FILM

31
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
plan01_recruit_20181113b

2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説『娼年』。2016年の舞台と同じ松坂桃李三浦大輔のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となる。

原作は石田衣良の恋愛小説

原作は2001年の直木賞候補となった石田衣良の恋愛小説。女性の欲望をありのままに描いた刺激的な内容と、女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公リョウの姿を繊細な表現で描き、多くの女性から共感を集めた。

女性専用コールクラブ、『Le Club Passion』

今回、公開された場面写真は、(娼夫)リョウが働く女性専用コールクラブ、『Le Club Passion』のメンバーたちだ。

松坂桃李、主演。映画『娼年』女性専用コールクラブ『Le Club Passion』メンバー顔写真公開 d1aceb9a57b5db47b45c94e5573b61fb-700x256
L→R:咲良(冨手麻妙)、御堂静香(真飛聖)、アズマ(猪塚健太)

大学生活や女性との関係にも充実感を感じられず、大学にも行かずにバーでのバイトに明け暮れる森中領(松坂桃李)。ある日、 領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(小柳友)が、御堂静香(真飛聖)をバーに連れてきた。(女なんてつまんないよ)とつぶやく領に興味を持った静香は、仕事終わりの彼を待ち受けて自分の家に招き入れ、情熱の試験を受けさせる。それは、実は静香が手がける女性専用コールクラブ、『Le Club Passion』に入るための試験だった。そのとき、領の目の前に現れたのが、耳が聴こえない謎の女性・咲良(冨手麻妙)だ。

入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫(リョウ)として仕事を始める。ある日、静香から、クラブのトップ クラスの売上を誇る猪塚健太演じる平戶東(ひらとあずま、通称:アズマ)を紹介される(猪塚は舞台版『娼年』に続いての出演)。

期待が高まる人間ドラマ

映画史において困難と言われた映画化に、性描写に関しては一切妥協しないと言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂桃李が、舞台同様で無になりましたと語るように、監督やスタッフと俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品。『娼夫』になる領を通して描かれる性、その性を通して一人一人の奥深くに潜む人間ドラマに一層の期待が高まる。

映画『娼年』

4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー

出演:松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、階戶瑠李、⻄岡德馬/江波杏子
脚本・監督︓三浦大輔
原作︓石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事︓ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション︓ホリプロ
企画製作・配給︓ファントム・フィルム
レイティング︓ R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

詳細はこちら

edit by Qetic・アイビ力輝(ricky-aigbe)

アイビ 力輝

アイビ 力輝

ライター

Published on