plan01_celine-3_20181119

全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン(Wes Anderson)監督が贈る5月25日(金)から日本でも公開中の映画『犬ヶ島』。

今回、3分間の冒頭映像が解禁となりました。

監督の熱い「日本愛」を感じられる冒頭映像解禁! 

本作の監督を務めたウェス・アンダーソンは、実写映画の監督としてハリウッドを代表する実績を誇り、『ファンタスティック Mr.FOX』(11)で世界を驚かせたようにストップモーション・アニメの分野も新たな次元へと導く第一人者です。

日本での舞台挨拶に登場した際には「この映画の日本は僕のイマジネーションで出来ていて、日本の文化や日本の方々、そして何より日本の映画にインスピレーションを受けているんだ。2004年にはじめて来日したとき、本当に日本が大好きになったよ。その時は絶対に日本を舞台に映画を撮りたいという気持ちで日本を離れたんだ。制作が始まった6年前から日本での公開を、皆さんの前に立つこの瞬間を、本当に楽しみにしていた。世界中で一番に来たかった場所だよ」と感無量の想いを語ったように、かねてより日本を敬愛し、日本の文化や映画などから大いにインスピレーションを受けて本作を制作したことを明かしています。

その言葉を裏付けるように本作は冒頭から一気に日本全開で、隅々までこだわりの詰まった神社の境内や神主の仕草、屏風絵のような伝統絵画などとても忠実で真摯に描かれる日本文化と、非常に緻密かつ映画ならではの小気味よいファンタジーも織り交ぜるウェス節が融合した、日本人として心惹きつけられずにはいられない仕上がりとなっています。

日米の錚々たるボイスキャストの名前が英語と日本語の両方で並ぶほか、波打つ革まで表現され迫力たっぷりな和太鼓の演奏シーンも大きな注目ポイントです。

今回公開された3分間の冒頭映像でも、ウェス監督が込めた”日本への愛”があふれんばかりに伝わってきます!! 

あなたもぜひ1時間41分の全編をスクリーンで、心ゆくまで堪能してみてはいかがでしょうか。

『犬ヶ島』冒頭映像

犬ヶ島

大ヒット全国公開中!

監督:ウェス・アンダーソン
キャスト:ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、
フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、
ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ
原題:ISLE OF DOGS
配給:20世紀FOX映画
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
詳細はこちら

髙橋 京太郎

髙橋 京太郎

Qetic編集部

Published on