Qetic LINE@ 01 W

阿部サダヲ主演映画、『殿、利息でござる!』の主題歌に坂本九の名曲をRCサクセションがカバーした“上を向いて歩こう”に決定した。

阿部サダヲ主演映画、『殿、利息でござる!』の主題歌に坂本九の名曲をRCサクセションがカバーした“上を向いて歩こう”が使用される事が明らかになった。

忌野清志郎が歌う“上を向いて歩こう”が主題歌に。阿部サダヲ主演『殿、利息でござる!』

©Babys

本作は、2010年に映画化されたベストセラー『武士の家計簿』などの著作で知られ“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の近著『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、今最も注目を集める中村義洋監督が映画化した作品。

忌野清志郎が歌う“上を向いて歩こう”が主題歌に。阿部サダヲ主演『殿、利息でござる!』

造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎(こくだや・じゅうざぶろう)を演じるのは、阿部サダヲ。町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや・とくへいじ)に瑛太。そして十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内(あさのや・じんない)には妻夫木聡。才能あふれる多種多彩な豪華キャストの競演も見どころ。

忌野清志郎が歌う“上を向いて歩こう”が主題歌に。阿部サダヲ主演『殿、利息でござる!』

今回の主題歌について主演の阿部サダヲと、監督・中村義洋からコメントも届いていている。

阿部サダヲ(穀田屋十三郎役)

発表しちゃうんですね。最後清志郎さんの声が聴こえてくるとは思っていなかったので感動しました。
発表しなくていいのに……(笑)。

中村義洋監督

このたび、映画のエンディングにRCサクセションの“上を向いて歩こう”を使わせていただきました。理由についてあまり多くは語れません。プロデューサーから「どうでしょう?」と提案され、迷わず「イイね!」と答えました。
歌詞はみなさんご存知の通り。久しぶりに聴いてみて、なぜこの映画を、どうしても今作らねばならないと思ったのか、それを思い出させて頂きました。清志郎さんはこの曲をライブで演奏する時、「日本の有名なロックンロール!」と紹介していました。それには、こんなすごい曲があるんだぜ、という意味もあったと思います。それは、こんなすごい人がいたんだぜ、という、この映画を作る意義にも合致したような気がしています。

忌野清志郎が歌う“上を向いて歩こう”が主題歌に。阿部サダヲ主演『殿、利息でござる!』

©ユニバーサル ミュージック

殿、利息でござる!

2016年5月14日、全国ロードショー!

出演:阿部サダヲ・瑛太・妻夫木聡他
監督:中村義洋
脚本:中村義洋、鈴木謙一
原作:磯田道史『無私の日本人』所収 『穀田屋十三郎』(文春文庫刊) 
製作:『殿、利息でござる!』製作委員会
配給:松竹

オフィシャルサイト Twitter Facebook

edit by Qetic・Takashi Matsunaga

Qetic編集部

Qetic編集部

編集部

Qetic(けてぃっく)は、国内外の最新カルチャーニュースを配信中!今、世界で話題となっている音楽や映画、ファッション情報からネットを騒がすゴシップまで、あらゆる世代の興味を沸かせる情報をお届けしつつ、時代に口髭を生やすニュースメディアです。 ただいま、編集アシスタント・ライター・カメラマン募集中!!

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数