plan01_recruit_20181113a

4AD設立40周年記念レーベルショウケースでの来日も話題 ! 8枚目のアルバム『 Why Hasn’t Everything Already Disappeared? 』のリリースを来週18日に控えたディアハンターが、新曲”Plains”を公開。

シューゲイザーやドリームポップを軸に60’sサイケ、クラウト・ロックからオルタナ、テクノ、さらにはブルースといった幅広いジャンルの要素を含みつつ、内省的なグルーヴに昇華していく比類なきサウンドで〈4AD〉を代表するバンドのディアハンター。いよいよ、今月21日より最新アルバム『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』を引っさげて東名阪のジャパン・ツアーがスタートする。本日公開されたディアハンターの新曲”Plains”は映画史に燦然と輝く名スター、ジェームズ・ディーンにインスパイアされた楽曲となっている。

“Plains”
「ああ、ジェームス。君にはこの平原に留まる理由なんてないさ。」ここら辺りの平原は不毛で忌々しい地形。そして、相変わらず響いているのは列車の音。俺は電車の音を聴いていた

マイクやドラム、ハープシコード、電気機械的で人工的なキーボードの音作りにあえて革命的なアプローチを試みた。残されたギターも、アンプやヴィンテージ機材の温かみを一切加えず、全て純粋にむき出しのまま、ミキシングデスクに直刺しさせられたのだ。結果として誕生した『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』は、彼らの15年間のキャリアの中でも類を見ないほどスリル満点で予測不可能、彼らが更なる高みに達したことを示す最高傑作と言えるだろう。

本作のプロデュースは、ディアハンターに加えて、ウェールズ出身のシンガーソングライター、ケイト・ル・ボン、ナールズ・バークレイやアニマル・コレクティヴを手がけたベン・H・アレンIII、前作にも携わったベン・エッターが手がけている。

ディアハンター待望の最新アルバム『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』は、1月18日 (金) にリリース。国内盤には3曲のボーナストラックが追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。iTunes Storeでアルバムを予約すると、公開されている”No One’s Sleeping”、”Element”、”Plains”がいち早くダウンロードできる。

RELEASE INFORMATION

『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』

DEERHUNTERが新曲「Plains」公開。今月末に来日公演も music190110-deerhunter-01-1200x1200
2019/01/18 FRI ON SALE
DEERHUNTER
¥2,400+税
解説/歌詞対訳付き、ボーナストラック3曲追加収録
詳細はこちら

EVENT INFORMATION

4AD presents Revue

DEERHUNTERが新曲「Plains」公開。今月末に来日公演も music181228-4AD-01-1200x1707
大阪公演
2019/01/21 (MON) BIGCAT
OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可

名古屋公演
2019/01/22 (TUE) ELECTRIC LADY LAND
OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可

東京公演
2019/01/23 (WED) O-EAST
OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可

DEERHUNTER, GANG GANG DANCE and EX:RE
SPECIAL GUEST DJ: 4AD LABEL BOSS SIMON HALLIDAY

小林一真

小林一真

Qetic編集部

Published on