•        
plan01_recruit_20170927

“Born Slipply”が流れた瞬間、足のつま先から音と光が一気に駆け抜けて、そして頭のてっぺんで突き抜けた。我に返り、最前列から後ろを振り返ると、高々と挙がった手と怒号に近い歓声が津波のように押し寄せてきて、その勢いに飲み込まれそうになった。

“Born Slipply”が流れた瞬間、足のつま先から音と光が一気に駆け抜けて、そして頭のてっぺんで突き抜けた。我に返り、最前列から後ろを振り返ると、高々と挙がった手と怒号に近い歓声が津波のように押し寄せてきて、その勢いに飲み込まれそうになった。イギリスが生んだテクノの怪物UNDERWORLDが見せた恐ろしいまでの完璧な歌声とパフォーマンスに身体中が震撼し、その場に平伏したくなるほどの洗脳だった。“キングの姿そこにあり”

ヨーロッパを越え、日本も含む世界中から押し寄せた15000人以上ものオーディエンスによって、大成功を収めた<BERLIN FESTIVAL2015>の現地レポートをお届け!!

究極のパーティーを詰め込んだBERLIN FESTIVAL open-air-stage_1

原点回帰かのような10年目に見せたテクノの集大成

10周年となった今年は、UNDERWORLDをヘッドライナーに、WESTBAM、Marek Hemmann、Richie Hawtinなど、原点回帰ともいえるテクノ色の強いラインナップが詰め込まれた3日間となった。

究極のパーティーを詰め込んだBERLIN FESTIVAL Arena-main-under-world_15

究極のパーティーを詰め込んだBERLIN FESTIVAL Arena-main-under-world_13

世界有数のクラブがいくつも存在し、毎週末、世界各地から訪れる人が後を絶たないパーティーシティーベルリンにおいて、“フェスティバル”というものが一体どんなものなのか正直想像が出来なかったが、良い意味で裏切られたのがこの<BERLIN FESTIVAL>だった。

会場は、ARENA BERLINをメインとし、近隣のクラブやレストランも巻き込んださすがは10周年といった大胆で大規模な作りになっていた。初日となった金曜日の夜は、関係者受付から長蛇の列が出来、ステージはどこもパンパン状態。MAP片手に各ステージ場所やタイムテーブルを確認するだけでも一苦労する広さに圧倒された。

究極のパーティーを詰め込んだBERLIN FESTIVAL play-area_10

ヨーロッパのフェスは、とにかく会場が広く、あちこちにステージが存在し、バーもトイレも充分に用意されておりほとんど並ばない。これが基本であり、そういった余計なストレスがないところが非常に良い。今回の<BERLIN FESTIVAL>においては、まずエントランスからフードコート、出店ブースエリア等へのスロープが長く、とても開放的であった。

フードの種類が多く、ヴィーガン専用やワイン専門などこだわった店もあり、何を食べてもおいしいというのはフェスの醍醐味の1つでもある。

究極のパーティーを詰め込んだBERLIN FESTIVAL Food-zone_2

究極のパーティーを詰め込んだBERLIN FESTIVAL Food-area

次ページ:世界トップを誇るベルリンの音響に悩殺される

plan02_recruit_20170927b
宮沢香奈(Kana Miyazawa)

宮沢香奈(Kana Miyazawa)

フリーランスライター/コラムニスト

長野県生まれ。文化服装学院ファッションビジネス科卒業。 セレクトショップのプレス、ブランドディレクターを経たのち、フリーランスとしてPR事業をスタートさせる。ファッションと音楽の二本を柱に独自のスタイルで実績を積む。2012年頃からライターとして本格的に執筆活動を開始し、ヨーロッパのフェスやローカルカルチャーを取材するなど活動の幅を海外へと広げる。2014年に東京からベルリンへと活動拠点を移す。現在、Qetic,VOGUE,繊研,men's FUDGEなどで連載を持ち、多くのファッション誌やカルチャー誌に寄稿している。また、国内外のカルチャー情報&体験を提供するアクティビティーコマースBANANAにて、現地ガイドを担う。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数