Netflixで2月2日(金)より全世界同時オンラインストリーミングされるサイバーパンクの傑作小説を原作としたNetflixオリジナルドラマ『オルタード・カーボン

『オルタード・カーボン』の舞台は、300年後の未来……

『オルタード・カーボン』の舞台は、300年後の未来。人間の心がデジタル化された世界では、“スタック”に保存した心を新しい身体(スリーヴ)に埋め込むことで、肉体の乗り換えが可能となっている世界です。

主人公は、ジョエル・キナマン演じるタケシ・コヴァッチ。新たなスリーヴにスタックを埋め込まれ、数世紀後の世界に生き返ったコヴァッチは、資産家であるローレンス・バンクロフト(ジェームズ・ピュアフォイ)の殺人未遂事件の真相を追うことになります。何度も生き返ることが可能な世界で、誰が、なぜバンクロフトを狙ったのか、そしてコヴァッチの隠された過去とは?

原作はリチャード・モーガンによるSF界の大文学賞フィリップ・K・ディック賞を受賞した同名小説であり、“『ブレードランナー』を超えるフューチャー・ノワールの傑作”とも称される、近未来SFサスペンスアクション超大作です。

ジョエル・キナマン、はジェームズ・ピュアフォイなど個性派キャスト勢揃い

タケシ・コヴァッチ役は『ロボコップ』、『スーサイド・スクワッド』をはじめ、ヒットドラマ『THE KILLING 〜闇に眠る美少女』の刑事役でも注目を浴びた北欧イケメン俳優のジョエル・キナマン。

またコヴァッチを雇う大富豪バンクロフト役はジェームズ・ピュアフォイなど個性派キャストが揃います。

公開された予告映像では、その斬新な設定や銃撃戦、壮絶なバトルアクションなど独特の世界感を垣間見ることができ、謎が謎を呼ぶドラマにも期待が高まります。

その壮大な世界感ゆえに映像化は不可能と言われてきた本作。『ストレンジャー・シングス 未知の世界』、『The OA』、『ブラック・ミラー』などでSFファンから熱い支持を受けるNetflixオリジナルドラマシリーズとして、奇跡の映像化が実現。

2月2日(金)全世界同時配信開始に注目が集まります!

Netflix最新作『オルタード・カーボン』2月2日配信!フィリップ・K・ディック賞受賞サイバーパンクの傑作小説原作! film180131_alteredcarbon_3-700x346

Netflix最新作『オルタード・カーボン』2月2日配信!フィリップ・K・ディック賞受賞サイバーパンクの傑作小説原作! film180131_alteredcarbon_2-700x467

Netflixオリジナルドラマ『オルタード・カーボン』

2月2日(金)より全世界同時オンラインストリーミング

詳細はこちら

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on