plan01_recruit_20170927b

幼い頃からSOUL、R&B、ROCKなどジャンルにとらわれず音楽を聴いて育ち、地元鹿児島のFMラジオが主催する歌のオーディションに参加し見事入賞。2012年に上京を決意し、2014年2月14日、自身初となるデジタルシングル“keep on goin’”を配信リリース。初の配信にしてiTunes R&Bランキング10位を記録する快挙を成し遂げ、今後も注目の中津マオさんにインタビューをしました。

幼い頃からSOUL、R&B、ROCKなどジャンルにとらわれず音楽を聴いて育ち、地元鹿児島のFMラジオが主催する歌のオーディションに参加し見事入賞。2012年に上京を決意し、2014年2月14日、自身初となるデジタルシングル“keep on goin’”を配信リリース。初の配信にしてiTunes R&Bランキング10位を記録する快挙を成し遂げ、今後も注目の中津マオさんにインタビューをしました。

Interview:中津マオ

——シンガーになったきっかけを教えてください。

中津マオ 小さい頃から歌うのが大好きで、マイケル・ジャクソンやアリシア・キーズ、クリスティーナ・アギレラを学生時代はよく歌っていました。大学卒業後、アパレル関係の仕事に就き、ある日地元の鹿児島で先輩にFMラジオが主催する歌のオーディションに誘われオーディションを受けました。1次オーディションを通過し、2次オーディションでは、審査員の方と一般の観覧者100名以上の人たちの前で歌い、その経験から「私には歌しかない。歌と共に人生を歩んでいこう。」と決意しました。この鹿児島でのオーディションがわたしのターニングポイントでしたね。

【インタビュー】中津マオ(mao.)というシンガー。マイケル・ジャクソンに小さい頃から恋してた In170126_nakatsumao_1-700x525

——現在の活動内容を教えてください。

中津マオ 2016年11月11日に初のCDシングル『My R&R Baby』をリリースしたので今はライブハウスなどでのライブを中心に活動しています。『My R&R Baby』はご自身も『ME AND SIX STRINGS』という、やばいアルバムで昨年ソロデビューをした新時代のブルースマン、さいとうりょうじさんに1曲目の“My R&R Baby”と2曲目の“ダンスホール with さいとうりょうじ”を作詞作曲して頂き、3曲目はわたしが作詞、ギターリストの福森慶さんと私で作曲したオリジナル曲“○○良好 acoustic ver.”の3曲入りシングルになってます。会場と郵送限定のシングルになっているので、ぜひLIVEなどに足を運んで頂きGetして頂きたいです!

My R&R Baby/中津マオ

【インタビュー】中津マオ(mao.)というシンガー。マイケル・ジャクソンに小さい頃から恋してた In170126_nakatsumao_2-700x701

——中津さんの歌のスタイルやジャンルとは?

中津マオ 地元ではSOULやR&B系の曲を歌っていて、R&Bシンガーとして活動する事が多かったけど、上京して周りで活躍している歌手の方たちと歌わせていただく機会もあり、わたしはR&Bシンガーというジャンルでカテゴライズしていいのか考える事が多くなったりしたんです。ただ、昨年リリースアウトした『My R&R Baby』をライブ会場で歌うと、聴いてくれるお客さんによって、感想だったり捉え方だったり私へのジャンルのイメージの仕方が様々だったんです。それで何か自分の中のジャンルへの執着が自然となくなっていって。

お客さんの年齢層は幅広くて下は20代から上は60代くらいで、20代からの感想で多いのはR&Bなイメージだったりクールな感じなんですが、5、60代の方たちには、昭和感だったり懐かしさを感じるという感想を言って頂ける事が多くて。国籍/人種もジャンルも違うアーティストの名前があがってくるから「わたし=R&B」という枠はなくなったかな。上京していた頃と音楽のテイストも自然と変わってきていて今回の作品は私の中で一番ポップミュージックなサウンドで、でも私らしさはしつこく出てる作品だと思ってるので 笑。聴いてくれる人が素直に感じてくれたジャンルが、私のジャンルだと思っています。ジャンルに囚われず常に進化したいし、私が影響を受けてきたサウンドをもっともっと出していきたい。色んな意味もこもってますが、ら単純に小さい頃から恋をしていたマイケル・ジャクソンが「KING OF POP」なのでジャンルを聞かれた際はポップスだと言わせて頂いてます 笑。
【インタビュー】中津マオ(mao.)というシンガー。マイケル・ジャクソンに小さい頃から恋してた In170126_nakatsumao_3-700x466

——最近聞いている邦楽・洋楽を教えてください。

中津マオ 日本の曲は、“夜空ノムコウ”の楽曲をSMAPさんに提供した川村結花さんの“遠い星と近くの君”ですね。歌詞が今の自分自身と重ねる部分があって。洋楽は、イギリスのマンチェスター出身のオルタナティブ・ロックバンドのThe 1975(ザ・ナインティーンセブンティーファイブ)の“She’s American”ですね。最近は洋楽はROCK系を聴きますね。あと、(ワンオクロック)ですね。わたし自身彼らの“Whenever you are”をカバーさせて頂いてYouTubeでUPしているのですが、世界でどんどん活躍していくバンドの勢いとTAKA(タカ)さんの音楽に対する姿勢、歌唱力と歌詞力に魅了されて聴いています。
【インタビュー】中津マオ(mao.)というシンガー。マイケル・ジャクソンに小さい頃から恋してた In170126_nakatsumao_4-700x522

——今後の活動予定を教えてください
中津マオ 1月31日(火)に赤坂のアークヒルズのARK HILLS CAFÉで鹿児島出身のアーティストが集まったイベントに参加します。あとは、やっぱりこの曲は中津マオだねって言って頂けるようなオンリーワンな作品を今後もっと作って、たくさんの方に届けたいと思っています!
【インタビュー】中津マオ(mao.)というシンガー。マイケル・ジャクソンに小さい頃から恋してた In170126_nakatsumao_5-700x1050

中津マオ『My R&R Baby』ダイジェスト

EVENT INFORMATION

中園亜美  ★LIVE CIRCUIT★

2017.01.31(火)
OPEN 19:00/START 19:30
ARK HiLLS CAFE
投げ銭制(Tipping)
中園亜美(Sax)、中津マオ(Vo)、Mamino(Vo)、山下健吾(Key)、吉峯勇二郎(B)、福森康(Ds)

※ARK HiLLS CAFEはカフェダイニングになりますので、
1ドリンク1フード以上のご注文をお願いします。
※混み合いました場合は相席をお願いする場合もございます。
予めご了承ください

詳細はこちら

オフィシャルサイトTwitterInstagram

plan02_recruit_20170927
中村ケニー

中村ケニー

コラムニスト

米国マイアミで高校生活を送り、その後、イギリスに移る。帰国後は、土方の仕事をし20歳で上京。上京してからは、海外コスメ販売員として百貨店に勤務。夜は、銀座のオーセンティックなバーと新宿二丁目のゲイバーでチーママとして働く。その後、海外の化粧品や雑貨などを輸入する日本企業に営業企画として勤め、現職の某PR会社に移る。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数