COLUMN

15
official
           
  •        
plan01_recruit_20170927

こんにちわ! shiggeです! 今回は我らが103i(トミー)が福岡時代から開催していた<Summer War Game(#SWG/#サマウォ)>開催直前スペシャル! Summer War Game 01 初の開催は2 […]

こんにちわ! shiggeです! 今回は我らが103i(トミー)が福岡時代から開催していた<Summer War Game(#SWG/#サマウォ)>開催直前スペシャル!

Summer War Game 01

初の開催は2013年。たしか僕がレーベルを立ち上げてすぐだったのを記憶してます。インターネットと連動した面白いパーティをやってる若い子がいるから遊びに行こう! と友達に誘われていきました。クラブの扉を開けてかなり衝撃を受けました。

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_1-1200x1671
Summer War Game01のフライヤー。だいぶ攻めた、気合いの入ったフライヤー!

BPM早めの音楽にガン踊りする、いかにも文科系な男の子と女の子たち……プロジェクターから映し出したビット粗めのゲームのような映像がブースを破壊するかのように叩き流され……。

人を見た目で判断するのはどうかなと思うんですが、空間にいる人間と、その空間が表現していたもののギャップが当時の僕からすると新鮮とか斬新とかそういった類のものではなく、明らかに狂気をはらんだ恐怖心のような感情になったことを今でも鮮明に覚えています(笑)。

とゆうのも僕はもともとゴリゴリのヒップホップ畑のイベントばかり出ていたので、パーティにくる人たちといえば、基本男、ダボダボのデニムにスケシュー、キャップを目深にかぶるがドレスコード、そしてガン踊りはせず音楽は首で感じる! みたいな感じだったので、カルチャーショックに近い形で記憶に残っています。

たしか、その時にバタバタとしている103iを紹介されたと思います。それが初めましてでした。

まさか今なぜか僕がこのイベントの続きを語っているとは、当時は想像もしていませんでした……。

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_2-1200x900
イベント風景

Summer War Game 02

第1回開催から1年の沈黙を破り2014年に2回目が開催されました。

そもそも#サマウォとはなんぞや? って方に、以下HP引用。

soundcloud, bandcamp, Twitter, Tumblr, Instagram etc…
インターネット上で音楽やグラフィック、偶像や思想を発信し続けるプレイヤーが集まり、情報や価値観を共有出来る、目に見えて聴けて触れられる、福岡に毎年夏にだけ現れる誰でもアクセス可能な仮想空間こそがSUMMER WAR GAMEです。
アニメ作品のデジモンで言うデジタルワールド、サマーウォーズで言うOZをイメージし、プレイヤーは実際に足を運び(アクセス)、参加(ログイン)し情報や価値観を取り入れ(ダウンロード)、現実世界で見えない敵(ストレス社会)と戦う為の武器(メモリー及びコネクション)を手に入れる事が出来ます。
新たな出逢いを、オンラインを通り越したオフラインで。 SUMMER WAR GAMEにアクセスする事が、あなたの冒険の糧になりますように。

引用元:公式HP

なんとも興味がそそられると思いませんか?(笑)

とりあえずきてみらんね? ってことです!(笑)

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_3-1200x1643
Summer War Game02のフライヤー

いや ~懐かしい!
今この面子が一同に介することはもうほとんどないのでは? というより、当時でも、この時インターネット上で話題をさらっていた面子ばかりだったので、103iくんの人望の厚さがなせる技だなとしみじみ感じます。

そしてなによりすごいなと感じた部分としては、このパーティを楽しみにして来られたお客さんが九州だけでなく、全国各地から来られていたことです。

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_4-1200x900
第2回SWGのイベント風景

この時特に考えていたのは、東京一極集中に対する違和感です。
東京に住まわれている方には、とんでもない言いがかりだ! と反論が聞こえてきそうですが、東京に対するネガティブな側面というよりも、地方都市ならではの、いわゆる、お上のいうことは絶対。に近い、東京での評価が絶対といった考え方が地方には染み込んでいます。もちろん西日本随一の田舎都市こと福岡も例外ではありません。

なにかを発信したりパーティをすることにおいて、『東京の◯◯』とか『東京で話題の~』とか、そういった触れ込みに対してローカルのアーティストはただのお飾りです。もちろんここで完全に否定したいのは東京のあり方とか、東京のアーティストの方々ではなく、地方都市に蔓延するこういった『スタンス』なんです。

しかし103iくんが1年間魂を注いだこの#SWG02
インターネットを介せばそんなこと関係ない。
それを体現し大きく飛躍させたということです。
これは僕がレーベルを運営していくにあたって大きな学びでありました。

各都市からやってきたアーティストのパフォーマンスもカッコよくて、僕らの音楽的にも大いに刺激的なもでした! 

また1年後の開催に胸を躍らせました!

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_5-1200x774
イベント翌日 再会を約束して……。 

Summer War Game 03

2015年に第3回目の開催となった#SWG03
過去最高の規模!
過去最高のラインナップ!
過去最高のカオスさ!(笑)
そしてなによりの目玉が2.5Dの生中継が行われたことでした!

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_6-1200x1697
イベントフライヤー

当日は僕らは現実世界でパーティを楽しんでいたので、生中継の動画データを後日拝見しましたが、正直当時は中継に関しては懐疑的だったんですよ(笑)。とゆうのも、できれば画面の前におらんで、遊びこんかい!! みたいなスタンスだったんですよ……。
しかし! 
送られた動画をみて感動しました。
何箇所にも設置したカメラから現場の熱気が100%届けられていました。
そして熱気以上に詳細かつ繊細に届けられていたのが、サマウォを象徴する『夏のエモさ』。これが余すことなく、カットされることなく生中継されていたんだと思うと、本当に、デジタル(インターネット)とアナログ(現実)の境界線がなくなってしまっていたなと感じました。
現場か配信か。どちらで体感するかだけの違いしかない。
この企画は僕らの中でも本当に伝説的に最高にクールで、最高にエモい夏でした。

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_7-1200x803
イベント風景 ステージから
あの夏をもう一度……。 yom_column_3_8-1200x900
イベント風景 フロアから
あの夏をもう一度……。 yom_column_3_9-1200x900
感動のフィナーレ……。

その後103iくんは突如風来坊とかします。
僕らの前から消えたり現れたりするようになりました。

2016年夏。

2017年夏。

彼は夏を失くしたのかなと思っていた2018年 1月!
突如103iくんから連絡がありました……。

Summer War Game continue。

大復活! Summer War Game continue !!!!!

2018年 8月12日(日)!!!! 
2年の空白期間からまた#サマウォが帰ってきます!

平成最後の夏! 
一生に1度きりの夏! 
ぜひ体感しに来てください!

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_10-1200x1200
こちらが #SWGcontinue のイベントフライヤー!

詳細はこちらから!

そして103iから#サマウォを体験しようと思っているみなさんにあてたコメントをいただいてます!! 

あの夏をもう一度……。 yom_column_3_11-1200x1054
103i直筆!(笑) 

EVENT INFORMATION

SUMMER WAR GAME continue


2018.08.12(日)

OPEN 12:30 START 13:00
 CLOSE 22:30
渋谷LOUNGE NEO
ADV¥3000+1D/DOOR¥3500+1D

【LINEUP】
1hr (103i×Hercelot×Redcompass)

5elfchina5y5tem

963

abelest

VDIDVS

AMUNOA

ass

FIREMJ

Gigandect

彼女のサーブ&レシーブ

kenichiro nishihara × ケンモチヒデフミ

lee (asano+ryuhei)
with HNC

Miyabi

neshizuku



Omodaka

Pavilion xool

ryuzk

soejima takuma × takeshi fuwa

テクの幸太朗
Tomggg
CREW

YesterdayOnceMore CREW
【VJ】

maru303

onnacodomo(オンナコドモ)
植物デコ

アレキサンダージュリアン
…and more!!!

チケットはこちら

plan02_recruit_20170927b
yesterday once more

yesterday once more

ネットレーベル

福岡発ネットレーベル。DJ/プロデューサー/ディレクターなどで構成された、大人の男の風情を感じる集団。不定期で音楽関連作品をリリース。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数