plan01_recruit_20181113a

『SIN』 (監督:志真 健太郎、主演:栁俊太郎、『失敗人間ヒトシジュニア』 (監督・主演:アベラヒデノブ、中村ゆりか)、 『リンデン・バウム・ダンス』(監督:HAVIT ART STUDIO、 主演:SUMIRE、小川あん) の3篇から成る未来を描いた映画『LAPSE』(ラプス)が2月16日(土)よりアップリンク渋谷にて公開される。

そして、今回SALU書き下ろしの主題歌「LIGHTS」のMVがYouTube上で公開された。

SALU「LIGHTS」

舞台は『LAPSE』内で描かれる未来より、更に先の未来の地球。砂漠で1人、あてもなく歩くSALUの姿が。『失敗人間ヒトシジュニア』の「湯のみ」、『リンデン・バウム・ダンス』の 「フィルムカメラ」、『SIN』のVRゴーグルなど、各作品のアイコンが散りばめられていて、『LAPSE』3篇に続く、新たな物語とも言える内容に。このMVは『リンデン・バウム・ダンス』のHAVIT ART STUDIOが監督を担当している。

今週末の映画公開が一層楽しみになる映像となっているので、映画を鑑賞する前にぜひチェックしておいてほしい。

映画『LAPSE』SALU書き下ろしの主題歌「LIGHTS」のMVが公開 190214_salu_main-1200x1800

▼RELATED
アベラヒデノブ監督とねお&きいたが映画『LAPSE』から紐解く、SNS世代の未来について
中村ゆりか×アベラヒデノブ|オムニバス作品『LAPSE』で表現する“未来への抗い方”とは
SUMIRE×今野里絵インタビュー|オムニバス作品『LAPSE』で表現する“未来への抗い方”とは

LAPSE

2019.02.16(土)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開

「失敗人間ヒトシジュニア」

映画『LAPSE』SALU書き下ろしの主題歌「LIGHTS」のMVが公開 film190214-babel-salu-2-1200x800

クローンと人間が共生する2050年。20歳になった大学生のヒトシジュニアは突然、自分がクローン人間の失敗作なのだと聞かされ、彼女にも振られ、絶望の淵に立たされる。隣に現れたのは美女・初美(ハッピー)。初美も同じく親に捨てられたクローンの失敗作だった。20歳を迎えたクローンは、クローン元の人間に捨てられると国に回収され、破棄されるという。ヒトシジュニアは生きるため、育ての親を殺し戸籍を奪う決断を迫られる

監督・脚本:アベラヒデノブ

出演:アベラヒデノブ、中村ゆりか、清水くるみ、ねお、信江勇、根岸拓哉、深水元基

「リンデン・バウム・ダンス」

映画『LAPSE』SALU書き下ろしの主題歌「LIGHTS」のMVが公開 film190214-babel-salu-2-1200x800

人間が人工知能に医療を委ねている2038年。大学生のヨウは夢を見ていた。人工知能Satiによる延命治療を受ける10年間寝たきりの祖母の若い頃を想像し、一緒に深夜のダンスホールで踊っている夢。そこは彩り豊かな、音楽世界だった。ヨウは何でも分かっているように振舞うSati、それを頼りきっている家族に苛立ちを募らせていた。人工知能の法律改正によって祖母の延命中止が決まると、ヨウは大きな行動に出る。

監督・脚本・撮影:HAVIT ART STUDIO
出演:SUMIRE、小川あん

「SIN」

映画『LAPSE』SALU書き下ろしの主題歌「LIGHTS」のMVが公開 film190214-babel-salu-3-1200x800

政府による教育管理が進んだ2062年。5歳のアマは政府公認の教育機関エルサに呼び出される。
「20年後…アマ君はお母さんを殺す。その確率が高いんだ」
エルサによって見せられたシミュレーションには、犯罪に手を染め、大切な人たちを傷つけてしまう、自分の暗い未来が映っていた。アマは告知された自分の未来に抗いながら、必死に生きていく。友人や親、好きな女性とともに運命は少しずつ変化し、“母を殺す”25歳の誕生日を迎える。

監督・脚本:志真健太郎
出演:栁俊太郎、内田慈、比嘉梨乃、平岡亮、林田麻里、手塚とおる

配給 アークエンタテインメント
製作 BABEL LABEL
上映時間 110分
©BABEL LABEL

詳細はこちら

竹田賢治

竹田賢治

ライター

Published on