豪快にして大胆、下ネタとユーモア精神にあふれ、何より美味しいものと、毛深い家族をこよなく愛していた。ロシア語会議通訳、エッセイスト、作家として活躍した米原万里。今年5月25日(水)で、亡くなってちょうど10年経ちます。決して長くはない56年の生涯に書かれた著作は熱狂的なファンが多く、今も広く読まれつづけています。

著作のあるKADOKAWA・集英社・新潮社・筑摩書房・中央公論社・文藝春秋(五十音順)では共同で没後10年フェアを開催中。新刊では盟友・佐藤優編纂の『偉くない私が一番自由』(文春文庫)や代表作を選りすぐった『米原万里ベストエッセイI・II』(角川文庫)、さらに待望の復刊となる『他諺の空似』(中公文庫)をはじめ、各社一押しの作品に特別帯を巻いて各書店で展開。

下ネタとユーモア精神にあふれ、何より毛深い家族をこよなく愛した女 art160515_yoneharamari_3

下ネタとユーモア精神にあふれ、何より毛深い家族をこよなく愛した女 art160515_yoneharamari_2

さらに5月20日(金)からは、都内では初となる回顧展が八重洲ブックセンター本店で開催! その才能と人柄を偲び、米原万里の生涯と作品を辿ります。また特別催事として、21日(土)は佐藤優、22日(日)には『姉・米原万里』を刊行したばかりの井上ユリによるトークショーが決定。門外不出のエピソードが聴けること必至の貴重な機会をお見逃しなく。

EVENT INFORMATION

米原万里没後10年 回顧展

2016.05.20(金) – 05.25日(木)
10:00 – 20:00
八重洲ブックセンター本店8階特設会場

※初日2016.05.20(金)は19時終了。
※特別催事開催中(2016.05.21(土) 13:00 – 16:00/2016.05.22(日) 13:00 – 16:00)は、 企画展は閉場します。

詳細はこちら

edit by Qetic

Published on

Last modified on