ジョン・ライドン(John Lydon)、シド・ヴィシャス(Sid Vicious)らを擁し、パンク・ロック・バンドのパイオニアとして知られるセックス・ピストルズ(Sex Pistols)の伝記映画が現在製作進行中である、と伝えられた。

現在マルコム・マクラーレン、ヴィヴィアン・ウェストウッドの配役オーディション中

セックス・ピストルズとは、1970年代を席巻したパンク・ロック・バンドで、リーダーのジョニー・ロットンことジョン・ライドンを中心に、スティーブ・ジョーンズ、ポール・クック、グレン・マトロックの4名で結成された。のちにグレン・マトロックが脱退し、バンドのアイコン的存在となるシド・ヴィシャスが加入。シドが加入してからの活動が一般的に広く知られている。

『勝手にしやがれ!!』という邦題で知られるパンク・ロックの傑作アルバムをリリースすると、世界中で大ヒットを記録。「Anarchy In The UK」や「God Save The Queen」など数々の名曲を生み出している。

NMEによると、彼らの伝記映画の製作は18ヶ月前から始動しているようで、現在はバンドのマネージャーとしても活躍し、彼らの溜まり場としても有名なイギリスの洋服店「SEX」を営んでいたマルコム・マクラーレンと、彼とともにバンドをプロデュースしたファッション・デザイナー、ヴィヴィアン・ウェストウッドを演じる俳優をオーディションで決めている最中だという。

1975年からわずか3年間の活動で、今日まで続くパンク・ロック・ムーブメントを作り上げたセックス・ピストルズ。クイーン(Queen)をフィーチャーした映画『ボヘミアン・ラプソディ』同様、彼らの映画も数えきれないほどのファンがきっと待ち望んでいるはず。続報に期待したい。

Sex Pistols – Anarchy In The UK

Sex Pistols – God Save The Queen

竹田賢治

竹田賢治

ライター

Published on