plan01_deeth-18AW-20181030

3月21日(水)にリリースされるMONDO GROSSO『Attune / Detune』収録内容が追加発表された。

“惑星タントラ”がやくしまるえつこと相対性理論によりバンドサウンドに


アルバム『何度でも新しく生まれる』では乃木坂46の齋藤飛鳥のボーカルで収録されていた“惑星タントラ”、この曲の作詞・共同プロデュースを担当したやくしまるえつこ(作家名:ティカ・α)自身のセルフカバーによる“惑星タントラ”が収録。

やくしまるえつこ本人によるアレンジによってバンドサウンドに生まれ変わった“惑星タントラ”が堪能できる。演奏には、やくしまるが手がけるバンド「相対性理論」のメンバーである、永井聖一(Gt)、吉田匡(Ba)、山口元輝(Dr, Per & Prg)が全面参加。

もう1つの新曲、そしてさらなる『何度でも新しく生まれる』からのリコンストラクト楽曲も

また、Spotify限定トラックとして公開されていたACOのボーカルによる“KEMURI”は、オリジナル音源が初CD化となるほか、次世代のアンストラクチャー・アーティストRHYMEの作詞・ボーカルによる英語ヴァージョンも収録。全曲日本語詞で語られた前作にまた新しい息吹を与えている。

すでに先行配信されているBiSHのアイナ・ジ・エンドを迎えた新曲“偽りのシンパシー”に加え、まだ明かされぬもう1つの新曲、そしてさらなる『何度でも新しく生まれる』からのリコンストラクト楽曲にますます期待が高まる。

RELEASE INFORMATION

Attune / Detune

やくしまるえつこ(相対性理論)がセルフカバー!MONDO GROSSO“惑星タントラ”がバンドサウンドに生まれ変わる! music180206_mondogrosso_01-700x702
2018.03.21(水)
MONDO GROSSO
詳細はこちら

▼RELATED
MONDO GROSSOとは何者なのか?満島ひかり、やくしまるえつこ、乃木坂46・齋藤飛鳥らを迎えた最新作『何度でも新しく生まれる』へ至る道筋

edit by Qetic・Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on