plan01_recruit_20170927b

PR Presented by mysound

今年、活動2年目を迎えるlovefilmの石毛輝さんと岡本伸明さんが「家事をしながら聴きたい曲」をテーマにそれぞれ5曲ずつプレイリストを作成してくれました。彼らのルーツや、日常生活での音楽の楽しみ方を垣間見えるインタビューとなっています。

mysoundイチ押しのアーティストにテーマに合わせた楽曲をピックアップしてもらい、その曲にまつわるエピソードから本質を掘り下げていくプレイリスト企画。90S’のオルタナティブサウンドを体現するバンドlovefilmから、石毛輝さんと岡本伸明さんが登場。去年、彗星の如く現れた大型新人バンドが結成2年目を迎えて、初となるシングル『Haruka』をリリース。今作は、彼らなりの突き抜けたポップさと豊かな音楽性を更新する名盤だ。すでにFM石川の5月度パワープレイ「HELLO FIVE MUSIC PICK UP」に選ばれるなど、益々の活躍を期待されている2017年要注目なバンド。今回は「家事をしながら聴きたい曲」をテーマに、彼らが日常で聴いている音楽を探っていった。

Interview:lovefilm

男子が家事をする時はテクノが合う?lovefilmが選ぶ“家事をしながら聴きたい”10曲 lovefilm_interview-700x467
L→R : 岡本伸明(Ba,Syn) , 石毛輝(Gt,Vo,Pr)

石毛“昔に作った曲をもう一回、評価されるのは不思議な気持ち”

——表題曲の“Haruka”はthe telephones時代に作った曲なんですよね。

石毛 そうです。3から4年前に“Haruka”を作った時、ノブ(岡本)に聴いてもらったんですよね。僕は作ったことを忘れてたんですけど、1stアルバムのレコーディングをしていたらノブが「前に聴かせてくれた、あの曲良くない?」って言い出して。

岡本 初めて聴かせてもらったのが蕎麦屋で(笑)。1st アルバム『lovefilm』を作っている時、あの曲のことをふと思い出して、みんなにも聴いてもらったら江夏が「コレ、絶対に良い!」って気に入って。

石毛 その時はレコーディングが始まってたから、1stアルバムには間に合わなくて。録音する間にライブで揉んでいったんです。そしたら、スタッフから「この曲を軸にした作品を作ろう」と言われて、俺としては「えぇ!?」って感じで。

——なんで「えぇ!?」って驚いたんですか?

石毛 昔に作った曲をもう一回、評価されるのは不思議な気持ちだったんですよね。それで“Haruka”を軸にどんな3曲にしようか考えていきました。2曲目の“Amamori”は、これからのlovefilmのカラーになるような曲なので入れておこうと。3曲目の“Umineko”は“Haruka”、“Amamori”に対して、ちゃんと意味のある曲にしようと思って作りました。

——プレイリストについてもお聞きしますね。今回は「家事をしながら聴きたい曲」をテーマに挙げてもらいました。1曲目の“Cirrus”はTwitterやコラムでも度々紹介してますね。

石毛 ボノボ(Bonobo)は洗い物をする時によく聴いていて、ミニマルな曲の方がミニマルな動きになって洗いやすいんですよ。

オカモト それはスゲーわかるなぁ(笑)。

石毛 音楽に合わせてね。それだけで洗い物が楽しくなるんですよ。

Bonobo – “Cirrus”

——フェニックス(Phoenix)の“J-Boy”は、5月11日にPVが公開になったばかりですね。

石毛 友達のDJからオススメされて聴きました。これは明るい曲なので、換気をする時に向いてますかね。晴れてる日に聴くことで、より晴れ晴れしい気持ちにさせてくれるというか、「今日は外に出ちゃおうかな」みたいな。

Phoenix – “J-Boy”

——次はガラッと雰囲気が変わった選曲で。

石毛 これは夜にする家事に合いますね。

——夜にする家事って?

石毛 夜ご飯を作る時かな。洒落た盛り付けをしたくなるというか、ちょっとベビーリーフを足す……みたいな(笑)。洋食を作る時に聴いてます。

Robert Glasper Experiment – “I Sand Alone(ft.Common,Patrick Stump)”

——ジェイムス・ブレイク(James Blake)は石毛さんらしい選曲だなって思いました。

石毛 そうですか(笑)。家事じゃないんですけど……家でお香を焚きながら“Retrograde”を聴いて、よくチルアウトしてます。煙たいポスト・ダブ・ステップ的なモノと相性がいいんです。歌を意識して聴かなくてもスッと入ってくるし、家の中の風景を意味のある景色にしてくれて心地いいですね。

ジェイムス・ブレイク – “Retrograde”

——ザ・キュアー(The Cure)は石毛さんのルーツとも言えるバンドですね。

石毛 ザ・キュアーは昔から大好きで、影響を受けたアーティストで5本の指に入ると思います。朝、シャワーを浴びる時に向う側から流れていてほしい音楽です。「よーし、やるぞ!」みたいな。ロバート・スミスが今日も俺に「頑張れ」って言ってくれてるつもりで聴いてます。

The Cure – “Friday I’m in Love”

——続いてはノブ(岡本)さん。コレもらしさを感じるテクノミュージックですね。

岡本 ダスキンをかけるのが大好きで、1日に2回ぐらいやってるんですけど、その時にめっちゃ聴きます。BPM速めなテクノなので、気合いが入るんですよね。

——結構、マメですね。部屋は常に綺麗なんですか?

岡本 床に髪の毛が落ちてると気になっちゃうんですよ。

石毛 プチ潔癖性だもんね。

岡本 ホント、すぐにダスキンをやるんですよ(笑)。そんな時は「0814」をかけながら。あとは洗い物をする時ですね。

石毛 テクノは(洗い物に)相性良いよね。

Satoshi Tomiie – “0814”

男子が家事をする時はテクノが合う?lovefilmが選ぶ“家事をしながら聴きたい”10曲 lovefilm_kimecut-700x467

続きをmysoundで読む!

text&interview by 真貝聡
photo by Naoto Kudo

plan02_recruit_20170927
Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数