全世界で大ヒットした映画『グランド・ブダペスト・ホテル』を手掛けたウェス・アンダーソン監督が贈る、映画『犬ヶ島』が5月25日(金)に日本で公開される。

それに伴い、漫画『ドラゴンヘッド』『バタアシ金魚』『ちいさこべえ』などで知られる漫画家・望月ミネタロウによる、本作『犬ヶ島』のアナザーストーリーが週刊モーニングにてマンガ版『犬ヶ島』の連載をスタートすることが決定した。

望月ミネタロウ描く漫画版『犬ヶ島』とは?

今回、望月ミネタロウによって週刊モーニングの特別連載で描かれるのは、映画でも活躍する主人公のアタリと5匹の犬たちによって紡ぎ出されていくアナザーストーリー。

日本にたっぷりの愛とリスペクトを捧げるウェス・アンダーソンによって生み出されたユニークでアーティスティックな『犬ヶ島』の世界を舞台に、望月ミネタロウならではのセンスによって繰り広げられていく今回の特別連載は、漫画ファンのみならず、映画ファンも必見の仕上がりになること間違いないだろう。

本連載は、映画の公開前日の5月24日(木)発売号より3回の予定で掲載されることが既に決定している。

望月ミネタロウの独特タッチのイラストが到着!

週刊モーニングでマンガ版『犬ヶ島』連載開始決定!漫画家・望月ミネタロウによるオリジナルイラスト到着!! film180420_inugashima_01-1200x1701

愛犬スポッツの行方を捜して遠くを見つめるアタリと、大好きな飼い主アタリの迎えを信じて忠実な眼差しでこちらを見つめるスポッツ、そして “ドッグ病”に感染された犬たちがさまよう“犬ヶ島”の殺伐とした様子がインパクトたっぷりに表現された本イラスト。

望月ミネタロウの特徴ともいえるしっかりとした太い線で描かれたキャラクターたちの姿からは早くも望月ワールドの片鱗が垣間見え、5月に控えた連載スタートにますます期待が高まる。

ウェス・アンダーソン監督による漫画版『犬ヶ島』へのコメントが到着!!

「『犬ヶ島』は“現実には存在しないマンガの翻案”として思いついた映画でした。そして今、素晴らしき望月ミネタロウさんが私たちのためにそれを現実のものにしてくれました。私たちは望月さんの作品を世界に贈り出すことを本当に嬉しく思っています」とコメント。

ハリウッドの天才監督と世界で高く評価される日本の大御所漫画家の夢のコラボレーションが果たされる両作を是非チェックしてほしい。

犬ヶ島

2018年5月25日(金)公開!!

監督:ウェス・アンダーソン
ブライアン・クランストン、ランキン・こうゆう、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ
詳細はこちら

Published on

Last modified on