ニューエイジトラックメイカー

39
draw by 黒川ナイス
           
  •        
plan01_recruit_20170927

こんにちは初めまして、トラックメーカーのpavilion xoolです。 今回Qeticさんでコラムを書かさせて頂く機会ができましたので、これから音楽の製作やその時代に寄り添うジャンルの変化についてあれこれ綴っていけたら […]

こんにちは初めまして、トラックメーカーのpavilion xoolです。
今回Qeticさんでコラムを書かさせて頂く機会ができましたので、これから音楽の製作やその時代に寄り添うジャンルの変化についてあれこれ綴っていけたらなと思います。
Qeticのスタッフの皆さん、ありがとうございます。

トラックメイカーはオクトパス pav1_pickup0-1200x1200

今の時代はとてもラッキーだ。
ビートルズが使っていた何百万もする機材がVSTならば当時高校生だった僕のお小遣いでも買えた。バンドを組まなくてもいろんな楽器を一人で演奏することができるようになった。
聴いてくださいとビラを巻かなくてもSNS上に音楽をあげれば世界中のあなたたちに音楽を聴いてもらえるようになった、なんならリリースだってアルバムだって一人で作れてしまう。でも単に物事が簡単になって安易になったと言いたいわけではない。

僕は今の時代を勝手に『手放しの時代』と呼んでいる。
というのは、今の時代は言い訳ができないと思うのだ。バンドをやっていてミックスのレコーディング費用がないー! となればdawを学べばいいわけだし、youtubeに立派な先生がいくつもいる。楽器が弾けない~となればmidiで打ち込めばいいわけだしなんでもできてしまうのだ、やりたければやれば?って感じで。
ただコンプレッサーの使い方だったり曲の構成、プロデューション、技術やスキルは昔とほとんど変わらない。どんどん一人でやることや抱え込むことが多い時なのかな? 制限を自分でつけなければ途方も無い大海原へ放り出されてしまう。

昔、例えばゴールデンLPが社長室に飾ってあるようなレーベルが音楽シーンを斡旋していた時代は一つの音楽がパッケージ化されて商品になるまで何人もの人が関わる必要があった。

作詞者、演奏家、作曲者、レコーディングエンジニア、レーベル、販売店、プロデューサー……etc。

昔の本来のトラックメーカーであればrapに必要なビートをmpcなどで打つ人たちのことを指したが今の日本の定義は上のもの全てをやっている人をトラックメーカーと指すのではないか?
すごい自給自足だ、でも楽しいね。

次回は『料理と音楽作りは似てるね』です。
読んでくださった皆さんありがとうございました。
お楽しみに。

pav

トラックメイカーはオクトパス pav1_pickup7-1200x1703

トラックメイカーはオクトパス pav1_pickup8-1200x1600

トラックメイカーはオクトパス pav1_pickup9-1200x1600

トラックメイカーはオクトパス pav1_pickup6-1200x675

トラックメイカーはオクトパス pav1_pickup5-1200x801

トラックメイカーはオクトパス pav1_pickup2-1200x1200

トラックメイカーはオクトパス pav1_pickup11-1200x696

soundcloud

Twitter

spotify

plan02_recruit_20170927
pavilion xool

pavilion xool

トラックメイカー/プロデューサー

東京在住のトラックメイカー/プロデューサー。 海外のチルウェイヴ~フューチャーファンク・シーンに大きな影響を受け、pavilion xoolを始動。ネット上に楽曲をUPするや否や国内外から大きな反響が起こり、海外コレクティヴ〈Sunrise〉 から楽曲をリリースするに至っただけでなく、海外インディミュージックを取り扱う〈Tugboat Records〉初の日本人契約アーティストとなった。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数