宮沢香奈

【インタビュー】アーティスト長尾洋がコラージュに映し出す人間のルーツ

今回はベルリンを拠点に世界で活躍するコラージュアーティスト長尾洋をゲストに迎え、アトリエにお邪魔してインタビュー。

145
RPR km58
宮沢香奈

RPR SOUNDSYSTEM & Dreamrec来日イベント現場レポ!!

ルーマニアのシーンを伝え続けてきたパーティーの集大成がここに。2017年4月1日恵比寿LIQUIDROOMにて開催されたRPR SOUNDSYSTEM & Dreamrecの来日イベントのレポートを臨場感溢れる写真とともにお届けしたい。インターナショナルでファッション感度の高い人が多かった来場者スナップも是非ご覧下さい!!

142
ATSUSHI
宮沢香奈

【インタビュー】ダンサーATSUSHIがベルリンで語る、”踊る”ということ。

詳しい告知は一切なく、日本であればあり得ないほど小さく狭いライブハウスの、しかもメインゲストでもないイベントのステージに立つ彼らを見た時、生まれて初めて音楽の素晴らしさを知った時のような、もはや言葉になど出来ない感動を覚 […]

951
RPR
宮沢香奈

RPR SOUNDSYSTEM & Dreamrec来日前にどうしても伝えたい!!

RPR SOUNDSYSTEM&Dreamrec来日イベントのニュースは世間を駆け巡っている。今回は、表に出ている情報だけではない、もっと掘り下げた東欧・ルーマニアのシーンを紐解いていきたい。

81
ベルリンで生きる女性たち
宮沢香奈

ベルリンで生きる女性たち Part.3

ドイツ・ベルリンを心から愛し、ファッション、アート、ビューティーの世界で実力を発揮し、たくましく、そして、とても楽しそうに生きている日本人女性二人にスポットを当て、対談形式でインタビュー。

405
宮沢香奈

【スペシャル対談】Kyoka × Takeshi NishimotoがAbleton本社で語る

音楽制作ソフト「Ableton Live」を提供するAbleton(エイブルトン)社で、世界で活躍し2013年には『Lavandula』をリリースしたTakeshi Nishimotoと注目度高まるKyokaとの特別対談。

6
宮沢香奈

【レポート】Floating Pointsらが集結した<Family Reunion>とは?!

パリ発ベルリン拠点のプロモーターJ.A.W設立10周年記念イベント<Family Reunion>。ベルリン、パリで6日間に渡り開催されたアニバーサリーイベントの一部をレポートにてお届けしたい。

0
宮沢香奈

375,000人が証明するダンスミュージックの重要性【ade現地レポートVol.2】

前回に引き続き、<Amsterdam Dance Event>(以下、ade)の現地レポートをお届けしたい。デイプログラムの終わりとともにナイトプログラムがスタートするノンストップフェス。アムステルダムの街中が歓喜に満ちたパーティータイムの模様を写真とともに紹介したい。

0
宮沢香奈

これぞ世界最大!!<Amsterdam Dance Event>現地レポート【Vol.1】

今年もこの季節がやってきた。初めてその地を降り立ったのは3年前、その規模に圧倒され、クオリティーに感動し、自分がとても小さく思えたことを思い出した。街中に掲げられた黄色のフラッグに黒文字のロゴが目に入ると感慨しい気持ちと3年前とは明らかに違う立ち位置でそこに立っていることを実感しながら、足早に目的地へと向かった。世界最大規模のダンスミュージック業界フェス<Amsterdam Dance Event>の現地レポートをどこよりも早く、特集にてお届けしたい。

0
宮沢香奈

今、世界が知りたいルーマニアの魅力<Sunwaves Festival 20>現地レポート

今回で記念すべき20回目を迎えた<Sunwaves Festival 20>の現地レポートを写真とともにお届けしたい。

2
宮沢香奈

世界のレコードショップから知るカルチャーの最前線

これまでにもベルリン、アムステルダムにある一押しのショップを紹介してきたが、今回は、行く度に新しい発見と出会うアムステルダムと、初めて訪れたルーマニアの首都ブカレストから最新スポットをお伝えしたい。

0
宮沢香奈

【インタビュー】”死後100年に残る絵を描きたい” ベルリン在住の油絵画家・星 智に迫る

知人を通して、星 智という1人の画家を紹介してもらった。今回は、ベルリンのアトリエにお邪魔して、対談形式でインタビューさせて頂きました。

0
宮沢香奈

とことんギークでハッピー!!パリ・Weather Festival 2016 現地レポート

先月開催された<Weather Festival2016>には一体どんな思いが込められていたのだろうか。都市型フェスらしい若さとエネルギー、そして、笑顔に溢れていた現地からレポートをお届けしたい。

0
宮沢香奈

【インタビュー】欧州ツアーを終えたDJ Chidaがベルリンで語る

5月1日のメーデーに、<Panorama Bar>にてツアーのフィナーレを終えたChida氏を捕まえて話を聞かせてもらった。そこに立った人間にしか分からない緊張と優越と未来、そして、音楽に対するどこまでも熱い思いを初夏の陽気となったベルリンで語ってもらった。

2
宮沢香奈

ブルックリンからやってきた日本みたいなベルリンのカフェ

「HOUSE OF SMALL WONDER」のランチタイムにお邪魔し、オープンから1年半を迎えた”今”を取材させてもらった。久しぶりの食レポートになります。是非ご覧下さい!

0
宮沢香奈

ベルリンで生きる女性たち【DJ編】

今回は、これまであまり語られることがなかったDJ Anriの素顔にじっくり迫りたいと思う。前回に引き続き、「女性特集」第二弾です。是非ご覧下さい!!

0
宮沢香奈

ベルリンで生きる女性たち【ヴァイオリニスト編】

水面下で熟成させてきた“女性特集”を今こそ決行しようと思う。1人目はプライベートでも親交の深いヴァイオリニストの滝千春さん。なかなか触れ合う機会の少ないクラシックというジャンル、長年の海外生活から見えてくるもの、日本の教育に至るまで、幅広い内容でお届け!

0
宮沢香奈

ベルリンの住めちゃうコンテナスタジオって何!?

旧東ドイツの面影をそのまま背負ったフリードリヒスハインに存在する”コンテナスタジオ”を紹介したい。スタジオと住居も兼ねているという小さなコンテナに暮らす一人の日本人アーティストに密着取材してきた。

0
宮沢香奈

ベルリンの究極が詰まった街フリードリヒスハインを知れ

退廃的な建築に容赦なく描かれた壁画、異様な空気の薄暗いストリート、それだけで構築された荒れ朽ちた街並はまるで生き物のように圧倒的な存在感を放ち、それと同時にとてつもなく美しい芸術でもあった。

0
宮沢香奈

ヨーロッパ発日本人レーベル<Sound Of Vast>に注目!!

ロンドンではレギュラーパーティーのオーガナイズ、アムステルダムではレーベルを発足、現在は東京とベルリンに活動拠点を置く、ヨーロッパ発日本人レーベルという希少な〈Sound Of Vast〉をフィーチャー。どこまでもアクティブな若きオーナーKnock氏が語る。

0
宮沢香奈

レーベルボスAntalが語る<Rush Hour>の威力

今年の夏、アムステルダムの運河沿いのカフェでレーベルオーナーAntalへのインタビューを行った。その時に語ってくれた貴重な内容と共に、音楽好きなら一度は体感すべき<Rush Hour>の魅力をお伝えしたい

1
宮沢香奈

【スペシャル対談!!】文化服装学院でベルリン、東京、メディアについて語る

「ベルリンと東京」、「雑誌の存在意義」という2つのテーマに基づき、90分に及ぶ長いようで短い時間の中で語った内容を要約してお伝えしたいと思う。

0
宮沢香奈

国も音もジャンルレスに渡り歩く、日本人プロデューサーENAに迫る

ベルリンでの<ATONAL>、イタリア・サルディーニャでの<Sun And Bass>を含むEUツアーを終えたばかりのENAをキャッチし、ベルリンの日差し舞い込むカフェでじっくり話を聞かせてもらった。

0
宮沢香奈

怯むほど完璧な世界<BERLIN ATONAL>現地レポート

晩夏と初秋が入り混じる8月後半、5日間に渡り開催された世界のトップアーティストたちによる最大級にして最上級の実験現場<BERLIN ATONAL>の現地レポートをお届けしたい。

0
宮沢香奈

世界の笑顔をお届け!!DEKMANTELレポ第二弾

前回に引き続き、<DEKMANTEL FESTIVAL2015>の現地レポートをお届けしたい。

0
宮沢香奈

爆発的人気!オランダのDEKMANTEL FESTIVAL現地レポート

フェスにはいつもそれまでの経験を上塗りする奇跡の瞬間がある。その時聴いた音は耳の奥に残り続け、その時見た光景は一生記憶されるのだ。昨年以上の盛り上がりを見せた<DEKMANTEL FESTIVAL2015>の現地レポをお届けしたい!

0
宮沢香奈

日本人クリエイターに問う。あなたにとってのベルリンとは?

ドイツの異端児ベルリンに様々な形で関わっている日本人クリエイターたちに「あなたにとって、ベルリンとは?」を聞いてみた。

0
宮沢香奈

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!?

ファッションやアート、IT系のスタートアップなど、他のクリエイティブな分野においてなのだ。確かに、毎日どこかでレセプションパーティーやエキシビジョンが開催され、その数は東京と比例する。もしかしたら、まだ見ぬベルリンカルチャーがどこかに潜んでいるのかもしれない。“今なぜベルリンなのか?”その実態を様々な角度から探ってみた

0
宮沢香奈

海外フェス・スナップ BERLIN FESTIVAL2015編

前回、現地レポートをお届けした<BERLIN FESTIVAL 2015>から、今回は来場者、関係者、出店者など様々な人々をキャッチ! 多種多様なベルリンのフェスとあって、来場者もとてもインターナショナル!

0
宮沢香奈

究極のパーティーを詰め込んだBERLIN FESTIVAL

“Born Slipply”が流れた瞬間、足のつま先から音と光が一気に駆け抜けて、そして頭のてっぺんで突き抜けた。我に返り、最前列から後ろを振り返ると、高々と挙がった手と怒号に近い歓声が津波のように押し寄せてきて、その勢いに飲み込まれそうになった。

0
宮沢香奈

ベルリンの新たなムーブメントは“ノイケルン”で起きている!?

どこへ行っても英語が飛び交い、住んでいる人の多くは若い外国人、新しさと昔の名残が入り混じり、他にはない独特のパワーを感じるNeukölln(ノイケルン)の夜の街を歩きながら、アンダーグラウンドカルチャーで満ち溢れていた80年代を想像した。

143
宮沢香奈

超ディープ!こだわり抜いたベルリンのパーティーに潜入!

今回、友人でもある日本人アーティストたちの協力を得て、いくつかのローカルパーティーの取材をさせてもらった。

0
宮沢香奈

今、世界の胃袋は日本人シェフを求めている!?

[宮沢香奈コラム Vol.27]今回のコラムでは、ただ単に腕が良いと言うだけではなく、アイデアも素晴らしく、心の込もった温かい料理を振る舞う、そんな日本人シェフのいるレストランを紹介。

0
宮沢香奈

“3.11から音楽性がガラリと変わった。”表現者、音楽家Ryo Fujimotoを追う

[宮沢香奈コラム Vol.26]ベルリン在住、ワンアンドオンリーなアーティストを紹介。今回は表現者であり、音楽家であるRyo Fujimoto氏。

0
宮沢香奈

ワンアンドオンリーな生き方から何を感じるか!? ベルリン在住の和彫り師に迫る

[宮沢香奈コラム Vol.25]“取り憑かれるほどの情熱を注げるものに出会えてない人は不幸だ。”極端な発想かもかもしれないけれど、私はそう考える。

0
宮沢香奈

オーナーに直撃! ベルリンのシーンを担うレコードショップ「The Record Loft」とは?

[宮沢香奈コラム Vol.24]“いつもゾクゾクさせてくれる。”そんなレコードショップに出会ったのは初めてだった。

0
12
chelmico 03

RANKING

DAILY

WEEKLY

MONTHLY

Qetic LINE@ 04