柳樂光隆

柳樂光隆

音楽評論家/ライター

ジャズとその周りにある音楽について書いている音楽評論家。島根県出雲出身。現在進行形のジャズ・ガイド・ブック『Jazz The New Chapter』監修者。CDジャーナル、JAZZJapan、intoxicate、ミュージック・マガジンなどに執筆。Jose James『Yesterday I Had The Blues』、Snarky Puppy『Sylva』、Kamasi Washington『The Epic』ほか、ライナーノーツ多数。

INTERVIEW

インタビュー | ジャズ・ピアニストの山中千尋が最新作『ユートピア』で挑んだジャズとクラシックの融合

日本が世界に誇るジャズ・ピアニストの山中千尋。2018年11月には同年6月に発売したアルバム『ユートピア』を携えての全国7箇所を回るホール・ツアーを開催する。最新作『ユートピア』の収録曲の中には、今年生誕120周年のジョージ・ガーシュウィンや生誕100周年を迎えたレナード・バーンスタインの曲も収録。今回、アルバム『ユートピア』のコンセプトやフリードリヒ・グルダからの影響、理想とする音楽のあり方としてのユートピアについて語ってもらった。

333
MUSIC

現代ジャズの今が凝縮!ジャズ入門として最適のコンピとは

『Free Soul』シリーズの最新作『Free Soul〜2010s Urban-Jazz』は、ジャズの入門盤としても、現代ジャズの今をチェックしたい方にも最適なガイドとなるはず。

37
plan03_jetstar_20190122