開催まで残り80日を切った、2016年7月22日(金)、23日(土)、24日(日)の三日間、新潟県 湯沢町 苗場スキー場で今年も開催される今年も国内最大級のロックフェスティバル<FUJI ROCK FESTIVAL ’16(フジロック・フェスティバル ’16)>。

記念すべき20回目を迎える今年の<フジロック>。オフィシャルショップ「岩盤」によるウェブメディア「富士祭電子瓦版」では、<フジロック>を主催するSMASH(スマッシュ)の代表・日高正博氏のインタビュー「TALKING ABOUT FUJIROCK」の後編が掲載! 今回の後編では、開催地を“苗場スキー場”に移した時の話や、去年なくなった“オレンジコート”についても語っています。

text by Qetic

各界のキーパーソンによって<フジロック>を語り尽くすコーナー「TALKING ABOUT FUJI ROCK」。『富士祭電子瓦版』が立ち上がって以降、大物女優から人気お笑い芸人まで、様々な著名人が登場した本コーナーに、ついに登場するのは……<フジロック>を主催するSMASH(スマッシュ)の代表・日高正博氏! <フジロック>が記念すべき20回目を迎えるということで、「TALKING ABOUT FUJIROCK」特別篇をお届け!

『富士祭電子瓦版』の立ち上げ人であり、<フジロック>オフィシャルショップ・岩盤 / GAN-BANの代表を務める豊間根聡氏が、日高氏の自宅にて、3時間に及ぶインタビューを敢行。これまでお届けした前編・中編では、<フジロック>開催前から、今なお語り継がれている1997年の第一回の<フジロック>、そして会場を豊洲に移した第二回目の1998年の<フジロック>の裏側を赤裸々に語ってもらいましたが、後編では、<フジロック>が苗場に移ることになった裏側、そしていざ苗場に移ってから現在にいたるまでの「フジロック×苗場」のエピソードにフォーカス。さらに今年のラインナップに関しても、ここでしか聞けない話を語ってくれました!これを読まずして、今年の<フジロック>は語れない!

Interview:SMASH 代表・日高正博氏

豊間根 97年初開催の<フジロック>で台風直撃、翌年2回目は東京(豊洲)開催ということで、99年の<フジロック>開催前の段階では、まだ日高さんが考えていた“<フジロック>本来のアイデア”はお客さんには共有されていませんでした。99年、開催地を“苗場スキー場”に移して、ついに日高さんのアイデアは具現化されます。苗場を<フジロック>の会場にしようと決めたのは時期的にいつ頃ですか?

日高 98年にアプローチがあったんだよ。98年の<フジロック>が終わった後、<フジロック>を一緒にやっているホットスタッフ経由で話が来た。というのも、プリンスホテルの親会社、当時の「コクド」っていう会社に堤義明さんていう帝王がいてさ。その堤さんが週刊誌で豊洲(フジロック98’)の写真を見たらしいんだよ。あの時はヘリコプターがいっぱい飛び回って、3万人が集まった凄まじい光景の(空撮)写真が週刊誌なんかに載ったからね。で、どこから聞いたか分からないんだけど、「主催者の日高は、それでも(来年の<フジロック>は)山の中でやりたいと言っている」っていう情報を知ったらしいんだよ。それで、堤さんからプリンスホテル東京本社に「苗場で<フジロック>をやれないか?」という連絡があったらしいんだよね。あの人はもう大変なビジネスマンだから、色んなひらめきがあったんだろうと思うよ。ただこれはもう、鶴の一声だから、社員にとっては。逆らえば全員クビだからね(笑)。それで連絡をもらったんだけど、俺はただ一言「出来ない」と。

豊間根 え!? 最初、日高さんは苗場では「出来ない」という考えだったんですか?

日高 俺は、苗場を含めていろいろ見てきたんだよ。キャンプしながら日本中を回って、何年もかけてね。もし苗場で出来るとしたらスキー場で、しかない。でも、あそこにステージを作ったら5000人しか入らないよ。だから「出来ないよ」と返事をした。それでも向こうからは「そんなこと言わないで、話だけでも聞いてください」と言われたんで、当時原宿にあったコクドの本社ビルに行ったんだよ。それで、彼らから逆プレゼンテーションを受けた。俺はずっと「ありえません」って言っていたけどね。それから一ヶ月ぐらいしてからだな、「こんなにあっさり断わられたんじゃ、堤さんに言えません」と改めて連絡が来た。「クビにされちゃう」と(笑)。とにかく「苗場でもう一度説明会をやるので来て下さい」って言われて、行ったんだよ。でもやっぱりそこでも断ったんだよ。「出来ない、ありえない」ってね。それでも向こうは、(苗場スキー場エリアの)地図を持ってきてプレゼンテーションしてくるんだ。でも担当者は、<フジロック>がどんなものかも知らないんだよ(笑)。彼らは会社に尽くさなきゃいけないから、必死で……。ありがたかったけどね。それで、その地図を見て、俺が「ここ広いな。ここならステージ1個出来るかもな。じゃあ見に行こう」って言ったら、みんな行列でついてくるんだよ(笑)。

豊間根 それであの奥(現在の<フジロック>会場)を発見したんですか?

日高 いや、そのあとだよ。駐車場を見て、あそこにへリポートがあるだろ?「ああ、ここだったら1個ステージが出来るよ。ここだったら2万人か3万人は入るか」なんて言って、パッと横を見たら民家だらけなんだよな、今でもそうだけど。それで「やっぱり出来ねえな、ここでは」ってなった。すると彼らが「駐車場とゴルフ場とテニスコートがあるので見に行きましょう」って言うから、行ったんだよ。それで“グリーンステージ”の場所を見た。今とは全然違うんだよ。木が植わっていて、ゴルフ場だからバンカーがあって、テニスコートがあって、川を渡ったところが(ゴルフ場の)グリーンだった。俺はその場所を見て、イマジネーションしたんだよ。それで「ここだったら出来るよ」って伝えた。メインステージが出来るってね。「でも注文がある。全部ぶっ壊してくれ。そうじゃなきゃ、出来ない。ただ木は切らないでくれ。木は抜いて他の所に移してくれ。芝はそのまま残してくれ」って言ったんだ。

次ページ:(開催)2ヶ月ぐらい前に「新しいステージ作れ」なんて言われたら、誰だってムカッとくるよね(笑)

Published on

Last modified on