ナード男子が登場する作品を紹介する連載「ナード男子ファイル」、第四回目は第三回『グッド・プレイス』からの“グッド”繋がりで『グッド・コップ』、そしてそのドラマに出てくるナード男子を紹介したいと思う。

File.04 『グッド・コップ』ライアン


『グッド・コップ』とは?

【ナード男子ファイル.04】『グッド・コップ』ライアン by ビル・コットキャップ nerdboys-sub1-e1552972967763
YouTube キャプチャ画像

『グッド・コップ』は2018年から配信されているNetflixオリジナルドラマ。“良い警官”TJ・カルーソ(ジョシュ・グローバン)、そしてその父親で“良いか悪いかグレーな警官”トニー・カルーソ(トニー・ダンザ)を中心としたゆるいコメディクライム作品だ。

TJはニューヨーク市警察の広域殺人捜査課の主任刑事。この課には、負けん気の強い女性刑事コーラ・バスケス(モニカ・バルバロ)、昼寝ばかりしている退職間近の刑事バール・ルーミス(イザイア・ウィットロック・Jr)、そしてサイバー犯罪アナリストのライアン(ビル・コットキャップ)が所属している。

物語は、過去の汚職事件の責任をとって刑務所入りしていたトニーが仮釈放されるものの、彼の元同僚が殺害されたことにより、トニーとTJに殺人容疑がかけられるところからはじまる。その後、古巣である殺人課にOBとして顔を出していくトニーは、なんだかんだで息子が担当する事件に巻き込まれていく。

同ドラマは殺人事件を取り扱っているが、オープニングタイトル/エンディング予告の映像デザインやBGMが小洒落ているからか上品な雰囲気が漂っており、ハードな刑事ものが苦手な人でも見やすいドラマだ。余談だが、ミュージシャンとして活動しているジョシュは、自身の役名と同名のイタリア有名曲をカバーしている。

メカ好きナード男子、ライアン

【ナード男子ファイル.04】『グッド・コップ』ライアン by ビル・コットキャップ nerdboys-sub2-e1552972985802
YouTube キャプチャ画像

このドラマに登場するナード男子は、テクノロジーオタクで最新機器に目が無いライアン。脇役ではあるものの、体内の水分を測れる腕時計型デバイスを身につけて職場で騒音を出したり、自作の機械を使ってトニーとともにボーリング大会での優勝を画策したりと、得意なテクノロジー関連のネタを繰り出し、回を重ねるごとに存在感を増していく。とある映画の設定を事件にあてはめ、それが当たっていたなんてことも。

やや脂っこいロン毛に黒縁メガネ、半開きの口元が特徴的なライアンは、とぼけた言動で皆を呆れさせることが多い。周囲がわかりきっていることをあえて口にしてみたり、職場で事件について調べものをしている最中に<コミック・コンベンション>に行く件について友人と電話をしはじめたり…その行動が素なのかわざとなのかというところは微妙なラインだが、とにかく良い“ボケ役”としてドラマの緊張感を緩和してくれる。

また、大半の人がスーツを着用しているにも関わらず、彼のトレードマークはどぎついカラーリングのくたくたジャケットや派手柄のセーター。衣装デザイナーのステイシー・グリーンバウムが手がけたライアンのカラフルなファッションは、ドラマにある意味“華を添えている”のかもしれない。

ビル・コットキャップ aka ライアン

【ナード男子ファイル.04】『グッド・コップ』ライアン by ビル・コットキャップ nerdboys-sub3

ライアンを演じているのはカリフォルニア州出身の俳優/コメディアン/プロデューサーのビル・コットキャップ(Bill Kottkamp/25歳)。彼がLAを拠点に俳優業をスタートさせたのは19歳のとき。フォルクスワーゲンのCMでデビューし、人気コメディ動画チャンネル「Funny or Die」の短編作品やテレビドラマなどのちょい役で経験を積むと、徐々にナード男子キャラクターのオファーが舞い込むように。

その地位を確立したのは、2016年公開作『Moments of Clarity』(原題)と言えるだろう。主人公の若い女性2人にビデオカメラを販売する電気屋のオタク役を嬉々として演じていた。その後、コメディ映画『フィスト・ファイト』や『ファーザーズ・オブ・ジ・イヤー』で癖の強いキャラクターを演じると知名度が上昇。そして『ファーザーズ・オブ・ジ・イヤー』でNetflixに気に入られたのか、『グッド・コップ』のライアン役に抜擢されることになった。本人曰く、すでに備わっているナーディなルックスは、業界でのキャラ確立のためになるべく保っているのだとか。その作戦が功を成したのかもしれない。

ビルは「Chill Trill Bill」名義でお笑い系の楽曲を発表しているマルチクリエイターでもある。彼の最近の夢は「PSYの“Gangnam Style”を超えるようなコメディMVを作ること」。個人的に、コメディユニット「ザ・ロンリー・アイランド」(アンディ・サムバーグ&アキヴァ・シェイファー&ヨーマ・タッコン)のように、面白いMVで話題になってコント番組でも活躍するようになっていくのではないかと思っている。

「僕にとって演技というのは素晴らしい経験で、いくらやっても飽き足らないんだ」というビル。今後はNetflix新作コメディ映画『Bad Trip』(原題)や、ホラー映画『アナベル』シリーズ第三弾『Annabelle Comes Home』(原題)にも出演予定だそう。

『グッド・コップ』&その他ビル出演作を観るには?


『グッド・コップ』は現在Netflixにてシーズン1が配信中。残念ながらシーズン2以降の制作はされないようだが、ひどくモヤっとした終わり方ではないので安心して鑑賞してみてほしい。また、『フィスト・ファイト』と『ファーザーズ・オブ・ジ・イヤー』もNetflixで観ることができる。前者のビルは相当気持ち悪い役だが、その分インパクトが強い。後者のビルは、なんだかテキトーな奴で面白い。そちらもあわせてどうぞ。

【ナード男子ファイル.04】『グッド・コップ』ライアン by ビル・コットキャップ nerdboys-sub4
Netflix『フィスト・ファイト』


Netflix

ヤーマネ(Yuka Yamane)

ヤーマネ(Yuka Yamane)

ライター/エディター

Published on