plan01_AHH2017_0523

「ジャズ」や「ワールド・ミュージック」だけにとどまらない多彩な広がりを体感できるイベント、<ジャズ・ワールドビート 2016>が開催される。ジャズの垣根を越えて、様々な音楽シーンとの繋がりを感じさせる人々が集結するこのイベントの見所をまとめました!

ロバート・グラスパーやハイエイタス・カイヨーテらを筆頭にしたヒップホップやR&Bとの融合のみならず、ワールド・ミュージック由来の多彩なビートも飲み込んでジャンルの外側へと進化を続ける現代ジャズの世界。その魅力を体感できる<ジャズ・ワールドビート 2016>が、7月16日(土)にめぐろパーシモンホール(大ホール/小ホールの2会場)で開催されます。このイベントには、「ジャズ」や「ワールド・ミュージック」だけにとどまらない多彩な広がりを持った出演者が集結。今回はその見どころをまとめてみましょう!

畠山美由紀とエミ・マイヤーが共に「ジャズ・スタンダードを歌う」

Emi Meyer – Smile

畠山美由紀 – 『歌で逢いましょう』

メイン・ステージとなる大ホールは1部「スタンダードを歌う」と2部「ワールドビート」の2部構成。1部の「スタンダードを歌う」では、ポップスからジャズまでを横断する2組の歌姫が競演。Port of NotesやDouble Famousのヴォーカリストもつとめた畠山美由紀は自身のソロ楽曲の他、日本の演歌や歌謡をカヴァーした14年作『歌で逢いましょう』を筆頭に国内外の様々なスタンダードも独自の表現で歌ってきた人物。一方、アメリカと日本の血を引くエミ・マイヤーも、プリウスのCMソングとして人気を博した“On The Road”など自身の楽曲のみならず、“Fly Me to the Moon”や“Smile”などスタンダードのレパートリーも豊富。中でもオードリー・ヘプバーンも映画『ティファニーで朝食を』で歌った“Moon River”やルイ・アームストロングの“What A Wonderful World”などは2組に共通するレパートリーでもあって、2人がそれぞれ何を歌うのかも気になるところ。当日はなんと2組のステージ上での共演も予定されているそう。

〜畠山美由紀&エミ・マイヤーの共通レパートリー2曲〜

Moon River – Breakfast at Tiffany’s

Louis Armstrong – What A Wonderful World

キューバ生まれの異能ピアニストと日本屈指のタップダンサーとのコラボも!

Omar Sosa Quarteto AfroCubano

Kazunori Kumagai – Stockholm Tap Festival 2016

そしてメイン・ステージ2部の「ワールドビート」で実現するのは、キューバが生んだエクスペリメンタルなラテン&ワールド・ジャズ・シーン屈指のピアニスト、オマール・ソーサとNYを拠点に活動するタップダンサー熊谷和徳の共演。オマール・ソーサはジャズやラテン、北アフリカのパーカッション、スポークン・ワード的なリリックを融合させる孤高の才人。一方の熊谷和徳はタップの本場アメリカのダンス・マガジンで「世界で観るべきダンサー25人」に選ばれた日本屈指のタップダンサーで、上原ひろみやU-zhaan、DJ Krush、coba、日野皓正らとの共演も積極的に行なっている。2人がステージを共にするのは2014年のブルーノート東京公演以来。どこかスピリチュアルなオマールの音楽と、様々な表情を見せる熊谷のタップは、果たしてホール形式のライブでどんな化学反応を見せるのか? 目にも耳にも刺激的なステージが待っているはずです。

OMAR SOSA & PAOLO FRESU duo with special guest KAZUNORI KUMAGAI : BLUE NOTE TOKYO 2014 trailer

次ページ:注目はメイン・ステージ以外にも! 小ホールにはジャズの精鋭がずらり!

杉山仁

杉山仁

ライター

乙女座B型。07年より音楽ライターとして活動を始め、Hard To Explain~CROSSBEAT編集部を経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。2015年より、音楽サイト『CARELESS CRITIC』をはじめました。こちらもチェックしてもらえると嬉しいです。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数