アンディ・ウォーホル大回顧展<アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO>が9月17日(土)より京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」で開催。この度、本展のHP内にてアーティストの視点でアンディ・ウォーホルを学ぶ入門編対談コラムシリーズ「Perspective」がスタート。第1回ゲストにはエンドウアンリ(PELICAN FANCUB)が登場した。

シリーズ第1回ゲストはエンドウアンリ(PELICAN FANCUB)

「Perspective」は、<アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO>開催を前に、毎回音楽界で活躍するアーティストたちが、本展の会場である京都市京セラ美術館の土屋隆英山田隆行との対談を通して、それぞれの視点(=Perspective)からウォーホルの魅力を掘り下げるインタビュー企画。本シリーズは、アンディ・ウォーホルについて、知っておけばより深く展覧会を楽しむことができるストーリーや考察を聞き出していく内容に。

第1回では、ゲストであるエンドウアンリ(PELICAN FANCUB)が選んだ“ウォーホルはなぜスターになったのか”というテーマをもとに、ウォーホルをとりまく時代背景やウォーホルにまつわるストーリー、思想など多岐にわたる話題を通してウォーホルの魅力に迫る。

さらに本対談インタビュー企画シリーズは、今後も公式HP内で随時公開されていく予定。なお本展の先行ペアチケットがイープラスにて販売中となっているので、こちらもお見逃しなく。

アンディ・ウォーホル大回顧展<アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO>|入門編対談コラムシリーズ「Perspective」がスタート art220607_andywarhol-01

EVENT INFORMATION

アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO

アンディ・ウォーホル大回顧展<アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO>|入門編対談コラムシリーズ「Perspective」がスタート art220607_andywarhol-02

2022年9月17日(土)~ 2023年2月12日(日)

京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」(京都市左京区岡崎円勝寺町124)

OPEN 10:00~18:00 (入場は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日(但し祝日の場合は開館)、12月28日~1月2日

主催:京都市、アンディ・ウォーホル美術館、ソニー・ミュージックエンタテインメント、MBSテレビ、産経新聞社、京都新聞、WOWOW、FM802/FM

COCOLO

協賛:DNP大日本印刷、アクセンチュア

後援:米国大使館

企画制作:イムラアートギャラリー / ソニー・ミュージックエンタテインメント

公式SNS:@andywarholkyoto

チケットはこちら公式HPコラム記事はこちら