plan01_celineH2_20181015

超人気シリーズハンガー・ゲーム監督とジェニファー・ローレンスが再びタッグを組んだ映画『レッド・スパロー』が3月30日(金)より公開となる。今回、日本版の予告映像でグラビアアイドルの杉原杏璃がSEXY ショット満載で誘惑する禁断の特別映像が到着した。

過激すぎるお宝映像

到着した映像では、劇中でジェニファーが演じるドミニカが、自身の意に反して送られた訓練施設で習得する「スパローの心得」を実践するがごとく「あなたの欲しいものはお見通しよ」とセクシーに迫る。

さらにSEXYショットは続き、誰もが「この魅力で迫られたら機密情報を漏らしてもいい」と思ってしまうのではないか? 実際にこの映像の広告使用を考えていた配給会社は過激すぎて本映像の使用を自粛したという。解禁となる映像は、ココでしか観ることの出来ないお宝映像となっている。

ドミニカの虜になってしまった杉村太蔵

ポスターの再現写真の撮影で杉村太蔵が参加。予告編を観ながら、冒頭では「耐えられると思いますよ!」と豪語していたが、最後には「これは堕とされますね!」とドミニカの虜になってしまった様子。「リアルですね、今ちょうどアメリカでもロシアゲート疑惑なんて言われてますからね」とそのリアリティも絶賛されている。

ローレンス監督のコメント、New York PostとThe Huffington Postにも評される

本作の原作が、元CIA工作員という異色の経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説。

「とてつもなく素晴らしい、ペースの速いスリラー、秘密主義世界の迫力ある描写が注目に値する」、「これまで読んだことのない最高のスパイ小説」とそれぞれNew York PostとThe Huffington Postに評されている。

ローレンス監督も「決して、性的な興味をそそるのではなく、エロティックなシーンもストーリーやキャラクターのジレンマを鑑賞者が自然に受け入れられるための要素にすることを目指したよ」とSEXYショットはキャラクターの心情や状況に寄り添うための描写であることを説明された。

ジェニファー・ローレンスのコメント

ドミニカを演じたジェニファーさんもまた「ドミニカは、誘惑することを訓練されるけど、心の強さによって生き延びるの。彼女は、わたしよりもずっと、ずっとかっこいいのよ」と国家の美しい武器としてハニートラップをしかけるドミニカ。

現代女性の憧れとなっているジェニファーさんでさえも絶賛するほどの精神的強さを持ち合わせている女性だと語る。誘惑と心理戦を武器に彼女が仕掛けた大国を手玉に取る最大の罠とは? 公開まで日本版レッド・スパローの杉原さんの誘惑にどこまで耐えられるか? まずはウォーミングアップをしてみては?

レッド・スパロー

3月30日(金)全国公開

監督:(「ハンガー・ゲーム」シリーズ)
出演:、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ

配給:20 世紀フォックス映画

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

詳細はこちら

edit by Ricky

アイビ 力輝

アイビ 力輝

ライター

Published on

Last modified on