Advertisement japan_qetic_1140x180_summer19_logo

ブラックユーモアを得意とする漫画家、駕籠真太郎の過去最大級の展示会が開催される。

1988年のデビュー以降、エロやグロ、更にはSFと多彩な作品を生み出してきた駕籠真太郎。スペインでの受賞歴を持つなど海外での評価も高い。そんな彼の作品群を一同に集めた展示会が開かれる。

展示内容は、駕籠真太郎がこれまでに描いた700枚以上の特殊似顔絵プリントや、自らが監督したショート映像のコレクションDVDなど盛りだくさんの内容となっている。中でも、デビュー以降の約10000枚を可能な限り展示した、モノクロ漫画生原稿は必見だ。

また、単行本各種、同人誌、ミニ画集、ポストカード、クリアファイル、手ぬぐい、ポスターといった物販も充実。駕籠真太郎のこれまでとこれからを味わえるまたとない機会。足を運んでみてはいかがだろうか。

EVENT INFORMATION

駕籠真太郎・奇想大全

奇想漫画家・駕籠真太郎の集大成。エログロの世界を堪能せよ securedownload
2016.01.15(金)-2016.02.15(月)
月~金:13:00~20:00 土日祝:12:00~19:00
オープニングパーティ 2016.01.15(金)19:00~
parabolica-bis(パラボリカ・ビス)東京都台東区柳橋2-18-11
¥500(開催中の展覧会共通)

詳細はこちら

EVENT INFORMATION

駕籠真太郎 トークショー

2016.01.31(日)
17:00〜
前売・予約¥1,500/当日¥2,000
タニノクロウ(庭劇団ペニノ主宰)

・開演時間の15分前からご入場いただけます。
・料金には展覧会入場料が含まれます。
・イベントの日程・料金・内容は変更になる場合もあります。

詳細はこちら

オフィシャルサイト Twitter

edit by Qetic

Published on

Last modified on