•        
plan01_recruit_20170927

自由で堅物で一匹狼、90歳の頑固じいさんラッキーを演じるのは、2017年9月に亡くなった名優ハリー・ディーン・スタントン。『パリ、テキサス』、『レポマン』、『ツイン・ピークス』、『エイリアン』など 200本以上の映画に出演しているが、そのほとんどが傍役。1977年『傍役グラフィティ現代アメリカ映画傍役時点』にて「しょぼくれハリー」と名付けた評論家の川本三郎氏をゲストに迎え、スタントンの魅力や映画の見どころを解説。

映画『ラッキー』の公開を記念し、代官山蔦屋書店のレギュラーイベントの一つ<>とのコラボイベントが3月9日(金)代官山蔦屋書店にて行われた。

自由で堅物で一匹狼、90歳の頑固じいさんラッキーを演じるのは、2017年9月に亡くなった名優ハリー・ディーン・スタントン。『パリ、テキサス』、『』、『』、『エイリアン』など 200本以上の映画に出演しているが、そのほとんどが傍役。

1977年『傍役グラフィティ現代アメリカ映画傍役時点』にて「しょぼくれハリー」と名付けた評論家の氏をゲストに迎え、スタントンの魅力や映画の見どころを解説した。

、映画映画の魅力を力説

川本氏は「正直な話、観る前はあまり期待してなかったんですよ(笑)。主役のスタントンは90歳近くの老人だし、監督は俳優出身のジョン・キャロル・リンチで、初めての監督作品だし。でもね、観たら実に素晴らしくてね」と話す。

映画『ラッキー』公開記念イベントで川本三郎が絶賛!絶対見て損はない映画と豪語! film180313_lucky_3-1200x797

スタントン演じるラッキーは90歳。ひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲み、タバコをふかし、お酒を飲む。けれど決して孤独な老人ではない。

街の人々たちとの日常の交流を描く作品としてジム・ジャームッシュの『パターソン』を挙げた川本氏は、「『』は、私の昨年のベストワンである『パターソン』の独居老人版と言えます。映画のタイトルも『』と『パターソン』と人物の名前だし、ひょうひょうとした老人の日常をユーモラスに描いているという点でとても似ていると思います」とコメント。

また、「私の世代は、アメリカの西部劇で育っている。この映画は現代劇ですが、アメリカの西部劇の香りがいろんな所でしてとても懐かしい。そんな映画『』は観た人みんなおもしろいといいます。絶対見て損はない映画です。中でも終盤でスタントンが、 メキシコ音楽マリアッチの恋の歌“ボルベールボルベール”を歌うシーンは、特にいいんです。歌詞も素晴らしい。 私はそのシーンを毎晩観ながら寝ています。それほど最高の場面です」と力説し、締めくくった。

是非、映画館でアメリカの西部劇の香りを体感してみては?

2018年3月17日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督:ジョン・キャロル・リンチ(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』出演)
出演:(『パリ、テキサス』『』『 The Return』)
デヴィッド・リンチ(『ツイン・ピークス』『インランド・エンパイア』監督)
ロン・リビングストン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)
エド・ベグリー・ジュニア、トム・スケリット、べス・グラント、ジェイムズ・ダレン、バリー・シャバカ・ヘンリー
(2017/アメリカ/88分/英語/1:2.35/5.1ch/DCP)
配給・宣伝:アップリンク
(c) 2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

ストーリー 神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。子供の頃怖かった暗闇、去っていった100歳の亀、“エサ”として売られるコオロギ――小さな町の、風変わりな人々との会話の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。

詳細はこちら

edit by BOWEN

plan02_recruit_20170927b
BOWEN

BOWEN

川崎の刈り上げ男児代表。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数