plan01_recruit_20181113b

前絶後のニューライヴシリーズ<DOMMUNELIVE PREMIUM>始動!!! 第1弾として、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン緊急ワールドプレミアムライヴが決定!!! ニューアルバム『mbv』からの楽曲を中心に、新たにレコーディングを果たした未発表トラックの演奏も世界初パフォーマンス?!!!! 下記、DOMMUNEから到着したコメントもチェック!!

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの緊急来日決定した。バンド史上最も貴重な全席指定のホール公演を9月30日東京国際フォーラムホールAで行う。このワールドプレミアム・ライブを宇川直宏主催ファイナルメディア=DOMMNEが全面プロデュース!!!!!!! ケヴィン・シールズの要望に忠実に、DOMMUNEが独自のシューゲイザー・サウンドシステムをこの日の為に構築。ライヴ音響は、LIVE PAの草分けであり、日本最高峰サウンド・エンジニアの浅田泰が監修。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインを存分に堪能するための完璧な環境作りで、一夜限りのプレミアムLIVEが現実のものとなる。

また、ニューアルバム『mbv』からの楽曲を中心に、新たにレコーディングを果たした未発表トラックの演奏も世界初パフォーマンス?! そして、日本からはニューアルバム『TOWN AGE』発売後、東京初ライブとなる相対性理論が、ゲストアクトとして新曲も盛り込んだライブを披露。この前代未聞のWワールドプレミアム”NEW TRACKS”は、未踏の音像世界を降臨させる為の”オルタナ儀式空間”になるだろう。

また、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインライナーノーツでも関係が深いクッキーシーン編集長の伊藤英嗣氏は語る。

「ポップ・ミュージックの歴史を変えた奇跡の名作『ラヴレス』。そのサウンドの秘密に関して、中心人物ケヴィン・シールズは”全部がただひとつの音に聞こえるようなレコードを作りたいと思っていた”と発言している。ライブで音楽を聴いてるとき、個々の音は聞こえてこない。サウンドはひとつに聞こえる。ケヴィンの頭にあったのは、そんな音像だった(クッキーシーン)。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのライブが、他に類を見ない特殊な体験であることの意味は、こんなところにもある。そして、全席椅子席で音響にこだわりまくる今回の試みが、いかに貴重なものであるかもご理解いただけるだろう。音楽産業の様相が激変し、レコード(音の記録)とライブの持つ意味が書き換えられつつある今だけに、なおさら見のがせない。」

「ライブ体験」の本質を、新たなパラダイムへと昇華させる為のNEWシリーズ<DOMMUNELIVE PREMIUM>! 配信は勿論無い。これは、最強のサウンドシステムから放たれるシューケイジング・シャワーを全細胞で浴びることのできる、千載一遇のセレモニーなのである。

(from DOMMUNE)

DOMMUNELIVE PREMIUM

my bloody valentine – World Premium Live “NEW TRACKS” with 相対性理論
2013.09.30(月)@東京国際フォーラムホールA
OPEN 18:00/START 19:00
GUEST ACT:相対性理論
ADV ¥8,400(耳栓付き/全席指定)

受付媒体:ホームページ抽選先行受付
先行受付期間:2013.08.13(火)16:00〜08.18(日) 23:59まで
当落確認&チケット引換期間:2013.8.20(火)15:00〜08.22(木) 23:00

★枚数制限お一人様2枚まで
ローチケイープラス
※尚、このライブの生配信はございません。予めご了承ください。

Release Information

[amazonjs asin=”B00BHUJ2XI” locale=”JP” title=”MBV”]

Published on

Last modified on