Qetic LINE@ 01 W

7月15日(土)から8月18日(金)にかけて、東京・新宿シネマカリテにて<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017(カリコレ2017)>が開催。映画『静かなる復讐』が、2017年8月4日(金)より公開決定! <第31回ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)>で作品賞・脚本賞・助演男優賞(マノロ・ソロ)・新人監督賞の4部門を受賞した作品。監督は、2006年のアントニオ・バンデラス監督作品『El Camino de los Ingleses』などで国際的に知られている俳優、ラウール・アレバロ。『マーシュランド』『ボルベール <帰郷>』など出演のアントニオ・デ・ラ・トレら豪華キャストが集結!

『静かなる復讐』の公開が、2017年8月4日(金)より新宿シネマカリテ<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017>にて決定されました!

スペインのアカデミー賞で四冠達成!

2017年2月に発表された<第31回ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)>で作品賞・脚本賞・助演男優賞(マノロ・ソロ)・新人監督賞の4部門を受賞、その他の映画祭・映画賞でも多くの賞を受賞した本作。

監督を務めたのは、俳優としても若手の演技派として知られ、ゴヤ賞に5度ノミネート、助演男優賞を受賞するなど輝かしい経歴を誇る名優ラウール・アレバロ

初監督作品がまさかのスペイン・アカデミー賞最高賞受賞ということもあり、今大注目の作品です!

予告映像が解禁!

スペイン・アカデミー賞作品賞ほか4部門受賞 『静かなる復讐』 予告

脚本の執筆、そして資金集めに長い年月を費やし完成した本作は、 監督自身「どうしても描きたかった物語」と語る凄絶な復讐劇。

初監督作品ながら、彼を信頼して集まったアントニオ・デ・ラ・トレを始めとする実力派の俳優陣たちの確かな存在感と、新人監督らしからぬ確固たる強度を持った物語が、観る者の魂を鷲掴みにする超一級のスリラーに仕上がっています。

新宿シネマカリテにて、計5回に渡って上映予定の本作品。

初監督作品にしてスペイン・アカデミー賞(ゴヤ賞)受賞の話題作、『静かなる復讐』を、ぜひ映画館で鑑賞してみては?

スペイン・アカデミー賞で四冠!凄絶な復讐劇が描かれた超一級スリラー『静かなる復讐』公開決定! fi170715_qualite_3-700x480スペイン・アカデミー賞で四冠!凄絶な復讐劇が描かれた超一級スリラー『静かなる復讐』公開決定! fi170715_qualite_5-700x467スペイン・アカデミー賞で四冠!凄絶な復讐劇が描かれた超一級スリラー『静かなる復讐』公開決定! fi170715_qualite_2-700x467

『静かなる復讐』

8月4日(金)より 新宿シネマカリテ <カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2017> にてロードショー

スペイン・アカデミー賞で四冠!凄絶な復讐劇が描かれた超一級スリラー『静かなる復讐』公開決定! fi170715_qualite_6-700x991
キャスト:アントニオ・デ・ラ・トレ『マーシュランド』『ボルベール <帰郷>』、ルト・ディアス、ルイス・カイェホ『復活』 ラウール・ヒメネス、マノロ・ソロ『パンズ・ラビリンス』

監督:ラウール・アレバロ
脚本:ラウール・アレバロ、ダビド・プード
製作:ベアトリス・ボデガス
音楽:ルシオ・ゴドイ『偽りの人生』
撮影:アルナウ・バイス・コロメル『SPY TIME -スパイ・タイム-』
編集:アンヘル・エルナンデス・ソイド『カニバル』
2016年/スペイン/スペイン語/カラー/シネマスコープ/デジタル上映/ドルビーSRD/92分
字幕翻訳:町野健二 原題:TARDE PARA LA IRA(英題:THE FURY OF A PATIENT MAN)/配給:クロックワークス
© La Canica Films S.L.U.,Agosto,la pelicula A.I.E 2016

STORY:銃弾が偽りの平穏を打ち砕くー。アナ(ルス・ディアス)は家族が経営する寂れた町のバーで働いている。息子が一人いるが、夫は強盗事件に関わった罪で服役中。 その出所を目前に控え、アナは漠然と将来に対する不安を抱えていた。日々客としてやってくるのは、昼から酒を煽りながら賭け事に興じるような男たちばかり。ある日アナは、そんな客たちに混じって店に来た風変わりな男に気付く。他の男たちと違って大声で下品な冗談も言わず、物静かで身なりも比較的きちんとしている。どこかミステリアスなその男=ホセ(アントニオ・ デ・ラ・トレ)は毎日店にやってきて、徐々に客たちや店で働くアナの家族とも打ち解けていく。アナもまたそんなホセに惹かれてゆき、2人はやがて男女の仲になる。しかし、ホセはアナの夫が関わった強盗事件で愛する者の命を奪われた「被害者の遺族」だった。何も知らないアナは、夫が出所してきたにも関わらず、益々ホセに心奪われてゆく。果たしてホセの本当の目的とは? 物静かな男の凄絶な復讐が今幕を開ける。

詳細はこちら

嶋田 汐

嶋田 汐

Qetic編集部

現在インターンシップ中の大学生。週末はラップに勤しむ。好きなラッパーはQ-tip。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数