8月10日(土)より東京サンシャインシティ文化会館ビル2階にて、妖怪体感イベント『ゲゲゲの妖怪100物語』が開催中です。そのオープンに先駆けて行われたマスコミの内覧会に「ゲゲゲの女房」こと、漫画家・水木しげるさんの奥様である武良布枝さんと、お二人の長女で、現在水木プロダクションの代表取締役である原口尚子さんが挨拶に登壇、イベント開催の思いを語られました。

「ゲゲゲの女房」武良布枝さん登壇「本人が生きていたら、どんなに喜ぶことでしょう」

このイベントは、水木さんの妖怪世界を体感できるもの。水木さんが書かれた100の妖怪物語を、薄暗く怪しい雰囲気の中で存分に体感できるよう、さまざまな演出が施された展示イベントです。

武良さんは「本人が生きていたら、どんなに喜ぶことでしょう」と、この日を迎えたことに対して感無量の思いを喜びの表情で表されていました。

またイベントの趣旨に関して、原口さんは「水木は、子供のころは妖怪がいっぱいいたけど、それが今は減ってしまったと言っていました。その原因は、電気。電気による明かりが、妖怪の棲む闇を消してしまったから、というのです」と、亡き父の言葉を回想。

そして、このイベントがその消えてしまった妖怪の棲む世界を、さまざまな趣向を凝らして作り上げていることを明かしながら、多くの人に肌で感じてほしいとイベントをアピールされていました。

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_9.jpg-1920x1280

イベント会場では妖気を感じる闇の中で、妖怪たちが迫ってくる「妖気の部屋」や日本の各地に伝わる妖怪たちが現れる「妖怪大迷宮」など、100の妖怪物語を五感で存分に体感することができる展示となっています。

特におススメは、女妖怪たちの怪しくも美しい姿を見ることができる「女妖怪の棲む城」。ここではいくつかの、鏡が貼られていない鏡台、小さな太鼓というセットが置かれており、この太鼓をたたくと女妖怪の怪しい姿が鏡の奥に写るという、妖しさ満点の趣向が凝らされており「女妖怪のおどろおどろしさが存分に表されています」と、原口さんもイチオシポイントをここに与えています。

また、展示の最後には「ゲゲゲの鬼太郎 VR魂の送り火」というVRコンテンツを用意。これは「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ化50周年記念と、Rデジタルアートプロジェクトとのコラボによる作品。ゲゲゲの森に迷い込んだ“あなた”が「目玉のおやじ」に導かれながら、元の世界を目指すというストーリーで、映像は釜山国際映画祭能力招待作品にも選定され、海外でも注目されています。

夏も真っ盛りで、お盆時期も間近と、このシーズンにはピッタリのこのイベント。「ゲゲゲの鬼太郎」を懐かしむ方、「妖怪」で夏を涼みたい方、送り火の幻想に浸りたい方など、誰でもどこか心の琴線に触れるポイントも随所に見られ、是非多くの方に会場に訪れていただきたいスポットです!

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_3.jpg-1920x1280

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_6.jpg-1920x1280

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_1.jpg-1920x1280

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_7.jpg-1920x1280

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_4.jpg-1920x1280

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_5.jpg-1920x1280

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_2.jpg-1920x1280

鬼太郎に会いに行こう!懐かしき夏の日を感じさせる『ゲゲゲの妖怪100物語』 life190813_gegege_main.jpg-1920x1280

EVENT INFORMATION

ゲゲゲの妖怪100物語

2019年8月10日(土)〜26日(月)
東京サンシャインシティ文化会館ビル2階 展示ホールD
東京都豊島区東池袋3-1-4

詳細はこちら

桂伸也

桂伸也

ライター

Published on