4月8日(月)〜20日(土)まで都内各所にて開催のレッドブルによる都市型音楽フェス <Red Bull Music Festival Tokyo 2019>。

本イベントでは、日本を代表する由緒ある庭園「浜離宮恩賜庭園」、都内最大級の屋内ローラースケートリンク「東京ドーム ローラースケートアリーナ」、日本伝統文化を発信する「セルリアンタワー能楽堂」、東京を代表する文化施設「Spiral Hall」、都内某所のウェアハウスパーティなど、芸術性と創造性に富んだ7つのイベントが用意されている。

そんな<Red Bull Music Festival Tokyo 2019>では音楽やロケーションのみならず、伊藤ガビンが率いるクリエイティブエージェンシーBoctok(ボストーク)を迎えた、気鋭の作家たちが手掛ける各イベントのアートワークも注目されている。

こうしたイベントビジュアルの数々の作品を、ただイベントビジュアルや広告にするだけではもったいないという想いから、<Red Bull Music Festival Tokyo 2019>期間中の4月8日(月)〜14日(日)まで「スパイラルエスプラナード(スパイラル M2F)」にて作品の展示を行う入場無料のアートエキシビションが開催されることに。

気鋭の作家たちによる数々のアート作品

実験的手法を用い、東京の姿を浮かび上がらせた小山泰介によるメインビジュアルや、注目の若手作家・平田尚也がネット上の3Dデータや画像データを用いて構築した仮想空間内の立体彫刻。

さらに、ユーモラスかつファッショナブルな画風のイラストレーター、牛木匡憲が描いたローラースケートディスコに、宙吹きと呼ばれる手法でガラスのオブジェを制作している高橋漠による、高層ビル群の中にある日本庭園を想起させるような作品など多数展示される予定だ。

気鋭の作家たちが各イベントを独自の解釈で表現したアート作品の数々。ぜひこの機会にレッドブルの創造力に五感を研ぎ澄ませて刺激を受けてみてはいかが?

<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019>、イベントビジュアルを手掛けた気鋭の作家8名のアート展を同時開催! art190403_redbullmusicfestivaltokyo_1-1200x799

<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019>、イベントビジュアルを手掛けた気鋭の作家8名のアート展を同時開催! art190403_redbullmusicfestivaltokyo_2-1200x799

EVENT INFORMATION

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019 アートエキシビション

<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019>、イベントビジュアルを手掛けた気鋭の作家8名のアート展を同時開催! art190403_redbullmusicfestivaltokyo_3-1200x600

2019年4月8日(月)〜14日(日)
11:00〜20:00
スパイラルエスプラナード(青山/スパイラル M2F)
入場無料

LINE UP:小山泰介(写真家)、平田尚也(アーティスト)、マッチロ(イラストレーター/漫画家) 菅野創+やんツー(アーティスト)、磯部昭子(フォトグラファー) 坂脇慶(アートディレクター)、牛木匡憲(グラフィックアーティスト)、高橋漠(ガラス作家)

詳細はこちら

竹田賢治

竹田賢治

ライター

Published on