•        
plan01_recruit_20170927b

日本時間1月29日(月)に開催されている第60回グラミー賞授賞式の結果を総まとめ! ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)やケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、ルイス・フォンシ(Luis Fonsi)&ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee) feat. ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の“デスパシート(Despacito)”の行方はいかに?

日本時間1月29日(月)に開催されている第60回グラミー賞授賞式の結果を総まとめ! ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)やケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、ルイス・フォンシ(Luis Fonsi)&ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee) feat. ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の“デスパシート(Despacito)”の行方はいかに?!

(1月29日8時30分記) 今回最も注目を浴びていた賞の一つである最優秀ラップ楽曲賞はケンドリック・ラマーの“HUMBLE.”が受賞。カーディ・B(Cardi B)の“Bodak Yellow”やジェイ・Z(JAY-Z)の“The Story of O.J.”、ラプソディ(Rapsody)の“Sassy”、デンジャー・マウス(Danger Mouse)によるラン・ザ・ジュエルズ(Run the Jewels)とビッグ・ボーイ(Big Boi)を客演に迎えた“Chase Me”を押しのけた。

また最優秀ラップ・パフォーマンス賞においても、カーディ・Bやジェイ・Z、ビッグ・ショーン(Big Sean)、ミーゴス(Migos) with リル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)を押しのけて、ケンドリック・ラマーが“HUMBLE.”で受賞。3部門での受賞中。今年はケンドリック・ラマーの年になるのか?!

式が開幕!!

授賞式の幕を切ったのは、ケンドリック・ラマー。

▼RELATED
【グラミー賞速報】ケンドリック・ラマーのパフォーマンスがとにかくヤバい

(1月29日9時50分記) 最優秀ラップ/サング・コラボレーション賞(Best Rap/Sung Performance)を受賞したのはケンドリック・ラマー Feat. リアーナ(Rihanna)で“LOYALTY.”。そして最優秀新人賞(Best New Artist)はアレッシア・カーラ(Alessia Cara)が受賞となった。

(1月29日10時40分記) 最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞(Best Pop Solo Performance)はエド・シーランの“Shape of You”に決定。なお、エドは式を欠席しているそう。

続いてチャイルディッシュ・ガンビーノのパフォーマンスが行われた。チャイルディッシュ・ガンビーノは今年、最優秀レコード賞や最優秀R&Bソング賞(“That’s What I like”が受賞)を含む5つの賞にノミネート。パフォーマンス曲は最新作『Awaken. My Love!』より“Terrified”。白いスーツが超かっこいい!!

ルイス・フォンシ(Luis Fonsi)&ダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)が“デスパシート(Despacito)”をパフォーマンス。ダディーの肉感がすごい。

最優秀ラップ・アルバム賞(Best Rap Album)はケンドリックの『DAMN.』が受賞。これでケンドリックは5冠となった。受賞コメントでは「Jay for President(ジェイ・Zを大統領に。)」と一言。なお、ノミネート数が8部門と最多となっていたジェイ・Zはまだ受賞なしという厳しい状況になっている。

(1月29日11時10分記) デイヴ・シャペルが『The Age Of Spin & Deep In The Heart Of Texas』で最優秀コメディ・アルバム賞を獲得。受賞コメントでは、今回ノミネートされなかったことが大きく話題になったア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)について、彼らのクラシックナンバー“Can I kick it?”の名フレーズのオマージュで「Can we kick it?」と言及した。オーディエンスの反応は賛否両論。

COMPLEXさん(@complex)がシェアした投稿

そしてカーディ・Bとブルーノ・マーズが“Finess(Remix)”をパフォーマンス。MVのコンセプトに合わせた衣装を着用で登場。カーディがめっちゃ可愛い。

続いて、DJキャレド(DJ Khaled)とリアーナ、ブライソン・ティラー(Bryson Tiller)が“Wild Thoughts”をパフォーマンス。

最優秀カントリー・アルバム賞はジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)の最新作『マン・オブ・ザ・ウッズ|Man Of The Woods』より“Say Something”に参加しているクリス・ステイプルトン(Chris Stapleton)が『From A Room: Volume 1』で受賞した。

(1月29日11時50分記) ジャネール・モネイ(Janelle Monáe)のイントロダクションで登場し、パフォーマンスを披露したのはケシャ(Kesha)。シンディー・ローパー(Cyndi Lauper)や ジュリア・マイケルズ(Julia Michaels)、ビービー・レクサ(Bebe Rexha)、カミラ・カベロ(Camila Cabello)、アンドラ・デイ(Andra Day)らが一挙に登場して演奏した曲は“Praying.”。

ロード(Lorde)がドレスに縫い付けていた力強いポエムが話題に。

(1月29日12時00分記) ブルーノ・マーズの“That’s What I Like”が最優秀楽曲賞を受賞。ジェイ・Z……!!(SZAも!!!!)

▼RELATED
ジェイ・Zの最新作『4:44』がとんでもねぇ

U2のメッセージ性が強いパフォーマンス後に、トランプ暴露本『Fire and Fury: Inside the Trump White House.(炎と怒り)』を手にしたDJキャレドがスクリーンに登場。しかしいつも通り騒ぐDJキャレドに、ジェームス・コーデン(James Golden)が「これじゃダメだ! 次!」と言って登場したのはヒラリー・クリントン。

他にもカーディ・Bやシェール(Cher)、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)、ジョン・レジェンド(John Legend)が朗読に登場。カーディは「なんでこんな本(this shit)を読んでいるの?」、「これが彼の生き方なのね?」とコメント。

▼RELATED
U2、グラミー賞でトランプ大統領の人種差別発言を皮肉る、パフォーマンス映像公開!

(1月29日12時35分記) 最優秀レコード賞はブルーノ・マーズの“24K Magic”が受賞。ブルーノ・マーズすごい!!! そしてジェイ・Z……!!!

Unreal!! I love you all!!! ✨

Bruno Marsさん(@brunomars)がシェアした投稿 –

(1月29日13時00分記) 最優秀アルバム賞が発表。受賞作はブルーノ・マーズの『24K Magic』(ブルーノ強すぎる!!!)。最多ノミネートのジェイ・Zは無冠に終わってしまった(『4:44』は本当に素晴らしい作品だった)。

最多受賞はブルーノの6冠、次にケンドリックで5冠。SZAとジェイ・Zには今後期待です!!!!

Album of the Year ‘24K Magic’ by @brunomars

COMPLEXさん(@complex)がシェアした投稿 –

Bruno Mars

最優秀アルバム賞(Album of the Year)

Bruno Mars – 24K Magic

最優秀レコード賞(Record of the Year)

Bruno Mars – “24K Magic”

最優秀楽曲賞(Song of the Year)

Bruno Mars – “That’s What I Like”

最優秀リズム・アンド・ブルース・アルバム賞(Best R&B Album)

Bruno Mars – 24K Magic

最優秀リズム・アンド・ブルース・パフォーマンス賞(Best R&B Performance)

Bruno Mars – “That’s What I Like”

最優秀リズム・アンド・ブルース楽曲賞(Best R&B Song)

Christopher Brody Brown, James Fauntleroy, Ray Charles McCullough II, Philip Lawrence, Bruno Mars, Jeremy Reeves, Ray Romulus, and Jonathan Yip, songwriters (Bruno Mars) – “That’s What I Like”

Kendrick Lamar

最優秀ラップ・アルバム賞(Best Rap Album)

Kendrick Lamar – DAMN.

最優秀ラップ/サング・コラボレーション賞(Best Rap/Sung Performance)

Kendrick Lamar – “LOYALTY.” [ft. Rihanna]

最優秀ラップ楽曲賞(Best Rap Song)

K. Duckworth, Asheton Hogan & M. Williams II, songwriters (Kendrick Lamar) – “HUMBLE.”

最優秀ラップ・パフォーマンス賞(Best Rap Performance)

Kendrick Lamar – “HUMBLE.”

最優秀短編ミュージックビデオ賞(Best Music Video)

Kendrick Lamar – “HUMBLE.”

最優秀新人賞(Best New Artist)

Alessia Cara

グラミー賞 最優秀プロデューサー賞(クラシック以外)(Producer of the Year, Non-Classical)

Greg Kurstin

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞(Best Pop Solo Performance)

Ed Sheeran – “Shape of You”

最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞(Best Pop Vocal Album)

Ed Sheeran – ÷ (Divide)

最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞(Best Traditional Pop Vocal Album)

Various Artists – Tony Bennett Celebrates 90

最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞(Best Pop Duo/Group Performance)

Portugal. The Man – “Feel It Still”

最優秀カントリー・ソング賞(Best Country Song)

Mike Henderson & Chris Stapleton, songwriters (Chris Stapleton) – “Broken Halos”

最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス賞(Best Country Duo/Group Performance)

Little Big Town – “Better Man”

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞(Best Country Solo Performance)

Chris Stapleton – “Either Way”

最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞(Best Urban Contemporary Album)

The Weeknd – Starboy

最優秀トラディショナル・リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞(Best Traditional R&B Performance)

Childish Gambino – “Redbone”

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞(Best Alternative Music Album)

The National – Sleep Well Beast

最優秀ロック・アルバム賞(Best Rock Album)

The War On Drugs – A Deeper Understanding

最優秀ロック楽曲賞(Best Rock Song)

Foo Fighters, songwriters (Foo Fighters) – “Run”

最優秀ダンス・レコーディング賞(Best Dance Recording)

LCD Soundsystem – “Tonite”

最優秀メタル・パフォーマンス賞(Best Metal Performance)

Mastodon – “Sultan’s Curse”

最優秀ロック・パフォーマンス賞(Best Rock Performance)
Leonard Cohen – “You Want It Darker”

最優秀子供向けアルバム賞(Best Children’s Album)

Lisa Loeb – Feel What U Feel

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞(Best World Music Album)

Ladysmith Black Mambazo – Shaka Zulu Revisited: 30th Anniversary Celebration

最優秀レゲエ・アルバム賞(Best Reggae Album)

Damian “Jr. Gong” Marley – Stony Hill

最優秀リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞(Best Regional Roots Music Album)

Lost Bayou Ramblers – Kalenda

最優秀フォーク・アルバム賞(Best Folk Album)

Aimee Mann – Mental Illness

最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞(Best Contemporary Blues Album)

Taj Mahal & Keb’ Mo’ – TajMo

最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム賞(Best Traditional Blues Album)

The Rolling Stones – Blue & Lonesome

最優秀ブルーグラス・アルバム賞(Best Bluegrass Album)(tie)

The Infamous Stringdusters – Laws of Gravity
Rhonda Vincent and the Rage – All the Rage – In Concert Volume One [Live]

最優秀アメリカーナ・アルバム賞(Best Americana Album)

Jason Isbell And The 400 Unit – The Nashville Sound

最優秀アメリカン・ルーツ・ソング賞(Best American Roots Song)

Jason Isbell, songwriter (Jason Isbell And The 400 Unit) – “If We Were Vampires”

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス賞(Best American Roots Performance)

Alabama Shakes – “Killer Diller Blues”

最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム賞(Best Roots Gospel Album)

Reba McEntire – Sing It Now: Songs of Faith & Hope

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・アルバム賞(Best Contemporary Christian Music Album)

Zach Williams – Chain Breaker

最優秀ゴスペル・アルバム賞(Best Gospel Album)

CeCe Winans – Let Them Fall in Love

最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・パフォーマンス/楽曲賞(Best Contemporary Christian Music Performance/Song)

Hillsong Worship; Ben Fielding & Brooke Ligertwood, songwriters – “What a Beautiful Name”

最優秀ゴスペル・パフォーマンス/楽曲賞(Best Gospel Performance/Song)

CeCe Winans; Dwan Hill & Alvin Love III, songwriters – “Never Have to Be Alone”

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞(Best Latin Jazz Album)

Pablo Ziegler Trio – Jazz Tango

最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞(Best Large Jazz Ensemble Album)

Christian McBride Big Band – Bringin’ It

最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞(Best Jazz Instrumental Album)

Billy Childs – Rebirth

最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞(Best Jazz Vocal Album)

Cécile McLorin Salvant – Dreams and Daggers

最優秀インプロバイズド・ジャズ・ソロ賞(Best Improvised Jazz Solo)

John McLaughlin, soloist – “Miles Beyond”

クラシック現代作品部門(Best Contemporary Classical Composition)

Jennifer Higdon, composer (Roberto Díaz, Giancarlo Guerrero & Nashville Symphony) – “Viola Concerto”

最優秀クラシック・コンペンディアム賞(Best Classical Compendium)

Giancarlo Guerrero, conductor. Tim Handley, producer (James Button, Roberto Díaz & Nashville Symphony) – Higdon: All Things Majestic, Viola Concerto & Oboe Concerto

最優秀クラシック・ヴォーカル・ソロ賞(Best Classical Solo Vocal Album)

Nicholas Phan; Myra Huang, accompanist. – Barbara Hannigan (Ludwig Orchestra) – Crazy Girl Crazy

最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞(Best Classical Instrumental Solo)

Daniil Trifonov – Transcendental

最優秀小規模アンサンブル・パフォーマンス賞(Best Chamber Music/Small Ensemble Performance)

Patricia Kopatchinskaja & The Saint Paul Chamber Orchestra – “Death & The Maiden”

最優秀合唱パフォーマンス賞(Best Choral Performance)

Donald Nally, conductor (The Crossing; PRISM Quartet) – “Bryars: The Fifth Century”

最優秀オペラ・レコーディング賞(Best Opera Recording)

Hans Graf, conductor. Hans Graf & Brad Sayles, producers. Anne Schwanewilms & Roman Trekel, soloists (Chorus Of Students And Alumni, Shepherd School Of Music, Rice University & Houston Grand Opera Children’s Chorus; Houston Symphony) – “Berg: Wozzeck”

最優秀オーケストラ・パフォーマンス賞(Best Orchestral Performance)

Manfred Honeck, conductor (Pittsburgh Symphony Orchestra) – “Shostakovich: Symphony No. 5; Barber: Adagio”

最優秀プロデューサー賞(クラシック以外)(Producer of the Year, Classical)

David Frost

最優秀アルバム技術賞(クラシック) (Best Engineered Album, Classical)

Mark Donahue, engineer (Manfred Honeck & Pittsburgh Symphony Orchestra)- ‘Shostakovish: Symphony No. 5; Barber: Adagio

最優秀ニューエイジ・アルバム賞(Best New Age Album)
Peter Kater – Dancing on Water

最優秀楽曲賞映画、テレビ、その他映像部門(Best Song Written for Visual Media)

Lin-Manuel Miranda, songwriter (Auli’i Cravalho) – “How Far I’ll Go”

映画・テレビサウンドトラック部門(Best Score Soundtrack for Visual Media)

Justin Hurwitz, composer – La La Land

最優秀編集サウンドトラック・アルバム賞映画、テレビその他映像部門(Best Compilation Soundtrack for Visual Media)(Various Artists)

La La Land

最優秀ミュージカル・ショー・アルバム賞(Best Musical Theater Album)

Dear Evan Hansen

最優秀スポークン・ワード・アルバム賞(Best Spoken Word Album)(Includes Poetry, Audio Books, & Storytelling)
Carrie Fisher – The Princess Diarist

最優秀トラディショナル・トロピカル・ラテン・アルバム賞(Best Tropical Latin Album)

Rubén Blades Con Roberto Delgado & Orquesta – Salsa Big Band

最優秀リージョナル・メキシカンまたはテハーノ・アルバム賞(Best Regional Mexican Music Album)(Including Tejano)

Aida Cuevas – Arriero Somos Versiones Acústicas

最優秀ラテン・ロック、アーバン、オルタナティヴ・アルバム賞(Best Latin Rock, Urban or Alternative Album)

Residente – Residente

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞(Best Latin Pop Album)

Shakira – El Dorado

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞(Best Surround Sound Album)

Jim Anderson, surround mix engineer; Darcy Proper, surround mastering engineer; Jim Anderson & Jane Ira Bloom, surround producers (Jane Ira Bloom) – Early Americans

最優秀リミックス・レコーディング賞(クラシック以外)(Best Remixed Recording)

Dennis White, remixer (Depeche Mode) – “You Move (Latroit Remix)”

グラミー賞 最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)(Best Engineered Album, Non-Classical)

Serban Ghenea, John Hanes & Charles Moniz, engineers; Tom Coyne, mastering engineer (Bruno Mars) – 24K Magic

最優秀歴史的アルバム賞(Best Historical Album)

Robert Russ, compilation producer; Martin Kistner & Andreas K. Meyer, mastering engineers (Leonard Bernstein) – Leonard Bernstein – The Composer

最優秀アルバム・ノーツ賞(Best Album Notes)

Lynell George, album notes writer (Otis Redding) – Live at The Whisky A Go Go: The Complete Recordings

最優秀ボックスまたはスペシャル・リミテッド・エディション・パッケージ賞(Best Boxed or Special Limited Edition Package)

Lawrence Azerrad, Timothy Daly & David Pescovitz, art directors (Various Artists) – The Voyager Golden Record: 40th Anniversary Edition

最優秀レコーディング・パッケージ賞(Best Recording Package)(tie)

Sasha Barr, Ed Steed & Josh Tillman, art directors (Father John Misty) – Pure Comedy (Deluxe Edition)
Carlos Dussan, Juliana Jaramillo, Juan Martinez & Claudio Roncoli, art directors (Magín Díaz) – El Orisha De La Rosa

最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞(Best Arrangement, Instruments and Vocals)

Randy Newman, arranger (Randy Newman) – “Putin”

最優秀インストゥルメンタル編曲賞(Best Arrangement, Instrumental or A Cappella)

John Williams, arranger (John Williams) – “Escapades for Alto Saxophone and Orchestra From Catch Me If You Can”

最優秀インストゥルメンタル作曲賞(Best Instrumental Composition)

Arturo O’Farrill, composer (Arturo O’Farrill & Chucho Valdés) – “Three Revolutions”

最優秀長編ミュージックビデオ賞(Best Music Film)

Various Artists – The Defiant Ones

最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞(Best Contemporary Instrumental Album)

Jeff Lorber Fusion – Prototype

最優秀エレクトロニック・ダンス・アルバム賞(Best Dance/Electronic Album)

Kraftwerk – 3-D the Catalogue

オフィシャルサイト

plan02_recruit_20170927
船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

ストリート担当のカウパン・チキンです。Stones ThrowなどLA音楽好きが高じて、<Low End Theory>のために渡米しましたが、帰りの飛行機に乗り遅れるぐらいの仕上がりです。編集部では主にお茶を出したり、結露した金属部分を掃除するといった作業に従事しています。あと、漂白剤も扱えたり、紐で大きいものを縛ったり、ゴミ捨ても得意です。将来はOdd Futureに仲間入りするか、Peanut Butter Wolfのようになりたいです。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数