインタビューVol.21/紫雷イオ

みなさん、こんにちは! 先日のWWE東京公演では、観客の大歓声に囲まれてあるサプライズゲストが登場しました。そのサプライズゲストとは……そう、日本女子プロレス界のトップを牽引し続け、「逸女」と呼ばれる紫雷イオ選手。公の場で、自らの言葉でWWEへの入団を発表したイオさんは、早速今月の「メイ・ヤング・クラシック」への出場が決まっています。「メイ・ヤング・クラシック」といえば、昨年はカイリ・セインさんが優勝した大会なだけに、イオさんの活躍にも期待が高まりますね。今回はまだアメリカに渡って間もないイオさんに、電話インタビュ―という形でお話を伺うことができましたので、ご紹介したいと思います。

115
みちくさボンバイエ

ボンバイエインタビューVol.20/ASUKA・ヒデオイタミ・中邑真輔

皆さん、こんにちは! 先日のWWE東京公演は素晴らしい大会で、本当に盛り上がりましたね! お客さんもみんなで手を突き上げたり、叫んだり歌ったり。会場の一体感ももの凄かったです。そしてなんと東京公演で来日された際、3人の日本人スーパースターに話を聞くことができましたので、今回はそのインタビューをお届けしたいと思います。このとき、アスカさんとイタミさんはタイトル挑戦直前、真輔さんは足を負傷中という状況でしたが、その時の心境や今後の意気込みなどを伺うことができました。WWEのトップ前線に日本人がいるというのは、日本のプロレスファンからすると、心底喜ばしいですね。それでは、まずはASUKAさんのインタビューからスタートです!

183
宮沢香奈

ロンドンでもパリでもなく、なぜベルリンに魅せられるのか?インタビュー『ベルリンで生きる女性たち』特別編 後編

前回に引き続き、“MAISON EUREKA”デザイナー中津由利加さんをゲストインタビュアーに迎え、私、宮沢香奈へのインタビューを行った。ローカルならではのクラブカルチャーへの感性や実体験、海外で自分の好きなことを実現させるための秘訣など、苦労話も交えて前編よりさらにディープに真剣に語る。

84
宮沢香奈

ロンドンでもパリでもなく、なぜベルリンに魅せられるのか?インタビュー『ベルリンで生きる女性たち』特別編 前編

彼女に初めて会った日のことは鮮明に覚えている。友人が手掛けていたファッションウィークのイベントで、ブラックのプラットフォームパンプスに真っ赤な口紅がとても良く似合っていた。のちに彼女は自身のファッションレーベルMAISO […]

218
宮田維人

#9 世界最大級!ドイツが誇るレゲエフェス「SUMMERJAM FESTIVAL」【LIFE of LONDON】

レゲエミュージックがとりわけ盛り上がりを見せているヨーロッパにはレゲエアーティストばかりが出演する音楽フェスも数多く存在する。
ドイツの西側に位置する都市 ケルンで毎夏に開催されている<SUMMERJAM FESTIVAL>もその一つで、その規模は世界中を見渡しても最大級だろう。

12
ニューエイジトラックメイカー

トラックメイカーはオクトパス

こんにちは初めまして、トラックメーカーのpavilion xoolです。 今回Qeticさんでコラムを書かさせて頂く機会ができましたので、これから音楽の製作やその時代に寄り添うジャンルの変化についてあれこれ綴っていけたら […]

50
#実録りんご音楽祭の裏側(閲覧注意)

ダメじゃないのにダメなふりして許す~♬しぶや花魁 loves metamorphose

今回もマッタリとはじまりました「#実録りんご音楽祭の裏側」(閲覧注意)という連載でございます。駄文を綴らせて頂きますのは、90年代後期に勢いで家出してから夜遊び続けて20年弱…昼夜逆転が逆転すると体調を崩すという、摩訶不思議な生態系に属する「しぶやの女神」(注:ペンネーム)と申します。どうぞ良い距離感での末永いお付き合いを宜しくお願い致します。(注:AB型なので距離感が一番大事)

39
COLUMN

ヨム、ツアーに行く

こんにちは! shiggeです! 今回はヨム(Yesterday Once More/YOM)として3度行ったツアーについてお話ししていこうと思います! 初のレーベルツアー 2013年のレーベル設立からわずか1年で東海地 […]

17
宮田維人

#8 ロンドンから灼熱のロシア ワールドカップへ【LIFE of LONDON】

これまでの人生で後悔していることの一つは、自国開催だった2002年の日韓ワールドカップを観に行かなかったこと。1998年のフランス大会から20年間、ワールドカップはTVで観るものだったのだが遂に2018年 ロシア大会を現地で観戦することにした。
押さえた試合のチケットは日本の第3戦、ポーランド戦。この試合をグループリーグ突破がかかる一番アツい状況で迎えることになるとはそのときは全く思っていなかった。


20
COLUMN

諦めるということ。

私は去年いっぱいで お世話になっていた事務所を離れました。 離れた後、マネージャーさん達を裏切ってしまったという罪悪感と 27という年齢でこれからフリーとして動いていく不安で もう、やっていくのをやめようかな と、悩んだ […]

11
宮田維人

#7.5 ロンドンのニュースター OCTAVIAN 現る【LIFE of LONDON】

ヒップホップ、R&B、レゲエなど、世界中で日々新しい音楽が生まれていく中で、ここロンドンでも新しいアーティストたちが次々と脚光を浴びていく。DRAKEがプロデュースするブランド「OVO」とMIGHTY CROWNのコラボルックブックが発表されたその日、UKツアーでロンドンに滞在していたMIGHTY CROWNのSAMI-T氏と「OVOのショップをチェックしに行こう」ってことで街に向かっていた。

20
宮沢香奈

街中がオレンジに染まるアムステルダムのキングスデー。何やってもOKってどうゆうこと!?

オランダのKing’s Day(キングスデー)を知っているだろうか? 現国王であるウィレム=アレクサンダー王の誕生日である4月27日のことを指し、国を挙げて盛大にお祝いする日である。アレクサンダー王といえば、2013年の国王即位式でトランスの世界的DJ・アーミン・ヴァン・ブーレンがプレイし、その横で踊ったことが記憶に新しいが、ダンスミュージック産業が世界トップクラスのオランダの国王のバースデーとは一体どれほどクレイジーなのだろうか? 首都アムステルダムから現地レポートをお届けしたい。

80
宮田維人

#7 レゲエサウンドシステム MIGHTY CROWN UK TOUR 【LIFE of LONDON】

MIGHTY CROWN。 近年では国内のロックフェスなどにも出演し、ノーボーダーな姿勢で活躍している。 彼らを紹介するのに最も適したフレーズは「最強レゲエサウンドシステム」。
 サウンドシステムとは、文字通りスピーカー […]

46
レイチェルの全然ファイトクラブ

レイチェルの全然ファイトクラブVol.06『ワンダー 君は太陽』の感想

レイチェルの全然ファイトクラブVol.06『ワンダー 君は太陽』の感想

38
みちくさボンバイエ

ボンバイエインタビューVol.19/エル・デスペラード

毎年この時期に開催されるジュニアの祭典<BEST OF THE SUPER Jr.>が開催中。ダゼー・ファンクJr.がエル・デスペラード選手にインタビュー。普段聞けないようなデスペラード選手の考えや、ドラゴン・リー選手との関係、ファンの皆さんが気になっているお勧めのベーグルのお話まで訊いている。

338
音楽を漫画で

【あのMVを漫画で描く】クマに鈴/Ghost Town

【あのMVを漫画で描く】クマに鈴/Ghost Town

70
宮沢香奈

廃墟を撮り続けたベルリンの写真家にインタビュー。消えゆく世界の美しい廃墟に迫る!

廃墟が作り出す芸術に魅了されるようになったのはベルリンに住みだしてからだ。古城の美しさに見惚れるのとはまた違う。朽ち果てたビルの至るところに描かれたグラフィティーはかつての時代には存在していなかった。歴史の産物と現在のストリートアートが共鳴し合う圧巻の世界。その世界を撮り続けている一人の写真家がいる。ベルリン在住の日本人フォトグラファー山田悠人が撮る廃墟は非現実的であり、静寂の中に何とも言えない美を感じさせる。

その集大成として写真集『SILENT WORLD-消えゆく世界の美しい廃墟-』が初出版される。その発売を前にスペシャルインタビューを行った。

286
よっちゃんの海外奔放記

大潜入!フィリピン・セブでリンガム(○丸)マッサージを大調査!

フィリピン・セブと言えば青い海と空に恵まれリゾート地として有名な観光地ですが、夜遊びも活発な街です。今回はアンダーグラウンドの中では人気の高い、リンガム(睾丸)マッサージを大調査してまいりました。

178
#実録りんご音楽祭の裏側(閲覧注意)

今週末は名古屋だってよ!エンリケさん遊びに来ないかな〜♡

さてと、今年もこの季節がやって参りました(本当に久々の更新ですね…もう連載終わったかと思った?大丈夫大丈夫まだまだ終わらないから…苦笑)「#実録りんご音楽祭の裏側」(閲覧注意)でございますが…駄文ならぬ堕レポを綴らせて頂きますのは、90年代後期に勢いで家出してから夜遊び続けて20年弱…昼夜逆転が逆転すると体調を崩すという、摩訶不思議な生態系に属する「しぶやの女神」(注:ペンネーム)と申します。

25
COLUMN

昨日をもう一度…

福岡発・ネットレーベル〈YesterdayOnceMore〉(通称:YOM/ヨム)のコラム連載第一弾。レーベル発足からstarRoやTREKKIE TRAXとの交流、ワールドワイドに活動するまでの系譜をたどる。

103
COLUMN

ノガミカツキの世界のサウナ

健康・美容に効果的と世界でも人気のサウナ。世界中のサウナを訪れるメディアアーティスト・ノガミカツキのコラム第一弾は、カナダ・オタワの混浴サウナ村「nordik spa(北欧サウナ)」を紹介! 日本との違いや、ロウリュウ、独特なアウフグースなど、フィンランド式サウナの実態が明らかに。

38
Advertisement japan_qetic_300x600_summer19_store_omotesando_image01

RANKING

FEATURE

COLUMN

INTERVIEW

Advertisement japan_qetic_300x250_summer19_store_omotesando_image01