plan01_recruit_20181113a

2018年9月7日に死去したマック・ミラー(Mac Miller)の死因はコカインとフェンタニルなどの薬物を合わせて摂取したことによるものだと判明したと『TMZ』が報じています・

▼RELATED
マック・ミラーがオーバードーズにより26歳で死去との報道

マック・ミラーの死因は複数種類のドラッグの同時摂取による中毒

ロサンゼルス郡検察局によるとマック・ミラーの遺体から薬物が検出され、複数種類のドラッグの同時摂取による中毒が死因となったようです。

コカイン、フェンタニル、アルコールなど同時摂取によるもので、薬物の過剰摂取事故だと断定されています。

マック・ミラーは発見されたときに跪いた祈るような姿勢をとっており、緊急通報を行なっている間に青白くなっていったこと、鼻筋に擦り傷があり、鼻腔からは血が流れていたようです。

空のアルコールのボトル、向精神薬ザナックス、オキシコドン、ヒドロコドン、ADHD(注意欠陥過活動性障害)の治療薬アデロールのジェネリック薬が寝室から発見。

白い粉の付着した丸められた20ドル札をマック・ミラーの右ポケットから、自宅のスタジオからは白い粉の線が残ったiPad、2袋の白い粉を警察官が見つけています。

マック・ミラーは薬物依存を公言していた

マック・ミラーは9月にお昼頃にサンフェルナンド・バレーの自宅の寝室で亡くなっていることが発見。その際の緊急通報の音声が公開されていました

マック・ミラーは薬物依存に苦しんでいることを公言しており、結果としてアリアナ・グランデ(Ariana Grande)と破局するに至ったと指摘されています。

死因については薬物の過剰摂取による中毒症状である可能性が高いとされていました。

Mac Miller: NPR Music Tiny Desk Concert

▼RELATED
マック・ミラーの不可解な死。緊急通報音声が公開?死因は?

アリアナ・グランデ、元恋人の故マック・ミラーへの思いを綴る。

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on