FILM

3
©久保帯人/集英社 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会

『週刊少年ジャンプ』で2001年から連載を開始し、全74巻でシリーズ累計発行部数9000万部を超え圧倒的人気を誇るコミック『BLEACH』。本作は、高校生が死神になるという斬新な設定と、二次元の枠を超越したアクションで世界中から圧倒的な支持を集めている。

待望の実写化、朽木ルキア役は杉咲花に。

『BLEACH』は今夏、『アイアムアヒーロー』で<世界三大ファンタスティック映画祭>で受賞した佐藤信介監督がメガホンをとって待望の実写化となることが決定。主人公・黒崎一護役を福士蒼汰がつとめることはすでに発表されているが、物語のキーパーソンである朽木ルキア役を杉咲花が演じることが発表され、それに伴い新しいビジュアルが解禁となった。

杉咲花が死神に!福士蒼汰主演の実写映画『BLEACH』朽木ルキア役のビジュアルが解禁に film180206_bleach_1-700x982

今回解禁となったビジュアルには、普通の女子高生姿のルキアと、死神の姿のルキアが。死神姿のルキアは、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊と戦うための武器である、死神だけが使うことができる刀の斬魄刀(ざんぱくとう)を握りしめ、凛々しくこちらを見つめている。ビルの高さほどもある強大な虚(ホロウ)とも戦う死神だがどんな困難な戦いでも、信念を貫こうとするルキアの意志の強さを見事に表しており、ごく普通の女子高生姿のルキアと、対照的なビジュアルとなっている。

佐藤信介監督「杉咲花はルキアにしか見えなかった」

杉咲はルキアを演じるにあたって「ルキアという逞しく純粋な死神を自分が演じさせていただけるからには、原作を何度も読み返しアニメも観させていただき、自分なりにルキアを調べて役づくりさせていただきました。」と、コメント。『無限の住人』でも共演した福士との共演については、「福士さんとは、これまで他の作品で何度か共演させていただいたので、初日から安心して撮影に臨むことができました。今回、人間、死神という役柄の中、一護にもルキアにも心がある、ということを台本を読んで感じました。お互いの存在がお互いを生かし合い、強くなっていく一護とルキアの二人が、大好きになりました。福士さんが一護だったからこそ、そう感じることができたのだと思います。」と、福士との共演について語った。

映画については、「私が現場で実際に感じた2人の友情は、きっと観てくださる方々の胸に響くような作品になっているのでは、と思っています!」と太鼓判を押した。

「ルキアは死神であり、人間ではないキャラクターです」と語る佐藤信介監督は、「こうした異世界感が感じられるキャラクターを演じるというのも非常に難しいと思うのですが、杉咲さんはとても慎重かつ丁寧に、一方で大胆に、この役を演じられました。撮影現場でも、杉咲さんはルキアと表裏一体。表情、立ち振る舞い、話し方など、ルキアにしか見えなかったです。和装に身を固め、刀を持ち、黒髪をまとめたその姿は、勇ましくもあり、凛々しくもあり、そして何よりも愛くるしいほどキュートでもありました。杉咲さんにしか演じられない、人間味あふれる死神、ルキアの活躍を是非、劇場で楽しんでいただければと思います」と、杉咲演じるルキアに自信をのぞかせた。

映画の撮影は2016年9月から始まり、2016年11月にクランクアップしたが、CGを1年以上かけて作り上げているらしいためまだ全容は不明だが、大ヒット作を連発している佐藤監督が虚(ホロウ)と死神の戦いをどのように描いているのか。本作の今後の続報にもますます期待が高まる。壮大なスケールで描かれるバトルアクション大作『BLEACH』は7月20日(金)、全国公開。

映画『BLEACH』

7月20日(金) 全国ロードショー!

福士蒼汰 杉咲花
監督:佐藤信介 脚本:羽原大介 佐藤信介 音楽:やまだ豊 
原作:「BLEACH」久保帯人(集英社ジャンプ コミックス刊 )  
製作:映画「BLEACH」製作委員会  制作プロダクション:シネバザール 
配給:ワーナー・ブラザース映画
©久保帯人/集英社 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会

あらすじ
この作品は、霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(くろさきいちご)が、ある日突然現れた死神と名乗る・朽木(くちき)ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。杉咲花が演じる朽木ルキアは、人間を襲う悪霊:虚(ホロウ)を唯一斬ることができる死神という存在。黒崎一護に死神の力を渡したことからその力を失い、普段は普通の女子高生の姿に身を扮し、一護と行動を共にしながら次第に心を通わせていく。

詳細はこちら

edit by Qetic・ヤーマネ

ヤーマネ(Yuka Yamane)

ヤーマネ(Yuka Yamane)

ライター/エディター

Published on