plan01_recruit_20181113b

近は洋楽誌も少なくなり、「メインの情報源はインターネット(特にQetic?)」という方が多いはず! その一方、レコードやカセットテープが復活しつつあるのと一緒で、ページをめくる手触りも恋しくなっていたり。でも音楽本となると、なかなか自分好みの一冊に会えなくて……。という声をよく聞くんですよね。

そんなアナタにおすすめの、フレッシュな一冊が5月14日(水)に発売されますよ。その名も「CON-TEXT」! 洗練されたデザインに爽やかな読み応え。海外の最新インディー・ロックを中心に「あたらしい音楽」を「あたらしい視点」で紹介します。鮮やかなヴィジュアル・ページに、独自の切り口で迫ったテキストを添えて、お茶目なコラム・ページをトッピング。さらに、2014年上半期のリリースを整理した200枚超の便利なアルバム・ガイドも収録! 新鮮なセレクトが素敵な音との出会いをもたらすはず。

表紙を飾るのは、<フジロック>出演の決まったアーケイド・ファイアにも参加する孤高のヴァイオリニスト、オーウェン・パレット。ブライアン・イーノが参加した最新作『In Conflict』についてはもちろん、これまでの参加作品からヘアスタイルまで、その歩みを掘り下げています。他にも、注目の女性アーティストをピックアップしつつ、映画やアートワークに関するページも充実。目にも耳にも愉快でフレンドリーな一冊なので、是非チェックすべし!

【CONTENTS】
■THE HORRORS~First Day of Spring
撮りおろしグラビア&インタビュー

■OWEN PALLETT
最新作『In Conflict』を語るインタビュー
全参加作品リスト
本日はどうなさいますか? ヘアカタログ
新作で大活躍! シンセサイザーARP2600の世界
『her/世界でひとつの彼女』

■Huit Femmes~8人の女たち
今もっとも輝いている、才能豊かな女性アーティスト8人に注目。
Sharon Van Etten、tUnE-yArDs、Ramona Lisa、La Sera、Lykke Li、Angel Olsen、Soko、Courtney Barnett

■SOUND AND VISION~インディー・ロックのアートワーク
人目を惹きつけるスタイリッシュなデザインから、商業ベースの作品ではおよそ考えられないアヴァンギャルドなものまで。 趣向を凝らしたアートワークの数々を作家単位で紹介。
Robert Beatty(Oneohtrix Point Never、Real Estate)
Rob Carmichael(Animal Collective、Dirty Projectors)
Daniel Murphy(Secretly Canadian/Jagjaguwar/Dead Oceans)
Brian Roettinger(No Age、Jay Z)
Limited Addiction~デザイナー江森丈晃が提案する、音を目で楽しむいくつかの方法

■MIX UP
エイヴィ・テア(アニマル・コレクティヴ)のホラー映画入門
Pains of Being Pure At Heart×Sloppy Joe
モンチコン的インディー名盤発見隊 too pure編
Twee Grrrls Club C14-MIX TAPE!
ねこみみアンケート Julian Lynch
翻訳力学
マックス・ツンドラの人生相談 etc…

■REVIEW&TWEETS
レコード・ショップ・バイヤー&ライターによる2014年上半期アルバム・レビュー

Release Information

[amazonjs asin=”4401640004″ locale=”JP” title=”CROSSBEAT Presents CON-TEXT (シンコー・ミュージックMOOK)”]

Published on