celine_plan01_20180916

小説・トリッパーでは、2018年6月18日(月)発売の夏号から、尾崎世界観による対談連載が開始される。ミュージシャン、作家として活躍する尾崎世界観ならではの赤裸々な対談となっている。

クリープハイプ、尾崎世界観。加藤シゲアキを初め、様々なゲストとの赤裸々対談を連載! main-3-1200x1699

ロックバンド・クリープハイプのヴォーカル・ギター、半自伝的小説『祐介』の著作など、多面的に活躍する尾崎世界観。その尾崎が、「いま、もっとも気になる人」と対談を繰り広げる新連載。連載タイトルは『身のある話と、歯に詰まるワタシ』。

小説トリッパーでは秋号以降も、『身のある話と、歯に詰まるワタシ』が連載される予定だ。

尾崎世界観プロフィール

1984年、東京生まれ。2001年結成のロックバンド・クリープハイプのヴォーカル、ギター。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。2016年に刊行された初小説『祐介』は、『アメトーーク!』で読書芸人大賞の一つに選ばれるなど、大きな話題となった。著書に『苦汁100%』『苦汁200%』

PRODUCT INFORMATION

小説トリッパー2018年 夏号

2018.06.18(月)
¥1000(tax incl.)

rion-takei

武井理温

Qetic編集部

Published on

celine_plan02_20180916