plan01_celineH2_20181015

リリー・アレン(Lily Allen)が一緒に仕事をした音楽業界の重役に性的暴行を受けたことを告白。

The Guardian』のインタビューでロサンゼルスで起きた出来事を詳細に語っています。

パーティで酔っ払ったリリー・アレンはホテルの部屋で午前5時に誰かが背中に裸体を押し付けて、背後から挿入しようとしていることに気がつき慌ててベッドから逃げ出したことを明かしています。

すぐに告白しなかった理由としてヒステリカル、気難しい女性というレッテルを貼られることを恐れたためだと説明。

ロサンゼルスからロンドンに戻った時にことの顛末を記した宣誓供述書にサインして記録を残しているようです。

リアム・ギャラガーとの情事、クリス・マーティンとのエピソードも

リリー・アレン、性的暴行被害を告白。回想録ではリアム・ギャラガーとの情事も明かす? music180918_lilyallen_1-1200x800

リリー・アレンは、回想録『My Thoughts Exactly』をイギリスで9月20日(木)に、アメリカで12月20日(木)に発売予定で、当初性的暴行を行なった人物の名前を明かすつもりでしたが出版社に法的な助言を受けて取りやめたと語っています。

回想録の中でリリー・アレンは元オアシスのリアム・ギャラガーとの日本での情事や薬物依存で苦しむリリー・アレンにコールドプレイのクリス・マーティンが救いの手を差し伸べてくれたことなどを明かしていると報じられています。

Twitter

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on